2017年04月14日

進化は変化の中にある

「進化は変化の中にある」
by 岡田武史

『ディズニーランドはいつまでも未完成である。
現状維持では、後退するばかりである』
by ウォルト・ディズニー




4/4にプレートの一塁側を踏んで投げていましたが、
4/9は元の三塁側へプレートを踏む位置を戻しました。
4/14も三塁側、7回10奪三振失点ゼロ与四死球2。

前回よりもいい数字ですが、内容はあまり良くないように見えます。それでも「勝ち」を掴み取ったのはさすがダルビッシュ投手です。


変化が失敗になってしまうこともたくさんあるでしょうが、
進化は変化の中にしかない。

ダルビッシュは常に変化を繰り返すことが出来る選手ですが、
田中将大はどうでしょうか?
マー君の三戦目は厳しい試合になると思います。

どんな変化を見せてくれるか楽しみです。

posted by metoo at 13:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

三塁審判 一二塁送りバントを見る位置

フォースアウトを見る三つの注意点

fs1.jpg
一つ目は、一塁手の足がベースについているか。

fs2.jpg
二つ目は、ランナーがいつベースを踏んだか。

fs3.jpg
三つ目は、一塁手が捕球したかどうか。

90sw.jpg
この三つが見やすいのが、送球に対して90度の角度で見る位置。




では、こんなフォースプレーはどうしましょう?
無死一二塁から送りバント
三塁フォースプレーを見る三塁審判の位置です。


2016年パリーグクライマックスシリーズ
10月14日日本ハムvsソフトバンク8回表
無死一二塁から送りバント失敗

三塁審判が送球に対して90度のファールグランド側でジャッジしてます。



今度は高校野球





これは今春のセンバツ大会で起こった二つの一二塁送りバントフォースプレーです。
上にあるプロ野球審判員とは逆の位置、
送球に対して90度のフェアーグラウンド側です。


sanshi.jpg
このケース
送球に対して90度の位置が二つあります。

プロ野球はファールグランド、高校野球はフェアーグランド
どちらの位置がいいのか?
千葉県高野連審判さんに県少年野球審判講習会で聞いてみました。

「プロ野球審判さんのように素早く動けない場合はフェアーグランドで大丈夫です。特に少年野球は距離が短くファールグランドへ回り込む時間も短いのでフェアーグランド90度からジャッジしましょう」

なるほど。たしかにギリギリで止まって見てるのがプロ野球の審判さん、ドン!としっかり余裕をもって止まって見ているのは高校野球の審判さんです。私達少年野球もフェア―グランドで、しっかりドン!と止まって、いい角度といい距離から判断したいですね。



ちなみにタッチプレーもこの位置です。



審判とは関係ありませんが
秀岳館、不来方、明徳義塾
どこがしっかり走って、どこがチンタラ走ってるか
レフトのバックアップを見ると意識の違いがわかりますね。
甲子園でも三塁ベースのバックアップを走らない高校ってあるんですね^^


SnapCrab_NoName_2017-4-13_16-10-3_No-00.jpg
野手の足は離れていないか?

SnapCrab_NoName_2017-4-13_16-11-39_No-00.jpg
走者の足とどちらが先か?

SnapCrab_NoName_2017-4-13_16-9-34_No-00.jpg
野手はしっかり捕球しているか?

アウトのコールはグラブの中のボールを見ながらヽ(^o^)だそうです。

さてさて
今週末の天気は大丈夫かな?^^



野球規則は地域によって異なる場合がございます。
必ず所属する連盟に確認してください m(__)m
posted by metoo at 16:19| 千葉 ☀| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

二番最強打者


茂木(^^)/ 茂木\(^^) 茂木栄五郎\(^^)(^^)/
楽しそうに応援してますね♪

好調楽天
4月12日現在首位!

その一つの要因として
二番ペゲーロ選手

楽天の先発打順
SnapCrab_NoName_2017-4-12_2-41-29_No-00.jpg

昨年、主に三番を打っていた茂木選手がトップバッター
そこから外国人選手が三人(^^;)
これは嫌な打線ですね〜


試しにですが
二番打者を八番打者へ移動してみませんか?
つまり
三番打者が二番へ
四番打者が三番へ
一つ打順が繰り上げてみます。

楽天イニング別得失点
2017年
SnapCrab_NoName_2017-4-12_3-4-13_No-00.jpg

2016年
016e.jpg

2016年と比べると、試合前半で2017年は得点が動いてますね
年間を通じてどんな変化が出るか楽しみです。


二番最強打者
梨田監督のチャレンジ!
やっぱり野球って面白いですね(*^▽^*)
posted by metoo at 03:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

ダルビッシュの左足

2014d.jpg
2014年ダルビッシュ投手のフォーシーム

2016d.jpg
2016年ダルビッシュ投手のフォーシーム

2017d.jpg
2017年二試合ですがダルビッシュ投手のフォーシーム

明らかにフォーシームが右打者インハイへ抜けてるのがわかります。

この事を頭に入れて2016年と2017年を見てみると・・・



2016年のダルビッシュ投手


2017年4/4開幕戦のダルビッシュ投手


2017年4/9のダルビッシュ投手

踏み出す左足の着地をいろいろ試しているのか、上手くいかないのか。可動域なのか、股関節なのか、臀部なのか、ひざなのか、着地なのか、バランスなのか、タイミングなのか、どうもしっくりきていない、何かを探してるようなピッチングに見えます。

それと
70%?くらいな力加減も感じます。
かなり力を抑えて投げてるイメージです。

この時期に100%である必要はありません。
今はまだテスト期間でいい時期でしょう。
トミー・ジョン手術から2シーズン目。
一年を通してケガなく投げ続けることが最大の目標でしょう。


2017b.jpg
2017年カーブ

2017s.jpg
2017年スライダー

2017c.jpg
2017年カットボール

小さく動くカットボール系がコントロール出来てますね。

あの小さな手でどうして回転数の高い球を投げれるのか?

いろいろ聞いてみたいなぁ〜。


【追記】

2017年は投げ終わった左足の「ピョン」この動きがなくなりましたね。


32:54〜 プライス投手のようにシンプルな左足の着地に変えようとしてるのかな?

posted by metoo at 16:29| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ツーシームを打ちフォーシームを投げる 打撃編

次は打つ方 フォーシームを投げる方はこちら
ツーシームを打つ!
WBCでいつも話題になりますが
日本が打てないツーシームは?





135キロ前後は打てるんです。



150キロを超えるツーシーム

世界のツーシームは150キロを超えています。
ここまでレベルを上げてツーシーム攻略を考えたいと思います。



変化球打ちと聞くとカーブの打ち方が頭に浮かびます。



これはカーブを打つ踏み込んだ足の「間」です、



イチ 二の〜〜〜 サン!

カーブを打つ「間」
ツーシームを打つ「間」

同じではありませんが

共通点もあると感じています。



また、苦しいインコースを
左ひじを引き上げてインコースを打つ坂本選手。
241_2.jpg

bsa0902080506001-p4_convert_20090208063543.jpg
このような練習してインコースが打てるようになるかもしれませんが・・・


実はツーシームの打ち方はもう答えを出してる方がいます。

それが

mig-1-2-296x300.jpg
掛布さん

踏み出した足で「間」 2014/12/09
=========
アルトゥーベのスイングメカニズムにも、メジャーで成功する秘訣が隠されています。ベースから離れて立ち、左足をホームベース寄りのライン付近まで踏み込んでいました。彼に代表されるように、メジャーの選手の打撃の特徴は投手に向かって前側の足の使い方にあります。大きく足を上げることなく、小さくタイミングを取って、早めに、ホーム側に踏み込んできます。そして軸足ではなく、踏み込んだ足で「間」を取るのです。手元で微妙に動くボールと、外に広いストライクゾーンに対応するための打撃です。軸足に体重を乗せて「間」を取ることが体に染みついている日本の選手には、すぐにはマネできないバッティングです。。
=========

掛布さんはツーシームの打ち方をこう分析されています。
踏み出す足の着地が日本人は遅過ぎる。
違う言い方をすれば
後ろの足で「間」を取ってしまう日本人。



ツーシームを打つには
・踏み出す足を「早めに」着地させる
・踏み出した足で「間」を作る
・踏み出した足が早めに着くから素早く回転できる
・踏み出した足が先に着くから、下半身が先に回り、上半身が回る


反対は後ろ足に間を作るタイプ
・踏み出す足が遅いから、下半身と上半身が一緒に回ってしまう
(足と手が一緒に動いてしまう)
(食い込まれて詰まってしまう)
(逃げるボール遅いボールは合うが、差し込まれる球種に弱い)

引きつけて打て!呼び込んで打て!
ポイントを前で打て!後ろで打て!

ボールを打つ位置を広げるのではなく
ボールを打つ時間を長く持つ


後ろ足で「間」を作ると後ろの時間が長くなる
前の足で「間」を作ると前の時間も後ろの時間も長くとれる


ひじを上手く抜く技術
体を素早く回転させる技術
ツーシームを打つ技術はいろいろ高まっていくでしょうが


踏み出した足で「間」を取る

日本人は足を高く上げるからダメとかではなく

「前足がセットされてから振る」

何かいい練習方法ないかなぁ〜^^

クロススタンスっていい方法かもしれないなぁ〜^^

クラウチングスタイルもいい方法だなぁ〜^^

ピッチャーに向かって踵から入るのも合う選手がいそうだなぁ〜^^

ワンバウンドを打てば自然とそうなってしまうよなぁ〜^^

「そ〜しろ!」じゃなくて「自然とそ〜なってしまう練習方法」いっぱいあるなぁ〜^^

posted by metoo at 12:39| 千葉 | Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする