2018年06月05日

大田泰示 2018と2017



こちらが2018年の大田泰示選手のホームラン

2017年と比べて何が変わったか?

一目瞭然ですね。





SnapCrab_NoName_2018-6-5_1-42-38_No-00.jpg

右バッターは一塁へ走り出すので誰でもこの形に
踏み出した足が抜けてしまいます。

でも

走り出すから抜けるのではなく
踏み出した足に体重が乗ってない打ち方だから抜けやすいとも言えます。

ochiai.jpg

600x291xa8a7569c9556d98b564274d6.jpg






三人のホームランを踏み出す足だけ見てみると
宮崎選手だけが踏み出す足が抜けてますね。


日曜日に見た広島打線はしっかり振って後ろ足から一歩目が出る。

反対にロッテ打線は打ち終わりはみんな踏み出す前の足が一歩目。


150m打ちたいか、100m打ちたいか

素直に打ちたいか、逆らって打ちたいか

難しく打ちたいか、簡単に打ちたいか

後ろ足なのか、前足なのか

打ち方はいろいろあるけど


力強く振ってホームランの確率を高める。

大田泰示選手はそれが上手くいってるようですね。

それがこの形なんだと思います。




踏み出した足に残ってるよなぁ。



打ち終わりには何がしたいか、意識が残りますね。


ロッテの意識はこれだもんなぁ。。。
posted by metoo at 11:23| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

アングル





SnapCrab_NoName_2018-6-4_23-55-33_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2018-6-5_0-3-46_No-00.jpg


投球は斜めでも見える。

少しでも捕手側から正面で見たい。




maxresdefault.jpg

打球はいつも地面と平行に見てる。

低い目線からボールを見上げるように。

76499753_220x219.png

体は倒れていても
目線は地面と平行。



2009年08月19日
どこに目を置きますか?



どう打ちたいか?

どう捕りたいか?

どう打ちやすいか?

どう捕りやすいか?

どう見るか?

アングルに出る。



見方を変えると、動き方が変わる。


もう一つ

udeomosa.jpg

2015年09月10日腕の重さって?

頭の重さは8〜13%(約10%)もあるそうです。

体重50kgのうち5kgの頭をどこに置くか?
頭の使うって頭の重さの使い方もあるね。

頭の位置を変えると、動き方が変わる。


posted by metoo at 00:27| 千葉 ☀| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

いつからだろう?


打ったー!
抜けたー!
走れー!
行けー!
どーてーん!
いよっしゃー!

いつから少年野球をこうやって楽しめなくなったんだろう?

あの投げ方は
あの捕り方は
あの打ち方は
あの審判は

オレは野球のどこを見てるのか?

あれっ?野球で一番大切なことってなんだっけ?
忘れてしまったものを探しに
いつもの場所へ。

IMG_4505.jpg



あっそうだ

楽しむことだよね



青空と海風の野球場へ行くと

またお前は忘れたのか!

いつもいつも同じ事忘れやがって!


IMG_4528.jpg

今回は忘れないように
これを見れば思い出すように
記念の品を買っておいた。、



いやーしかし
広島は3割バッターだらけ
よう打つなぁ

今日のマリンは三万人を越えた満員御礼

どっちがホームグランド?と思うくらい真っ赤に染まってました。



f6613978b68df5606e35d447860d431f1f823613.10.2.9.2.png

ブループラネット すごいね!^^

posted by metoo at 01:30| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

試合を遊びへ、ゲームにしたい

先日、乙武さんの記事
「体育」との決別、「スポーツ」への移行

同じく、こちらの記事もとても共感できました。

小学生に必要なのは“習い事の野球”ではない/石田雄太の閃球眼

======
たとえば普及や振興については「子ども向けティーボール教室の開催」「野球メソッド、野球手帳の作成、配布」などが挙げられている。教室、手帳……果たして、野球はこんなふうに学ぶものなのだろうか。子どもたちには野球のできる環境がないから、と言いながら、大人たちが一生懸命、子どもたちに野球を教える場を提供しようとする――繰り返すが、そうしたことに関わる大人たちの心意気を否定するつもりはない。しかしその大前提に「子どもの野球に大人がいかに関わらないか」というマインドの共有がなされていないことが気になって仕方がない。
======



私は月に二回ティーボール野球教室と称して、野球をまだやったことがない小さな子供達にボールとバットに触れ合う時間を作っています。

鉄棒や縄跳び、雲梯やのぼり棒で遊び、サッカーやテニス、フリスビーやフラフープ、そしてピッチングやバッティングなどをしながら私が子供達に遊んでもらってます^^

残り30分になると2チームに分かれてサークルベースボールをして遊びます。

これが一番盛り上がる!

5点差まで広がると
「もう負けだ!あきらめた!早く終わりにしよう!」とだだをこね。

3点差まで近づくと
「あと何分あるの?何時までやるの?」勝ちたい気持ち、闘争本能があらわれ。

1点差まで追いつくと、
祈るように手をあわせて大きな声で応援し始める。

ここに大人が入り込む隙間など1mmもない。


しかし、これが少年野球チームとなり、大人が入ると全然変わってしまう。

友遊ボール大会というのがあって審判のお手伝いをするのですが、大人の監督、コーチが大きな声でアドバイスを送ります。

「フライは打つな!」
「ゴロは一塁側じゃなくて三塁側へ打て!」
「勝ちたくないのか!絶対に優勝するぞ!」

小さな子供が遊ぶためにつくられた友遊ボール大会が、いつの間にか大人が子供を勝たせてあげる大会になってしまいました。


大人が子供を勝たせてあげる大会
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球
共通する部分がたくさん感じますね。


ただグランドでボールを投げて打って遊んでいたことが
いつの間にか試合になってしまう。
大人が子供の遊びを試合に変えてしまう。


大人が介入することを試合と呼ぶのなら
子供だけが遊ぶゲームと呼んだほうがいいのかもしれない。



子供が
勝ちたい!
ホームランを打ちたい!
プロ野球選手になりたい!
大谷選手のようになりたい!
野球が好きだ!

子供の夢が大きく育つ大切なこの時に

親や指導者が
勝たせてあげたい
ホームランを打たせてあげたい
プロ野球選手にさせたい
大谷選手のようにさせたい
野球を好きにさせたい


「子どもの野球に大人がいかに関わらないか」
なんだと思います。








星野仙一さんが生前、口にしていたこんな言葉だった。

「大人が野球をやりたいと思う子どもたちにしてあげなきゃいけないことは、一つしかない。それは、子どもに野球ができる場所を与えてあげることだ」







きれいに整備されたグランドを見るとうれしくなります。

あ〜このグランドにはどこかで優しい大人が見守ってるんだろうなぁ。

こうやって子供の背中を押してあげてる大人がいるんだなぁ。

大人が関わる方法は教えることだけではありません。

探せばたくさんみつかるでしょう。


そして

熱い中、寒い中、
ミスをすれば文句を言われて、やじられて、バカにされて
やりたくない気持ちもよ〜くわかりますが

自分から一歩前に出て

審判の手伝いもがんばりましょう!

posted by metoo at 14:03| 千葉 ☀| Comment(0) | 野球教室 | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

アンフェアの境界線



野球には騙すプレーがたくさんあります。

「アンフェアなプレーはやめよう!」
「スポーツマンシップを守ろう!」と声をあげると

そもそも論、だったら論が広がっていきます。

・バントフライはわざとワンバウンド捕球してゲッツー狙うよね?
・イチローが外野フェンス直撃で走者を騙すプレーは?
・ピッチャーの牽制球は騙そうとするでしょ。
・ピッチャーが投げる変化球もバッターを騙そうとするでしょ。
・じゃ、隠し球は?偽投は?クイックは?みんな人を騙してるよね?
・規則書に書いてなければ何をやってもいいんだ。
・刺す、殺す、奪う、盗む、野球ってそういうプレーだよね
・試合は試し合い、試し合いと書いて騙し合いだ、相手を騙してナンボだ。

野球好きな方は、グランド、居酒屋、一年中こんな会話で盛り上がるでしょう。


少年野球の指導では、どこからアンフェアでどこからは教えていいプレーなのでしょうか?


91R1fNICzDL.jpg

download.jpg


世の中には犯罪の重さがあります。

子供のイタズラは罪ではありませんが、大人の詐欺は犯罪です。

18歳、未成年などの年齢によって法律も変わります。


イタズラ、ごまかし、嘘、ジョーク、いかさま、いんちき、カンニング、窃盗、詐欺

この中のどこかにアンフェアが隠れています。

それはどこなのか?


昨日のコメント欄でこの質問をうけて考えました。

私の返信コメントは

隠し球はいたずら、
イチローの外野フェンス直撃トリックプレーはジョーク。
亜細亜の故意落球は詐欺。
阪神レフト中谷のエラーは下手くそ^^

詐欺は
計画を練って複数で相手を騙そうとする計算されたプレー。

イタズラは
その瞬間に咄嗟に思い付いたプレー。

ここに一線が隠れているように思います。


私は一瞬のアイデアで動けたプレーはクレバーなナイスプレーだと思ってます。

・隠し球は相手が油断したスキを見つけたプレー。
・こっちが間に合わないから偽投してあっちのランナーを狙おう。
・この打球は頭を飛び越えてフェンス直撃するな、だったら捕る演技をして走者をくぎ付けにしよう。
・あっ、バントフライなのでバッターが走ってない、これならダブルプレーが狙える、よし!ワンバウンドで捕ろう。

このプレーの中には共通点があります。
・ルール違反はありません。
・相手やの動きを見ています。
・一瞬の判断プレーです。

見る人から見れば同じイカサマプレー、アンフェアなプレーに見えるかもしれませんが、全て好判断なプレーです。


では下の動画のプレーはどうでしょうか?



・ルール違反はありません。
・相手の動きを見ています。
・最初から騙すことを目的とし、複数の選手が練習を重ねた計画されたプレーです。

私はここがアンフェアな一線だと思います。



昨年、若いお父さんコーチがこのトリックプレーをマネしようとなりました。
はじまりはプリンスホテルのトリックプレー、第60回都市対抗とありますので1989年、最近国内では規則で禁止されている連盟もあると説明し、私はこのプレーの指導を反対しましたが、どうしても勝たせてあげたい、審判と相手チームがルールを知らなければいい、1%でも勝つチャンスがあればなんでもすべきだ、そういって子供たちに教えていました。
試合は大敗、試合の勝ち負けは選手である子供であって大人の悪知恵じゃありませんね。



1時間ずるがしこい練習をさせるなら、1時間早く帰って寝て体を回復させた方がいいでしょう。


試合の勝ち負けでプライドは傷つきません。プライドを傷つけない嘘やイタズラもあるでしょう。しかしどこかにプライドを傷つける一線があるように、そこが境界線なのかなぁと思います。野球のアウトとセーフのようにはっきり見えることではなく、年齢や経験によって育っていく教育なことも含まれているように感じます。

posted by metoo at 10:57| 千葉 ☀| Comment(10) | 日記 | 更新情報をチェックする