2019年05月29日

みんな能力は同じ

929f6c091683285155bbb68db6479aa2_t.jpg

こちらが「7」を伝えると

選手も「7」を出してくれる。

野球の指導をしてると神経衰弱のような時があります。


「6」を伝えてるのに「3」が出てきたり

「3」を出してるのに「6」が出てきたり


なかなか指導は思うようにいきませんが
ゲーム感覚でピタリあった時は嬉しいもんですよね。





気が付くと高校野球を一番いい特等席、球審から見ている自分がいます。一年前の自分からするとなんと幸せなことでしょうか。18歳になる高校生が目を輝かせてバッターボックスに入る。今は選手権のベンチ入りをかけた(どうしても結果が欲しい)時期。練習試合とはいえ熱い情熱が伝わってきます。

小学生、高校生を見ていて感じるのは、そんなに能力の差があるわけじゃないんだなぁ。四打席連続ホームランとか、140mを超えるホームランとか、ずばぬけた選手にまだ出会っていません。実はちょっとしたことで能力はもっと引き上げられるのではないか、「7」と「7」のようにぴったり引き合うように能力を高めてあげることは出来るんじゃないか。なんとかしてあげたい!指導者の方は毎日こんなことを考えてるのでしょうね。



プロ野球を見ていると

今日は打たれた!アイツはダメだ!もう二軍だ!

結果だけを見て能力を判断してしまうチームもありますが

しっかり休養して体力を回復して戻ってくるとバッチリ抑えるケースが多々見られます。


実はみんなしっかりと高い能力は持っている

それを引き出すのが指導者

この選手が調子がよくなるカードは「5」なのか「13」なのかしっかり把握しておく。



みんな能力はある

指導者が引き出し方を変えれば違う結果が生まれる

この選手の能力を高めるということは

引き出し方を変えるということ




左ピッチャーのアウトコース低目をライト前にポテンヒットだけを打てる能力をもった右打者

こういうカードが最後の切り札になったりする


試合という時間の中に、どこかゲーム感覚があるんですよね。



posted by metoo at 11:46| 千葉 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

甘い球と同じ球、苦手な球と分からない球

ピッチャーが投げた最高のボール170km/hを投げても、バッターにとってそれが最高の甘い球だったら打たれてしまう。

何度も170km/hを投げ続けていれば目が慣れてきて、何度も繰り返す同じ球は打たれてしまう。


思考を変えれば

打たれるのは甘い球と同じ球


小学生のピッチャーが打たれた場合
「打たれたのは君の力負けじゃないよ、甘い球は打たれるし、同じ球も打たれるんだよ」
その言葉だけで次につながる自信になります。


最高vs最高は必ずバッターが勝つのがバッティング

ではピッチングとは?

最低vs最低はピッチャーが勝つことになっています。


ピッチャーが投げミスしたド真ん中の甘い球でも、バッターがそのド真ん中が苦手だったら打ち取れます。

どれだけいいバッターでも7割はミスをします、その原因を本人はわかっていない場合が多いです。






ピッチャーが抑える
バッターが打つ

ファクト(事実)→抽象化→転用



このピッチャーはどんな同じことを繰り返しているのか

このバッターがわかっていないボールは何なのか

キャッチャーはバッターのスイングを見て甘いと苦手を感じているのか



プロ野球はお互いに駆け引きがあるので本音をすべて話してはくれないでしょう。

ただ、何を考えてるかで結果が180度変わってくるのが野球ではないでしょうか。



シンキングベースボール
スモールベースボール
スマートベースボール

呼び方は違いますが考える野球こそが、日本が勝ち残る道のように思います。




group.jpg

SnapCrab_NoName_2019-5-29_11-5-39_No-00.jpg

11月5日 日本vsベネズエラ

miguelcabrera1280_6jwzfsy0_zwudaowy-1183x640.jpg

いきなり見れるのかな?^^

posted by metoo at 11:07| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

バッターアウト!バッターアウト!バッターアウト!

大きな声で三回

「バッターアウト!

  バッターアウト!

   バッターアウト!」


この声を出すケースを作るようにしています。




それは

振り逃げの無いケース

インフィールドフライを落球したケース




菊池選手が走り出したので球審さんは何度も「バッターアウト」をコールしてるように見えます。




インフィールドフライを宣告してフェアであればバッターアウトが成立します。



少年野球でも高校野球でもプロ野球でも

この二つのケースはよく間違えてしまいます。

間違えてしまえばダブルプレーになったり、さよならのホームインになったりします。


バッターがアウトだよ!

グランドにいる選手、見ているお客さん、誰もがバッターアウトだとわかるように、はっきりとアウトを宣告していいケースだと私は考えていますが、

皆さんはどうでしょうか。。。


posted by metoo at 19:59| 千葉 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こういう能力

ump01.jpg

走者二塁

この場面から

カキーン!

センターの後ろに大きなフライを打ちました。


ボールが飛んでいきます

野手9人が動きます

走者が走ります

打者も走ります


fly001.jpg

これは私のイメージですが、こんな感覚でボールから一瞬だけ目を切る「チラッ」の瞬間で、野手、走者、審判がどこへ動いているのか情報収集が出来るように取り組んでいます。(捕球を見ないで触塁を優先するケースもあります)

いろんな方に質問してますが、どれが正解とは決まっておらず、打球によって、状況によって、見る位置によって、様々な動きがあるのでしょう。



そこで必要となってくる能力が

ump02.jpg

四人の審判が浮かび上がって見えるような能力。



ボールの動き

野手の動き

走者の動き

そこに

四人の審判の動き


プレイ + 判定をする審判

このセットでイメージ図を動かす


ある程度のプレイを予測をしながら臨機応変に対応できる準備





野球の行きつくところは審判じゃないか・・・

そのくらい難しくて面白い世界です(*'▽')



posted by metoo at 17:51| 千葉 | Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

in JAPAN と from JAPAN



日本で活躍する

日本から活躍する


生まれるものが全く違うんですね。


#ayasato



東京オリンピックが楽しみだなぁ

posted by metoo at 15:24| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする