2019年03月14日

教科書

長打を捨て、犠打で進めて、単打で繋ぐ

勝つ野球ではなく、負けない野球が日本式ベースボールスタイルです。


もう一つ

エースだけが投げ続け、エースを連投させて、エースで勝ち負けが決まる

だから投球制限で規則を作り投げ過ぎを防止しようとする日本式。


この二つを抽象化すると

打ち方を知らない

投げ方を知らない

指導力不足


この言葉になってしまうと私は考えています。




ホームランの打ち方を教えられない。

ピッチャーの育て方を考えたことがない。


ここから前に進めないから

送りバントなってしまう
一番いい投手だけしか使わない

指導力不足の原因は

教科書がないからでしょう。

学校には教科書がありますから教師は教科書を教えればいいだけです。

野球には教科書がないので考えるしかありません。

教科書がない指導者は

自分が教わってきたことを、経験を教えるしかできません。



つまり

必要なのは

ホームランを打つ教科書
150キロを投げる教科書

この二つの教科書があれば

送りバントはなくなるし
たくさんのピッチャーが育てられるので継投が出来ます。



スポーツは毎日進化しますので教科書作りが難しいです。
なので
教科書が指導者になってしまうのは仕方がないかもしれません。

指導者という「人」を「文字」に書き換えることが出来れば
いろんな問題が解決できるのかもしれませんね。



何気ないつぶやきですが
ピッチャーについてはダルビッシュ投手が教科書を作ってくれています。
ダルビッシュ投手のツイートやブログ、インタビューのコメントが教科書です。

問題はバッティング
日本人で大谷選手しかメジャーでホームランバッターは今までいません。
筒香選手、吉田選手などがメジャーで活躍しながら教科書を作ってくれるか。

それともイチロー選手のようなヒットマンスタイルを日本人は教科書としていくか。


2020年あたりで一区切りして、日本人野球の教科書が出来上がり、全ての野球指導者に公認野球規則のように安価で配られたら、日本の野球文化は大きく変わると思います。

日本の野球は教科書があれば変わるんです。
二年〜三年に一度、野球指導の教科書が配られて欲しいなぁ。





最近の少年野球、高校野球の現場を見ていると、練習試合ではフルスイングで長打狙い、複数のピッチャーを起用しますが、やはり最後の大会、日本一へつながる大会になると送りバント、エース連投になってしまいます。負けたら引退、負けたら終わり、負けたら・・・この重さが取り除ければいいのですが。

・教科書作り
・負けたら終わり

投球制限の課題はこの二つのポイントからも考えたいですね。


posted by metoo at 14:00| 千葉 ☀| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

たくさんいた




このプレーを見た時に鳥肌がたちました。

やっぱすげぇ〜なぁ!

この選手のプレーを喜ぶファンはまだいるかな〜〜〜


クルーズ ゲッツー


クルーズの守備が見たかったファン

たくさんいたんですね^^


メキシコチーム

また秋に見れるといいですね!



posted by metoo at 10:39| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

中身のある野球


jiku.jpg


sin.jpg

core.jpg

スィートスポット(最適な箇所)
sweetspot.bmp


アメリカではバットの芯という言葉を使わないようですね。


さてさて

Rawlings-Quatro-Cutaway.jpg

金属バットの中身は空洞です。

kball-1.jpg

軟式ボールの中身も空洞です。


ここに違いがあるような感じがしています。


nr100823.jpg



中身がある硬式球を
中身がない金属バットで打ってみる


中身がある木製バットで
中身がない軟式ボールを打ってみる。


これもどこかに違和感があります。


download.jpg


ちょっとおかしな言い方かもしれませんが、
表面と表面をぶつけ合う金属バットと軟式球ではなく
バットの核とボールの核をぶつける感覚

バッティングにはこの感覚も必要なのかなぁと思ってます。





硬式ボールは今でも手縫いで作られているんですね。

昔は糸が切れたボールを家で縫い直して使っていました。

糸を引っ張ると小指の付け根が切れて血が出るんですよぇ。

一晩に三個とかやらされたなぁ・・・



posted by metoo at 18:51| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。

Richard-Nixon.jpg

リチャード・ニクソン 第37代アメリカ合衆国大統領

『人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。』


投球制限の話を高校野球、少年野球で聞いてみると
「だって負けたら終わりでしょ・・・」
「二番手がグッと落ちるから・・・」
「勝たせてやりたいしねぇ・・・」
このような意見が現場の指導者から聞こえてきます。



投球制限よりも
投球間隔よりも
複数投手育成よりも

まず最初に変えなければいけないのは

『負けたら終わり』

この言葉を使わないことではないでしょうか。

負けたら終わりだから一番いい投手をずっと使いたい
負けたら終わりだからエラーやミスをしないチームを作る
負けたら終わりだから誰かが犠牲になってもかまわない



また別の考えをすると

『負けたら終わり』という一つの道しか見えていない、もしくは他の道を知らない、作ろうとしない。




負けたって「UNIVAS」があるし

大学野球で頑張ればいいんじゃね?



高校野球で負けてもいいんだよ

負けても終わりじゃないんだよ

「UNIVAS」があるじゃん!

ここが変われば

誰も無理をしないのではないでしょうか?

その為に「UNIVAS」が大きく育つことを期待します。



もう一つ

例えば関西に住んでいて

わざわざ越境して東北や北海道で野球をする必要がなくなります。

もし本気で世界を目指すならアメリカへ留学すべきでしょう。

または、世界の情報は毎日どこでもネットで手に入ります。

どこで野球をやったって野球の技術はいくらでも磨ける時代です。



・負けても終わりじゃない

・世界一の技術はネットで学べる

この二つの新しい道が浸透していけば

『甲子園』の価値は下がるのではないでしょうか?



変えなければいけないのは
変わらなければいけないのは

大きな組織の問題ではなく

「一度でも失敗したら人生は終わり」

セカンドチャンスが許されない私達の頭の中にあるのかもしれません。


posted by metoo at 16:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

あと10年

吹奏楽が鳴り響く
真夏の選手権大会
選手と同じグランドに立ちたい

これが50歳から始めるチャレンジ・目標です。



5年かかるか8年かかるかそれとも10年後か・・・
60歳までに出来るかな?^^

失敗を繰り返しながら一歩ずつ進んでいこうと思います。




若い頃は「緊張」が邪魔をすることが多かったんですが

年をとると楽しく面白くなるのが「緊張」なんですね。

ドキドキワクワクすることがほぼ無くなるので

「緊張」することに引き寄せられていきます。




IMG_7200.jpg

ここからあと10年

・少年野球の指導者
・少年野球の審判
・高野連の審判
この三つに自分を置きながら

少年野球の考え方
野球技術の進化
審判・規則について

これからの野球を考えていこうと思います。


posted by metoo at 11:53| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする