2020年01月30日

肩甲骨を動かしたい理由

どうして肩甲骨を動かしたいか?

二つの考えがあります。

scap01-Opt.gif

一つ目は上下分離
捻転差が作りやすい

下が回っても肩甲骨が残ってる。

これはボールを遠くに飛ばす大きな武器となります。



もう一つは
皆さんよくご存じなアレです。

慣性モーメントが小さくなるからです。

KMT.jpg

肩甲骨が動けば慣性モーメントは小さくなり回転しやすいですね。



肩甲骨の可動域は同じでも、使うか使わないかで大きな差が広がってしまいます。

バッティングの動作に組み込めているか、もしくは全く気にしないで使っていないか。

試しに使ってみるのもいいかもしれませんよ。


posted by metoo at 23:46| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

肩甲骨からバットを振る


新しい私のバッティングの考えです。


踏み出した足が着地してから

肩甲骨からバットを振る


参考にした資料
肩回旋に伴 う肩 甲骨の動 きについての検討 より

今回の結果から,肩回旋時においても肩甲骨は決して体幹に固定されておらず,肩甲骨は上腕骨の動きとともに動き,いわゆる肩甲上腕リズムの存在が確かめられた。

上腕が内旋外旋することによって肩甲骨も動いていることが書かれています。

utisoto01.jpg

utisoto02.jpg

イメージでいうとこんな感じ。

実際の動きでいうとこんな感じ。






骨が一つ多く使える
関節が一つ多く使える
大きな筋肉、広背筋が使える


どこかでこの肩甲骨の動きを見たことがある・・・

IMG_9010.jpg

IMG_9009.jpg

IMG_9008.jpg

IMG_9012.jpg

手塚さんの書籍でしたね。
当時から肩甲骨からのスイングを紹介されていました。


どういった練習方法がいいかと考えると



この方が紹介されてる練習が良いかと思います。
肩甲骨が動いてますね!
最初の動作に強い外旋を取り入れて肩甲骨を動かす意識を入れる。








この小さい子たちが最初は何を意識してやってるのか理解できませんでしたが、肩甲骨からバットを振る練習と考えることができます。




この考えとは正反対に、肩甲骨が全く動かないバッティングフォームですが
twitterで女子野球と検索してみます。
背中が全く動かないスイングが多く見られます。
なぜだかは分かりませんが・・・



初めて聞く言葉ですが外旋トルクという測定があるそうですね。
とても興味があります。


イチロー選手もしっかり肩甲骨を準備してから打席に入ってましたね。


一時期、フライングエルボーなんて言葉が出回りましたが、肘を上げることが目的ではなく、肘を上げて肩甲骨からバットを動かすことが目的だったのではないでしょうか。


投げ方は内旋→外旋→内旋でしたが、
打ち方も内旋から強い外旋によって動く肩甲骨を利用しましょう。

脇を閉めて打つ、インサイドアウト、などもここに通じてますね。

posted by metoo at 17:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

肩甲骨の引き寄せ



ラットプルというトレーニングがあります。

scap01-Opt.gif


2016年03月22日
肩甲骨でトップを作るフルスイング


以前トップを肩甲骨で作ると考えましたが、考え方を少し変えてみます。


sc003.jpg

上方回旋でトップを作り
下方回旋でバットを引き寄せ始める




最初の動きがSCAPULA(肩甲骨)で下方回旋

次の動きがCLAVICLE(鎖骨)で上方回旋


投げる動作はみんな肩甲骨は動いていますが、バットを振る動作にこの動きを取り入れていない選手がたくさんいます。


今年のプロ野球、高校野球、メジャーリーグを見る時、背中がどう動いてるか観察してみます。


posted by metoo at 17:50| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

キャッチボールしませんか?

「キャッチボールしませんか?」

「あ、いいですよ!やりましょう!」

やっぱりキャッチボールが野球で一番好きだなって思うような年齢になりました。

バッティング、ピッチング、フィールディング

そんな贅沢はいいませんし、できません^^

「キャッチボールしませんか?」

この誘いを断る野球人っていないんですよね。

グランドに立つと誰とでもキャッチボールが出来るんです。

つまらない争いごとは大体キャッチボールで収まるんです。

「キャッチボールしませんか?」

キャッチボールを広めていきましょう。

posted by metoo at 12:26| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

間違い探しの結果

坊主頭をやめました
暴力暴言やめました
お茶当番やめました
一日練習やめました

その結果

子ども達はチームを野球をやめました

今、グランドで起きてることは本当に正しいことでしょうか。


三振をした
昔:怒られた
今:ナイスフルスイング!

エラーをした
昔:怒られた
今:ドンマイドンマイ!

ミスをした
昔:怒られた
今:いいよいいよ!ナイスチャレンジ!

同じなんですよ。
子どもを笑顔に出来る指導ではないんです。


お父さん監督・コーチ、お母さん方の応援
みんな頑張ってますが
上手くならないと野球をやめていきます。
勝てないと勝てるチームへ移籍していきます。



『面白い』

誰もがどこかにココを求めています。

練習の中でどこか一つ面白いを見つけてあげる
試合の中でたった一つの成功を面白いにしてあげる

今すぐにグランドの中に『面白い』を探してあげる。


バッティングが面白い
アウトを取るのが面白い
ストライクが入るのが面白い
上手くなるのが面白い
勝つことが面白い


間違いだけをなくしても中身は空っぽのままです。

楽しくてもつまらないんです。

ただ勝つだけもつまらないんです。

『面白い』チームを作りましょう!

きっと面白いの次に待っているのが『野球が好き』です。

posted by metoo at 15:35| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする