2017年03月16日

WBCメモ

SnapCrab_NoName_2017-3-16_17-11-4_No-00.jpg

WBC一次二次予選6試合を数字で振り返ってみます。

得点は3回5回6回7回8回に
失点は2回3回7回9回に

得点は二人目のピッチャーに交代してから多く取れて
失点は先発ピッチャーが一安心する2回3回に取られてます。
この先発投手の良くない流れを断ち切っているのが5回6回に出てくる平野投手。影のMVP的な存在に助けられています。



2017WBC STATS 今大会の公式データ

SnapCrab_NoName_2017-3-16_17-18-24_No-00.jpg

この六試合の打撃成績です。

わずか二週間の短い大会で私がいつも気にするのは
誰がホームベースを踏んでいるか?得点です。
松田8得点
坂本6得点
得点が見えてくると打点も見えてきます。
6番打者、7番打者あたりが塁に出て、8番、9番、1番あたりが返す野球をしてます。

トリプルスリーの1番山田がいて、メジャーリーガー青木がいて、二冠王4番筒香、打点王5番中田翔に注目が集まりますが

坂本の打率.450 出塁率.522 が出塁して6得点
松田の打率.400 7打点 8得点
小林の打率.444 6打点

実は日本の得点は6番から繋がる打線が怖いんです。
マークしなければいけないのは
筒香選手、中田翔選手の後を打つ
セリーグの首位打者、坂本選手。

6番坂本
7番秋山
8番松田
9番小林

数字で選ぶならこの下位打線でしょう。


SnapCrab_NoName_2017-3-16_17-24-49_No-00.jpg

投手陣はというと、
今大会は中継ぎ投手を多く集めて大正解だったと言えるでしょう。先発投手、菅野、石川、則本、武田の防御率、WHIPを見るとそう見えてしまいます。

数字だけみると藤浪投手が2イニング自責点0でWHIP0.50、1死球、4奪三振でまだ1ゲームしか登板してないのは不思議です。


残り二試合、準決勝と決勝戦を13人の投手リレーで戦います。
心配されることはたくさんありますが、黒田投手のアドバイスが参考になるでしょう。

ドジャース時代を踏まえ決勝舞台ロス語る/黒田博樹

また、アリゾナで上原投手のいるカブス、前田健太投手のいるドジャースとも練習試合があるそうです。ここでしっかり投手陣の見極めをしておきたいです。



WBCで戦った相手監督のインタビューです。

試合後、イスラエルのジェリー・ウェインスタイン監督は「負けたことは残念だが、素晴らしい2チームに負けてしまった。日本は卓越した投手力があるし、素晴らしい隙のない野球をプレーした。さすがとしか言いようがなかった」と素直に敗北を認め、勝利した侍ジャパンを「野球は試合の流れが重要。日本は素晴らしい投球、タイムリーな打撃で流れを引き寄せた」と称えた。

現役時代にヤクルトなどでプレーしたオランダ ミューレンス監督は試合後、「日本は非常にいいチーム。ミスしないし、ディフェンスも素晴らしい。いいバッターがどんどん繋がる。ピッチャーもいいところに投げてくる」と侍ジャパンを称賛。

試合前キューバチーム、マルティ監督は侍ジャパンを「野球をやるマシーン」と例える。「完全なチーム。今までは繋いで、走ってという『スモールベースボール』だったが、今はパワーのある選手もいる。毎回進化している。勝つためには完璧な試合をしないといけない」と警戒を強めた。

試合後、日本とキューバの差について問われた指揮官は、「日本はWBCの中でベストのチームであると私は言ってきた。コンパクトなチームで守備もよく、投手も素晴らしい。そして数人の打者は、打球をうまく芯に当てることができる」と今大会を通して主張し続けた言葉を繰り返し、「そのチーム相手によく戦ったと思う」とコメント。キューバにとっては前向きな試合であったことを強調した。





相手チームから大きな評価をもらえている日本の投手力。
しかし、6試合で46得点の攻撃力も立派な数字です。

東京ドームの大歓声のおかげかもしれませんが、
今度はロスアンジェルスの日本人が
大声援を送ってくれるでしょうヽ(^o^)丿



posted by metoo at 17:50| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

またこの舞台に帰ってきた

「あ〜つかれた(^_^;)」

3月7日からわずか8日間で6試合6連勝
WBC四大会連続ベスト4 おめでとうございます!

テレビの前で応援するだけですが
本当にこの8日間は疲れました(^_^;)


SnapCrab_NoName_2017-3-16_14-11-58_No-00.jpg

勝った瞬間にふっと思い出したのがこのシーン。
ここから4年間ずっと時間が止まっていたからでしょう。

「またこの舞台に帰ってきた」



2006wbc.jpg

2009wbc.jpg

もう一度、このシーンを取り戻しましょう!

選手の皆さんお疲れ様でした。
すぐにアメリカへ飛び立ちわずかな休息でしょうが
あと二つ!勝って頂点に立ちましょう!


なぜ日本はここまで勝ち上がれるのか?
いろいろあるでしょうが
一つの考えとして

875319abb3486c28a4c2b8b74db9b650.jpg

この投手が海を渡らなければ
日本は10年野球が遅れていた。
WBCで勝つことなんて到底不可能だったのではと感じました。



もちろん野茂英雄さんだけではありませんが、誰かが海を渡らなければこの結果には繋がらなかったでしょう。

積み上げてきた野球界の歴史に感謝です。


ドジャースブルー青い球場、緑の芝生、赤い土
メジャーリーガーしか立てない舞台に日本の侍が乗り込む。
精一杯応援します!
posted by metoo at 14:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

ノールックタッチ







ノールックタッチ

SnapCrab_NoName_2017-3-18_19-16-25_No-00.jpg
見ないでタッチのバイエス


タッチする前にもうモリーナを指をさして称えてます(*^▽^*)
かっこいいなぁ〜
オレも真似しよう^^


タッチもお見事ですが

やっぱりモリーナの正確な送球はすごい!(*^▽^*)


二次予選プールF
ドミニカ1-3プエルトリコ
前回優勝vs準優勝
プエルトリコが勝利!
クローザーのディアス投手98マイル(^^;)


2chにあったメジャーリーガーの国別人数ですが
E組
日本→メジャーリーガー1人
キューバ→メジャーリーガー0人
オランダ→メジャーリーガー5人
イスラエル→メジャーリーガー3人
合計9人

F組
アメリカ→メジャーリーガー28人
ドミニカ→メジャーリーガー25人
プエルトリコ→メジャーリーガー20人
ベネズエラ→メジャーリーガー22人
合計95人

これで日本が世界一になったらすごいことですねヽ(^o^)丿

posted by metoo at 13:17| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

見えた!

SnapCrab_NoName_2017-3-15_2-33-43_No-00.jpg

見えました!ドジャースタジアムのグランドが(*^▽^*)

あと一つ勝てば、ここで野球が出来るんですね(*^▽^*)


二次予選キューバ戦
この試合でやっと見つかりましたね!
ここまでの五試合でやっと確信をもてたのではないでしょうか。

makikishi.jpg
牧田と炭谷の西武ライオンズクローザー

このバッテリーをセットで最終回行きましょう!



キャッチャーに必要なもの・・・

それはキャッチングでもバッティングでもスローイングでもなく

この人なら大丈夫!

147.jpg

キャッチャーに最も必要なのは安心感です。

いいキャッチャーとは 2014/06/11




例えばですがこんなシーンを思い出しました。



この時にダルビッシュ投手がコメントしたのは

「小笠原選手のスイング軌道ではスローカーブは当たらない」

縦に落ちてくる軌道に対して、横にスイングする軌道。
当たる確率は低いですよね。

ピッチャーのダルビッシュ投手でさえ、このような観察力をもっています。


ではこのシーンはどうでしょうか?



武田投手のカーブにファールチップの板山選手。
次に要求したのはインコースストレート。
小林捕手はどんな根拠があったのでしょうか?
カーブの軌道に合わないスイングを見ていたのに
なぜインコースにストレートを要求したのか?

投げていたピッチャー武田投手も疑問に思っているでしょう。



小林捕手は頑張ってます。
WBCに入って、バッターボックスに入るバッターの目を観察するようになりました。大きく成長しています。バッティングも好調です。スローイングも安定してます。

ただ

キャッチャーに必要なのは安心感。

牧田投手が安心して最終回のマウンドに上がるには岸谷捕手の安心感なんだと、キューバ戦の最終回を見て感じました。


小林捕手、岡田投手の時にはマウンドに走りましたが、もっともっとキャッチャーは時間を使っていいんです。キャッチャーはタイムをとっていいポジションです。何度でもマウンドに走り寄ってピッチャーにどんどんドンドン声をかけてあげましょう。大きな大会になるほど小さな確認が必要です。合同チームこそ何度も走り寄ってピッチャーの安心感を築きましょう。




先日、一次予選中国戦をラジオで聞いていました。

アンダースローは世界にたくさんいるが
シンカー系のアンダースローばかり。
浮き上がる系のアンダースローは日本だけ。
by渡辺俊介


アンダースローにもシンカー系とライズ系があるんですね。

牧田投手のアンダースローは浮き上がるライズ系。

WBC2017 日本の大魔神です!



SnapCrab_NoName_2017-3-15_4-24-40_No-00.jpg

daloga.gif.gif

アンダースロー、ジャイロ回転で浮き上がらせる。

posted by metoo at 03:21| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

シモンズ選手の一歩目

誰かシモンズ選手の一歩目を気にしてる方いるかな〜と検索してると、やっぱり好きな方はしっかりシモンズ選手の守備をチェックされていますね。









かなり脱力したイメージですね。
古武術の膝抜きを思い出しました。



たしか川崎宗則選手も一時期このスタイルでした。


膝の力を抜くことでわざとバランスを崩し、崩れた方向へスタートする。

きちんとスプリットをするタイミングもあれば、棒立ちから脱力のスタートもあり。
右足、左足、どちらかに体重を預ける片足乗せもあり。
状況やバッターに合わせていろいろ追加分けていますね。

SSKO.gif

SSKO2.gif

SSKO3.gif

何をしていけばこういったプレーが出来るようになるのか?

考えさせられる
国際大会っていいなぁ〜ヽ(^o^)丿


二人とも息がぴったりヽ(^o^)丿
良いスタートですね!
posted by metoo at 13:40| 千葉 ☔| Comment(0) | 守る | 更新情報をチェックする