2017年05月18日

フレーミングは球審に向かって

私が球審をしていて感じたフレーミング技術です。


fm00.jpg

球審から見えるストライクゾーンはこんな感じですね。


fm01.jpg

ミット、マスクこの位置で捕ったとします。

fm02.jpg

まずキャッチャーマスクが動くとボールに見えます。
個人的に球審をして感じることですが
キャッチャーの頭が動くとボールに見えるんです。
なるべく頭を動かさない方がいいです。

次はミットをストラクゾーンへ集めようと動かしますが、
これもボールなんだろうなぁと見えてしまいます。

ストライクに見える動かし方、
これは誰に対してと考えた方いいです。

球審に対してストライクに見えるように動かす。
これが私はベターだと思っています。


fm03.jpg

ここで捕ったら

fm04.jpg

ここに動かします。

つまり

fm05.jpg

球審の目の位置へミットを動かします。

時間はパチンとミットにおさまる時間内です。

球審の目の位置を常に把握しておきましょう。





このスライダーをはじいた時は驚きましたが
この次の三振
5回スリーアウト目の見逃し三振



ルクロイ捕手ではないチリーノス捕手
きれいなフレーミングでしたね。
投げたダルビッシュ投手よりもキャッチャーがうれしそうな一球でした。


小学生や中学・高校生のキャッチャーが
ボールを捕る前に
「よーし!」「オッケー!」「ナイスボール!」
捕る前に大きな声を出しますが
あれはやめた方がいいですよ。
ピッチャーが投げる前に大声を出されたら迷惑ですよね。
バッターも迷惑だと思うんです。
もちろん球審も迷惑です(^^;)
まぁ言われてもストライクゾーンは変わりませんが。
posted by metoo at 01:07| 千葉 ☁| Comment(0) | キャッチャー | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

最高飛距離と最高打球速度(05/17/2017)

久しぶりにStatcastを覗いてみました。

SnapCrab_NoName_2017-5-17_14-48-22_No-00.jpg

最高飛距離はJake Lamb選手の481feet(147m)26歳



SnapCrab_NoName_2017-5-17_15-1-22_No-00.jpg




SnapCrab_NoName_2017-5-17_14-47-40_No-00.jpg

最高打球速度はAaron Judge選手の119.4mph(192キロ)25歳



SnapCrab_NoName_2017-5-17_15-0-59_No-00.jpg

デビュー二年目
あのスタントン選手を超える2mのパワーヒッター

アーロン・ジャッジ選手


面白い動画がありました。



ジャッジ選手は松井選手と接点があるんですね(*^_^*)



posted by metoo at 15:04| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

アッパースイングってなんだ?

IMG_2996.PNG

ピッチャーはマウンドからストライクゾーンへ投げます。
キャッチャーは座ってますから当然上から下へボールは落ちてくることになります。
この角度は6〜12°だそうです。


ではこの軌道に対して
ダウンスイング
レベルスイング
アッパースイング
この三つはどのスイングでしょうか?

ボールの軌道は平均として10°にしてみました。

uppercutswing.jpg

@グリーン -10°
Aオレンジ 0°
B赤 10°
C青 20°

私は@とAがダウンスイング
Bはボールの軌道ですからレベルスイング
Cがアッパースイングです。

地面と平行のAをレベルと考えてる方は
@がダウンスイング
BとCがアッパースイングになりますね。

何がレベルかで、この考え方は変わってきます。


私が気になったのはこの言葉です

SnapCrab_NoName_2017-5-17_1-1-26_No-00.jpg

他人の感覚を取り入れることは大切です。
ただ一つ聞いてみたいのは
Bなのか?Cなのか?
一つだけ確認できたのは
上からではないということですね。

1005241.jpg

私は青木宣親の「ボールのラインに裏から入る」この感覚が自分には合っていると感じますので、下からという感覚はあまりありません。この感覚は人それぞれでしょうからいろいろ試してみるのがいいでしょう。









フォーシームを待ちながらスプリットに手が伸びやすいのか上手く下から拾ってますね。

スタンスを伸ばし
自分を低くして
自分を傾けて
低めの落ちるボールに対応する。


ツーシーム
スプリット
スライダー

バッターが見極めやすいように感じます。
もちろん打ったバッターの技術も素晴らしいのですが、フォーシームを待って変化球だったのでちょうど腕を伸ばして打てるタイミングなのかな。マー君が日ハムの武田久くらい低い位置から投げてる感じも気になります。

マー君次はガンバレ!
posted by metoo at 01:26| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

登板前日のルーティーン



登板前日のルーティン
とても参考になりますね。

この段階で違和感があればマウンドに上がらない方がいいのでしょう。


しかし、太い腕だなぁ〜(^_^;)

posted by metoo at 16:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2本の二塁打より、1本のホームラン

量より質が重要だ。2本の二塁打より、1本のホームランのほうがずっといい。

Quality is more important than quantity. One home run is much better than two doubles.


116639.640x320.jpg


スティーブ・ジョブスさんの名言ですが

高い品質を追い求める例えとして二塁打とホームランを使ってます。



だから野球でも
二塁打はダメで
ホームランがいいんだ!
と、なっていいのか?



20150502_ichiro-560x373.jpg

左イエリッチ選手193cm
中イチロー選手180cm
右スタントン選手198cm

3000本安打のイチローは質の悪い野球選手なのでしょうか?

質が高い部分があるからこそ3000本安打が打てた。

この世界で自分が生き残るために他人とは違った質を選んだ。


この言葉はビジネスの話であって
イチロー選手の3000本安打に置き換えてはいけませんね(^_^;)


posted by metoo at 13:24| 千葉 ☁| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする