2017年04月22日

前のゴロは片手で捕る



大阪桐蔭 根尾くんの守備
この動画を見て“派手なプレー”と感じるプレーはありますか?

私は全てのプレーが
アウトを狙う最善のプレー、最適なプレーに見えます。

しかし見る人によっては
ランニングキャッチ
ランニングスローは
“派手なプレー”
基本に忠実ではないプレーに見えてしまうそうです。




誤審が話題になった二つのショートゴロですが
誤審よりも気になるのは、
横浜ショート倉本選手
・三遊間のゴロを回り込んで正面で捕る
・前のゴロを止まって正面で捕る
問題はここですよね?(^^;)


・三遊間のゴロを回り込んで正面で捕ってセーフ。
・三遊間のゴロを逆シングルで捕ってアウトを狙う。

コレと同じように

・走って止まって正面で捕ってステップして投げてセーフ。
・走りながら捕って走りながら投げてアウトを狙う。

どちらが基本に忠実なプレーなのか?
セーフになる可能性が高いプレーを推奨するのか?
アウトを狙うプレーは“派手なプレー”ではありません。

だから

SnapCrab_NoName_2017-4-22_16-1-26_No-00.jpg

内野手は前のゴロは片手で捕る

派手なプレーではなく
最適なプレーです。





もう一つ、
片手でプレーしていいのがサードです。
(ファーストも)

os-tm150520-toritani-ogp_0.jpg

両手でプレーするショートに慣れていた鳥谷選手。
片手でプレーするサードの守備に馴染んていないようです。



サードはほとんどが片手で捕るプレーです。
(ファーストも)

ショートからサードへのコンバートは距離もスピードも捕り方も変わります。
苦労しますね(^_^;)


また
ランニングスローと呼んでしまうプレーを
もっとよく観察すると

ランニングスローとは
内野手に必要な右足・右手投げのことです。




内野ゴロの前は片手で捕る
そのままの流れで
右足・右手投げ

このプレーが上手くなるほど前の守備範囲が広がり
自分の守備位置を下げることができ、
内野手全体の守備範囲が広がる、

だから試合に勝てるんです。

なにひとつ“派手なプレー”ではありませんよね(^_^;)


少年野球では片手で捕るプレーが多い子がいます。
まだ正面に入るのが怖いのでしょう。
そんな子は、
片手で捕っていいポジションに置いてあげましょう。
サード、ファーストでゆっくり時間を使ってあげましょう。
両手で捕れ!、正面に入れ!
無理に課題を見つけるよりも
9つある野球のポジション
その子にあったポジションを探してあげるのも野球です。

posted by metoo at 16:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 守る | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

明るく陽気に行きましょう♪

「お前ら気合い入れろ!(゚Д゚)ゴルァ!!」

「てめえ泣いてんじゃねーよ!この野郎!(゚Д゚)ゴルァ!!」

「てめぇら下むいてんじゃねーよ!さっさと気持ち切り替えろ!(゚Д゚)ゴルァ!!」


審判をしていて最近多くなってきたなぁと感じるのが

女性の声

そうです。

(゚Д゚)ゴルァ!! 怒号ママさんが急増してます。


女性だから男性だからというわけではありませんが

気持ちを切り替えるのは大人です。



子供が遊ぶ野球場なんですから

子供も大人も

もっと

明るく陽気に行きましょう♪



posted by metoo at 22:28| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

フルスイングとは

haw15072005030001-p1.jpg

少年野球では、昔よりフルスイングと言う言葉がよく使われるようになってきました。まだまだ全てのチームではありませんが、「フルスイングしていこうぜ!」大人も子供もこの声はとても良い事だと思います。

ただ
大きくフォロースイングをしたから?
片手でフォロースイングしたから?

npb14122612000003-p1.jpg

ヘルメットが落ちるくらい振ったから?

なにがフルスイングなの?

何がしたいかで打ち終わり方は変わりますが
打ち終わり方だけを見て「ナイス!フルスイング!」とは呼べないバッターがたくさんいます。


17125345_1658256314476200_2215275300130914304_n.jpg
例えばこの写真のように
下の二人の選手が打ち終わりました。





上は、ただ立ってただ足を上げてただ傾いてただ体重を移動してるだけ。動いている筋肉を感じません。

下は、すべての筋肉が伸びたり縮んだりひねられてるのが良くわかります。


振り終わりだけを見て
フォロースイングだけを見て
フルスイングと言えませんよね^^


打ち終わりだけに注目するのではなく

大切なのは

打つ前にどんな動作をしてるか


こっちに注目して欲しい。



フルスイングとは
バッティングに必要な
すべてのパワーを出し切って
バットを振ること



フルスイングではなく
フルパワースイングに名前が変わって欲しいです(^_^;)


posted by metoo at 17:13| 千葉 ☀| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

ツーシームを打つ練習



ツーシームの打ち方
インコースへ食い込むツーシーム

打ち方の答えは人それぞれでしょうが

技術と体力が合わさっていないと
150キロには勝てないと思います。

体幹を鍛えて素早く回る

筋肉にスピードを埋め込む

広背筋、腹斜筋、脊柱起立筋

千葉ロッテマリーンズ 清田育宏選手 ダンベルワンハンドロウイング

Yu Darvishさん(@darvishsefat11)がシェアした投稿 -


posted by metoo at 13:53| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

WBC組は今こそ休養を

SnapCrab_NoName_2017-4-19_11-1-27_No-00.jpg

WBCの悲劇。石井弘寿


世界一を目指したWBCはとても興奮する大会でしたが、想像以上に選手には負担があることが石井弘寿さんの記事から伝わります。

2013年WBCが終わった時も
WBC出場組の明暗はなぜ起きたか?
調子が上がった選手、落ち込んだ選手がいたようです。


日本ハム中田翔選手
千葉ロッテ石川歩投手
調子が上がらず二軍で調整するWBC選手が出てきました。
私はこれが大正解だと思っています。


他にも
横浜 筒香嘉智選手
ヤクルト 山田哲人選手
阪神 藤浪慎太郎投手
巨人 小林誠司捕手

一度二軍で休まれてはどうでしょうか?



ゴールデンウィークが明けて
セパ交流戦から再スタート!
9月までのシーズンを戦い抜くために
今こそ勇気をもって休養を選択してはどうでしょう。


目先の勝利よりも
ここから10年20年野球を続けるために!
WBC組は今こそ休養を!
posted by metoo at 11:19| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする