2017年10月17日

前に飛び込むように



門倉さんがカズローさんにピッチング指導をしてる中で

1:33〜
「前に前に! 前に飛び込むように!」

プロ野球選手の感覚イメージって分かりやすいですね。

踏み出した足がしっかり支えることも大事ですが
強く早く前に踏み出す力はもっと大切なのでしょう。



ターナー選手


中田翔選手

足を上げて打つ二人。
どちらが強く早く前に飛び込めるでしょうか?

二つを比べてみると
中田翔選手が上に飛び上がってる、
力が上に逃げてしまっているように感じます。

前に前に!飛び込むように!
これはバッティングにも言えそうです。

2017年03月01日
I型と逆Y型 足を上げて打つならば
posted by metoo at 11:26| 千葉 ☔| Comment(0) | 投げる | 更新情報をチェックする

マリンちゃん

546109FD-8E8A-458F-A26A-4251835FF333.jpeg

本田真凛ちゃん
千葉ロッテファンはもちろん
マリンちゃんを応援してます(^-^)
posted by metoo at 01:51| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

クライマックス泥試合

wst1710150035-p3.jpg


spo1710160003-p1.jpg






2017年10月15日(日)
セ・リーグクライマックス 第一戦
横浜-阪神 甲子園球場

歴史に残る泥試合でした。

選手の皆さん
ファンの皆さん
阪神園芸さん
お疲れさまでした m(__)m



SnapCrab_NoName_2017-10-16_15-51-13_No-00.jpg
この試合の雨も関係してしまいますが
リーグ戦終了からクライマックスまで間隔が開き過ぎではないでしょうか。

ファーストステージ
10月14日〜16日
セカンドステージ
10月18日〜10月23日
ドラフト会議
10月26日
日本シリーズ
10月28日〜11月5日

シーズン試合はダブルヘッターありにしてシーズン終了日を早めて、クライマックスまでの間延びする時間を減らした方が面白いかもしれませんね。



ふざけてるとは感じませんが
雨天順延、延長戦、再試合
いろいろ考え直すことがありますね。

少年野球でも上部大会に進むチームをくじ引きで決めなければいけない場合があります。土日が四週間連続で雨天中止になってしまえば仕方がないことです。


とりあえず来年のクライマックスシリーズから
このルールをつけたしましょうか

【ドーム球場での開催を義務付ける】

こっちの方がふざけたルールですよね(^^;)

posted by metoo at 16:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

2017年最強右打者



いいですね!浅村選手!
浅村選手の背中の動きが好きです。

ひそかに西武ライオンズ日本一を応援してます(^^)/


日本人野手はメジャーでは通用しないから・・・だからと言って誰もメジャーに挑戦しないのはちょっと残念です。井口や西岡、中島みたいに戻ってきてもいいんだから、どんどん内野手もメジャーに挑戦して欲しい。失敗しても、何かをつかんで帰ってきて、日本全体がよくなればいいんだから。戦う前からあきらめている姿勢は良くないです。「ちょっくらメジャー行ってダルビッシュからホームラン打ってくるわ!」そんな選手がいたら私は応援しちゃいます。
浅村選手、行っちゃいませんか?^^


2017年右打者ジャパン

一番 菊池
二番 坂本
三番 浅村
四番 山川
五番 鈴木誠也
六番 内川
七番 宮崎
八番 會澤
九番 松本剛

posted by metoo at 18:07| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

打撃10ヶ条 2017年

1、決断
バッターボックスに入る前に何を打つのか、どんな作戦があるのか、しっかり決断しておく。
思考ボックス、決断ライン、実行ボックス

2、後ろ足
後ろ足の位置を決める。
いつも通りの立ち位置にしっかり足場を作る。

3、ホームベースまでの距離
バットでホームベースとの距離を確認。この時にバットのマークも確認(ビヨンド系の子は特にバットマークに注意)

4、ピッチャーを見る
ピッチャーはバッターと正対しないと投げれません。ピッチャーを見て投球イメージして、変化球があるならば次に何を狙うかを決める。

5、リラックス
背中や股関節をストレッチしたり、腕を伸ばしたりしてリラックス。ピッチャーの投球動作と一緒にバッターも構えましょう。

6、シンクロ
ピッチャーとのシンクロ

7、ロード
上半身の捕手側への動き
アップ&スイング

8、ストライド
下半身の投手側への動き
ロード・ストライドでセパレイション(ワレ)
踏み出す足を広げる動きだけで、体重は後ろ足に入りすぐに前足に移動できます。

9、両足でスイング
踏み出した足が着地してからスイング
自然と前足が軸足になってしまうイメージ。

10、バットを投げない


2017年01月05日
打撃10ケ条

この時に考えた打撃10ヶ条を私なりに真似してみました。


体重移動や体の使い方、打つ瞬間を分析して分かることもたくさんありますが、バッターボックスに入る前から打ち終わるまでを小学生には教えても良いのではと考えました。ピッチャーがボールを投げる動作をしてからバットにボールが当たるまでは約1秒くらいですが、その5秒前、10秒前からを考えてみました。子供達はホームベースからめちゃくちゃ離れた位置に立ってます、何を狙うか全く考えずに打席に入ります。インコースを狙うのか高めを狙うのかを狙い球を決断し、いつも同じ位置に立ち、相手投手の動作に自分の動作をシンクロして、ボールを強く打つために体をフルスイングする。いろんな事をこの10ヶ条に詰め込んでみました。球審をしてると振り終わったバットが弁慶の泣き所に飛んできます。最後の「バットを投げない」はみんなに守って欲しいお願いです^^


以上を頭に入れながらメジャーリーグやプロ野球の試合を見てみると、ほぼ全員がこの10ヶ条をやってます。

何を打ちたいか、どこへ打ちたいか、どうやって打ちたいか
最適なフォームは目的によって変わってきますが
この10ヶ条はフォームというよりは
誰でも使える共通なスタイルとして考えています。
体が大きいプロ野球選手でも
野球を始めたばかりの小学生でも
多くの野球選手が使える10ヶ条スタイルです。




バッターボックスに入る前から打ち終わるまでのジータ選手。
みんなで好きな選手を真似してみてはどうでしょうか。

バッティングフォームはもちろん大切ですが
バッティングスタイルにも注目してみましょう。

もし自分にはこの10ヶ条スタイルは合わないなぁと感じたら
どんどん最適なスタイルへ進化させてくださいね。
posted by metoo at 14:20| 千葉 ☔| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする