2019年06月12日

グラブを叩いての投球

全日本軟式野球連盟

2018野球規則改正に伴う規則適用上の解釈解説

SnapCrab_NoName_2019-6-12_13-35-24_No-00.jpg

そういえば全軟連も2019年から走者がいればボークでしたね。


学童もボークでいいのかな?

小学生でも自然とグラブを叩いて投げる子はたくさんいます。

確認してみようっと。


posted by metoo at 13:41| 千葉 ☁| Comment(3) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

ひざは投手に向かう方が基準となる

2017kukakusutoraiku.jpg


定義74 STRIKE ZONE「ストライクゾーン」〈2.74〉− 

打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。

このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。


公認野球規則にはこうあります。



しかし、高校野球の手引きにはこうあります。

平成25年度 高校野球の手引きより

SnapCrab_NoName_2019-5-31_10-17-18_No-00.jpg

B 各打者の低めを決めるひざは、右打者なら左ひざ、左打者なら右ひざ、投手に向かう方が基準となる。





ストライクゾーンの低めを説明するときに「前ですか?後ろですか?どっちのひざですか?」って子ども達に聞かれます。


201807060000123-w1300_0.jpg

高校野球は前のひざ

足を上げて動いている方のひざで決めるんだぁ。

そうなんだ・・・覚えておこう。




posted by metoo at 10:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

こういう能力

ump01.jpg

走者二塁

この場面から

カキーン!

センターの後ろに大きなフライを打ちました。


ボールが飛んでいきます

野手9人が動きます

走者が走ります

打者も走ります


fly001.jpg

これは私のイメージですが、こんな感覚でボールから一瞬だけ目を切る「チラッ」の瞬間で、野手、走者、審判がどこへ動いているのか情報収集が出来るように取り組んでいます。(捕球を見ないで触塁を優先するケースもあります)

いろんな方に質問してますが、どれが正解とは決まっておらず、打球によって、状況によって、見る位置によって、様々な動きがあるのでしょう。



そこで必要となってくる能力が

ump02.jpg

四人の審判が浮かび上がって見えるような能力。



ボールの動き

野手の動き

走者の動き

そこに

四人の審判の動き


プレイ + 判定をする審判

このセットでイメージ図を動かす


ある程度のプレイを予測をしながら臨機応変に対応できる準備





野球の行きつくところは審判じゃないか・・・

そのくらい難しくて面白い世界です(*'▽')



posted by metoo at 17:51| 千葉 | Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

頭を整理




このプレーを球審の立場から整理して考えてみると

1)目の前で起きたプレーを判断する。
 この場面はホームスチールのジャッジ。
 ・アウト、セーフ、コリジョン(走塁妨害)、打撃妨害+ボーク
 (必ずどれかは判定しなければいけません)

2)自分の目では見えなかった部分を塁審に確認する。
 この場面では、プレートを外していたか、外れていなかったか。
(自分からタイムをとり四氏協議をします)
 ・プレートを外していれば送球となり、アウト、セーフ、コリジョン。
 ・プレートを踏んでいれば投球となり、打撃妨害+ボーク。






四氏協議の結果、アウトを取り消し、
プレートを踏んでいた投球として、打撃妨害+ボークへ変更。

四人の審判の連携による見事なファインジャッジだと思います。


実際にグランドではスローモーションでリプレー映像など見れません。
一瞬でこの判断ができるように頭に焼き付けておこうと思います。



この場面、私が球審だったら
ホームスチールの判定で「タイム!オブストラクション!三塁走者ホームイン!」ここから四氏協議でプレートを踏んでいたかを確認し「ピッチャーはプレートを踏んで投球していたためオブストラクションを変更し、三塁走者はボークによってホームイン、打者は打撃妨害によって一塁へ、1点入り二死一塁からプレーを再開します」こういう変更もあっていいかもしれません。

ご意見、ご助言をお待ちしております。


posted by metoo at 12:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

GJ

走者二塁
三塁線を抜けるゴロ
3Bがフェアジャッジを出しボールの行方を追いかけた
2Bだった私は二塁走者の三塁触塁を確認
チラッと二塁ベースを振り返るとがら空きだったので急いで戻り打者走者ギリギリセーフの二塁打

「グッジョブ!グッジョブ!」

3Bの国際審判員さんが手を叩いて私を見ていましたが、この時の私はまだなにがグッジョブなのか分かりませんでした。


試合後の反省会で質問したところ、
三塁線を抜けたゴロは投球練習してる捕手やボールボーイが拾ってしまうケースがあるのでボールから目を離せない、そこで2Bが二塁走者の三塁触塁確認してもらうことが出来ていた、さらに1Bがリミングで二塁ベースに入るところだったが空いていたためすぐに戻って二塁でのプレーに備えたこと、この動きがグッジョブだと教えてもらいました。


この動きは審判メカニクスには書いてありません。

メカニクスだけで動いていれば、二塁ベースの判定は誰も出来ませんでした。

これがメカニクスには書いてないアジャストだったんです。

「私はメカニクス通りに動いたけど、1Bが動かなかったから反省してください」

これでは審判をしていて楽しくありませんよね。

誰かがミスをしても誰かがカバーしやすいのが四人制審判でしょう。


この試合で私は審判のグッジョブを知らないことが分かりました。やらなければいけないメカニクスばかり勉強して、やってはいけないNG(ノーグッド)ばかりを頭に叩き込み、GJ(グッジョブ)が何かは全く考えていませんでした。これって野球の指導も同じですよね。


私は試合後の反省会をしないタイプです。選手のミスは指導者の反省材料です。選手に反省させるのではなく指導者が反省をするのが当然、選手に責任をなすりつけるのではなく、今すぐにグランドに帰って、今日の試合で出来た事、出来なかった事を再現リプレーしながら、グッジョブを覚えてもらいたいタイプです。


一人ずつ反省を語り合う時間、グッジョブを見つけて教え合う時間、私に限ったことかもしれませんが、記憶に強く残っているのはグッジョブです。次の試合からグッジョブをどんどん探していこう私は考えるようになりました。



例えばこの動画はグッジョブだらけです。

みんなで失敗を反省を探すよりも、みんなでグッジョブを見つけて楽しむのが野球ではないでしょうか。


「私はちゃんとしてる、君は間違ってる、だから失敗した」

この考え方は違いますよね。

「君が失敗しても大丈夫だよ!オレがカバーする。だからオレが失敗した時はみんなで頼むね!^^」

野球ってこういうことが楽しいんですよね。


グッジョブ

GJ


いい仕事をした、いい動きをした、いい野球をした


私もそうですが、実は選手達は子供たちは、グッジョブを教わっていない、なにがグッジョブか知らないんです。


次の試合から反省会をやめて、グッジョブミーティング(GJM)を始めましょう!


2017年05月19日 プロでもあるんですね

メカニクスには書いてないグッジョブ、どんどん探していこうと思います。



posted by metoo at 00:32| 千葉 ☀| Comment(4) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

ツーストライクからの誤審

resize-GettyImages-520918556.jpg

メジャーリーグ11シーズン・400万球分の投球データを分析して審判がどれだけ正しくジャッジできているのかを分析した結果

先日の記事をGIGAZINEさんが訳してくれてます。


ここで注目したいのが、どのカウントで誤審が多く発生してるか。

Screen-Shot-2019-04-04-at-3.27.47-PM.png

2018年の誤審率は右下にある9.21%でした。

これを2ストライクだけで見てみると21.45%なのが下の図。

s04_m.png

2ストライクになると5球に1球はストライクなのにボールと誤審してます。





DELTAさんのTwitterでも結果がでてますが、2ストライクと、0ストライクではストライクゾーンの大きさが全く違いますね。



先輩審判さんによく言われることですが

「0ボール2ストライク、3ボール0ストライク、このカウントでストライクゾーンを変えちゃダメだよ。その次から判定がぶれるよ」


これはその通りで
(あれっ?!このコースと高さはさっきボールにした?今度はストライク?)
誤審をしてしまうと、その次の球を迷ってしまいぶれてしまうことに繋がってしまいます。



誤審をしてしまう原因の一つは

「かわいそうだから」

バッターの見逃し三振は・・・
ピッチャーの四球は・・・

情けをかけてしまい「かわいそうだから」を感じてしまうと、ストライクゾーンがぶれてしまいます。

0-20で負けてるチーム、ストライクが入らない初心者投手くんなども、かわいそうだからストライクゾーンを広げてしまう。一つの誤審がまた次の誤審につながり、ストライクゾーンがなんだかわからなくなってしまう。


人間だからミスは起こる

そこに甘えてはいけないのでしょう。



わざと3ボール0ストライクにして、球審のストライクゾーンを広げてから攻めるバッテリーもいます。

0ボール2ストライクに追い込んでも、見逃し三振をとらない球審なら球数が増えるだけとなってしまいます。



0-2から見逃し三振も内野ゴロアウトも一緒。
3-0からストレートの四球もセンター前ヒットも一緒。

余計な感情は捨てなければいけませんね。





posted by metoo at 16:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

誤審率








resize-GettyImages-520918556.jpg

MLB Umpires Missed 34,294 Ball-Strike Calls in 2018. Bring on Robo-umps?


Screen-Shot-2019-04-04-at-3.27.47-PM.png

ミスは減っているけど、それでも9.21%も間違ったコールをしてるのが現状なんですね。

10球に1球間違っているとしたら、1イニング20球で2球も違っているんだぁ・・・


strike-zone-graph.jpg

低めよりも高めの方がミスが多いですね。

SnapCrab_NoName_2019-4-24_13-57-10_No-00.jpg

頑張ろうっと(*^^*)

posted by metoo at 13:51| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

5.07(d)塁への送球【注】踏みかえる

グランドでよく質問されるのがやはりボークについてです。
その中でも多く聞かれるのがプレートを外さない牽制球についてです。

まずボークの前に、公認野球規則の投球動作についておさらいします。

5.00試合の進行
 5.07投手
 (a)〜(f)まで

正しい投手の動きについて書かれています。


6.00反則行為
 6.02投手の反則行為
 (a)ボーク
 (b)反則投球
 (c)投手の禁止事項

反則の方向から説明が書かれています。



・正しい方向から
・間違った方向から
二つの方向から投手のルールが書かれています。


では「プレートを外さない牽制」とはどこに書かれているのでしょうか。


=========

5.07(d)塁への送球

 ピッチャーが準備動作を起こしてからでもバッターへの投球に関連する動作を起こすまでなら、いつでも塁に送球することができるが、それに先立って送球しようとする塁の方向へ直接踏み出すことが必要である。

【原注】ピッチャーは送球の前には、必ず足を踏み出さなければならない。スナップスロー(手首だけで送球すること)の後で塁に向かって踏み出すようなことをすればボークとなる。

【注】ピッチャーが投手板を外さずに1塁へ送球する場合、投手板上で軸足が踏み変わってもその動作が一挙動であれば差し支えない。しかし送球前に軸足を投手板の上で一旦踏み変えた後に送球すれば、軸足の投手板上の移行としてボークとなる。

=========

・送球しようとする塁の方向へ直接踏み出すことが必要である。
・スナップスロー(手首だけで送球すること)の後で塁に向かって踏み出すようなことをすればボークとなる。

この二つのルールはわかりやすいのですが、
問題はこの次の【注】です。


【注】
@ピッチャーが投手板を外さずに1塁へ送球する場合、投手板上で軸足が踏み変わってもその動作が一挙動であれば差し支えない。

投手板上で軸足がふみかわる
この動作が一挙動であればOK!


とあります。
プレートの軸足が踏みかわる動作が一挙動であればOKだとあります。


Aしかし送球前に軸足を投手板の上で一旦踏みかえた後に送球すれば、軸足の投手板上の移行としてボークとなる。


この一行の意味が「プレートを外さない牽制球」をとても難しくしています。


ここからは私の解釈となります。いろいろな意見がありますのであくまでも個人的な意見として書かせていただきます。


プレート上で軸足が踏みかわるのはOKなんです。
しかし、軸足の投手板上の移行
この意味を
プレート上で軸足が大きく移動した場合

踏みかえたとは見えない

もう少し自分の言葉にしてみると

踏みかえる、ではなく、踏み出した場合ボークとなる。

この一行をそう解釈しています。



pickoff1B.jpg

図にしてみるとこういうイメージです。


naito-Opt.gif

動画にしてみるとこういうことです。



この動画を見て、軸足を踏みかえてる、いやいや踏み出して投手板の上を移行してるよ! それを解釈するのはそれぞれの審判員さんによって変わってくるでしょう。厳しい方もいるし、そんなの気にしない、という方もいらっしゃるでしょう。



ちなみにですが
2018年05月07日 牽制球のルールは二つしかない でも。。。

こちらにも書きましたが、MLBには【注】の一行はありません。
2019年offcial rules

SnapCrab_NoName_2019-4-17_12-40-21_No-00.jpg

5.07(d)塁への送球【注】は日本だけのルールです。






アメリカの牽制球は踏み出すだけでOKです。
わかりやすくていいですよね。



じゃ〜子ども達にはどう指導したらいいのか?

あの審判はあ〜で、この審判はこ〜で、そっちの大会はそ〜で、審判によって大会によって子ども達を悩ませてはいけません。

いろんな審判の方達に5.07(d)の解釈と指導方法を聞いて回りましたが

1:投げたい塁の方向へ直接踏み出す
2:一挙動
3:軸足があった場所で踏みかえる

この三つさえ押さえておけば高校野球まではOKだろう、というのが今の私の見解です。もしそれでもボークをとられた場合はどの規則が適用されたボークなのか、審判さんに確認できますので聞いてみましょう。





あくまでも個人の解釈です。

ご自身が加盟する団体でしっかり確認をしてから試合にのぞみましょう。

posted by metoo at 12:50| 千葉 ☁| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

定通

センバツ大会
あの甲子園で、あの大声援で、あの緊張感の中で
あの舞台で審判が出来るってすごいなぁと尊敬しながら見ています。

予測、位置取り、ストップ、セット、確認、コール

すごい技術だなぁ〜



甲子園大会の審判とは行きませんが

これから少しずつ、

高校野球審判への道のりをブログにしていこうと思います。



news_image.png

高野連の審判と聞くと真夏の選手権大会を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、そこに立つためにはしっかりとした下積みがあります。


「定通」(ていつう)





定時制通信制軟式野球大会

これを略して「定通」と呼ぶようです。


まずは「定通」から高校野球審判の土台をしっかり学んでいきます。



高校野球には3つの野球に分かれています。

「定通」

「軟式」

「硬式」

ルーキーの私は「定通」からスタートです。
ここから経験を積み重ねて次は「軟式」へ進み、何年後になるかわかりませんが「硬式」の舞台まで進めたらと思ってます。



高校野球を「硬式」だけだと思ってる方が多いでしょう。

硬式だけでなく、軟式もあるし、定通もあるし

12158763.jpg

先日、イチロー選手と対戦した坂本工投手は大学の準硬式野球出身でしたね。


高校野球っていうとまず甲子園のイメージになりますが「硬式以外の野球もこの国では楽しめるんだよ!」「プロになるには準硬式でもいいだぜ!」そんな考えも頭の片隅にあるといいかもしれませんね。


今日は審判小道具を一つご紹介します。

IMG_7327.jpg

ベテラン審判さんはもう使ってる方も多いと思われますが、

スポーツベルトです。

シャツがズボンから出るのを防いでくれます。


球審をしていて背中からデロ〜ンとシャツが出てるとかっこ悪いですよね^^
これを使い始めてからシャツデロ〜ンがなくなりました。
便利ですよ!



昨日はマクドナルド大会へつながる市内大会の決勝戦の球審をさせていただきました。どちらのチームも懸命な姿で素晴らしい試合、ウルウルしながら審判してました。勝利至上主義はダメだ!この意味はわかりますが、勝つことが全て悪ではありません。子ども達の目が輝いていたり、目標に向かって頑張る姿は何も間違っていないと思いました。正しい野球とそうでない野球の線引きをどこで作ってあげればいいのか。夢中になり熱くなってしまう試合の中に、子ども達の健康を守る規則をしっかり作ってあげた方が指導者も審判も動きやすいのではと感じました。

posted by metoo at 18:55| 千葉 ☁| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ボール→ベース→自分

5 つのキーポイント
@ 止まってみる
A 角度をとる
B ボールとプレイを常に自分の正面に
C 判定を急がない
D 待ち受ける

審判マニュアルなどを読んでいると5つのポイントをよく目にします。


その中の一つ

ボールとプレイを常に自分の正面に

ウォッチ ザ ボール
チェスト ザ ボール

いろいろ言い方もあるようですが
私は自分にこう言い聞かせて動くようにしてます。


ボール → ベース → 自分

chestball.jpg

この位置にいることでベース上で起こるプレイには対応しやすくなると考えています。

ボール → 自分 → ベース

もしボールとベースの間に自分がいてしまうと、自分の背中で起こるプレイは見えませんよね。



この考えがあることによって、一塁審判の動き、リミングとピポットの使い分けが説明しやすくなります。

19022101.jpg

三塁線への打球はリミングで

19022102.jpg

センター方向の打球はピポットで

ゴロで抜ける、ライナー、フライで飛ぶ打球などにもよるでしょうが、

ボール → ベース → 自分

このラインに入る意識があれと、ベース上で起こるプレイに背中を向けることがなくなります。


二塁審判、ライト線、レフト線への二塁打コースもそうですね。

19022103.jpg
ライト線への二塁打、二塁審判

19022104.jpg
レフト線への二塁打、二塁審判


他にも注意すべき点はいろいろとありますが、いい角度と距離が自然と捕りやすい動きをこれからも考えて探していこうと思います。

アドバイス、ご助言がありましたらよろしくお願い致します。





ボールじゃなくて審判さんの動きだけを追ってみましょう。
足が速そうな審判さんは一人もいませんが^^
いい位置(距離と角度)へ走り込んでますね。

posted by metoo at 18:57| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

規則について考える



このプレーによってどんな規則を作らなければいけないのか?
作られた規則を選手にしっかり指導しなければいけませんね。



2月と言えば審判講習会です。

北風が体の芯までしみわたる中、今週は市の講習会、来週は県の講習会、来月は大人の講習会、しっかり学んで来ようと思います。



審判講習会でいつも感じるのは、審判だけが野球規則を学ぶのではなく、指導者も選手も勉強会などを開き野球の規則を学ばないと上の動画にあるようなケガが起こってしまいます。




なぜこの規則があるのか?
この規則はなんのためにあるのか?
どうしてこの規則を作らなければいけなかったのか?

調べていくと「曖昧」な部分がたくさん野球にはあることが気が付きます。


例えばストライクゾーンです。

定義74 STRIKE ZONE「ストライクゾーン」〈2.74〉− 
打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。
このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。


この打つための姿勢ですが2014年と2015年でストライクゾーンの図が入れ替わってます。

2014strike.jpg
2014年MLB 規則

2015strike.jpg
2015年MLB 規則


日本の規則書も同様です。

st-npb.jpg

2018str.jpg
2018年公認野球規則より

ある時期を境に、打つための姿勢の画像が入れ替わってます。

どちらが正しいか、新しい方が正しいストライクゾーンか、そう考えるのではなく、平林さんのストライクゾーンの解説を聞いてみましょう。



st00.jpg

st01.jpg

st02.jpg

100人球審がいたら、100通りストライクゾーンがある。

あの球審は低めが広い、この球審はアウトコースが広い

ストライクゾーンは審判員によって、連盟によって、地域によって、作り変えていい。

それが野球だと考えています。


「審判なんてAIにやらせておけばいいんだよ!」

いつかそうなる日がくるかもしれませんが、

野球の規則って曖昧な部分も楽しめるのではと最近思います。



相撲は足が出たか出なかったか。

テニスはボールがラインに触ったか触らなかったか。

野球は、ホームベースに触るのが先か、キャッチャーがタッチするのが先か、実際に両者とも触れているのか?そんなのスロービデオで見ても正確に分かるわけありませんよね。


曖昧を許せるか?絶対に許すことができないか。



もうちょっと、ほんわかして野球を楽しんでもいいのではないでしょうか^^






もちろんここまできっちりやらなければいけない・・・その先の話ですが。

posted by metoo at 19:13| 千葉 ☔| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ワインドアップポジション プレートの前縁とは?







ストローマン投手の投球姿勢
これはワインドアップポジションになります。

19013101.jpg

これはMLBやNPBではOKです。




しかし、アマチュア野球では・・・


5.07(a)
(1)ワインドアップポジション

【注1】アマチュア野球では、投手の軸足および自由な足に関し、次のとおりとする。
@ 投手は、打者に面して立ち、その軸足は投手板に触れて置き、他の足の置き場所には制限がない。ただし、他の足を投手板から離して置くときは、足全体を投手板の前縁の延長線より前に置くことはできない
A 投手が@のように足を置いてボールを両手で身体の前方に保持すれば、ワインドアップポジションをとったものとみなされる。


19013102.jpg

アマチュア野球ではこの図の位置を守らなければいけません。


プレートの前縁より前に自由な足があるとセットポジションに見えてしまうからだったかなぁ・・・つま先の向きがなんたらかんたら・・・去年どこかで耳にしたけど忘れてしまいました^^

私もよくわかっていないので2月3月の講習会で質問してみようと思います。




一球目はワインドアップ
二球目はセットポジション
っていうことなんだろうね。


posted by metoo at 18:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

四国アイランドリーグ審判部さん




NPBからのお知らせ
2019年1月28日
2019年度 野球規則改正


四国アイランドリーグ審判部さんのyoutube通り、MLBで2018年に改正された内容と同じでした。

・走者となったピッチャーの上着
・ボールがユニフォームに入る
・フェアボールの定義
この三つは改正されませんでしたね。


四国アイランドリーグ審判部さんが、それぞれの規則改正を一つずつyoutube動画で解説されています。こちらを見ながら私も改正内容を確認しようと思います。



HlMVF8oP_400x400.jpg

四国アイランドリーグplus審判部さんのツイッターです

審判ルール問題を出してくれたり、NPBを目指す若者を募ったり、メジャーの審判に挑戦する若者、審判に関する最新情報が発信されています。


日本の野球規則を学ぶにはメジャーの規則と照らし合わせることも大切だと思いました。また、なぜこの規則が生まれたのか、そこを理解しているとグランドに立ち監督や選手からアピールがあった時に落ち着いて説明ができますね。

四国アイランドリーグ審判部さんから学ぶことはこれからもたくさんます。これからも審判活動を応援してます!


posted by metoo at 12:10| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

走者三塁でよく間違える

18122401.jpg

四人制メカニクス
走者三塁 
ノーアウト
ワンアウト
レフトからライトまでの打球を二塁審判が追い掛けた場合

PL:本塁でのプレイに備える(ステイ)
1B:内野内に移動(ピポットターン)またはリミングによって、打者走者の一塁触塁を確認し、一塁二塁でのプレイに備える。
2B:打球を追い、その行方を確認・判定後、無礼が一段落するまでその場に留まる。
3B:三塁走者のタッグアップを確認し、三塁でのプレイに備える。



これを頭に入れて動いているのですが、
間違えるのはツーアウトの場合。

IMG_6509.jpg

ツーアウトの場合
2B:二塁審判は無走者の時と同じポジションをとることができる。

3B:その場合は、三塁塁審の責任および動きは、打者走者の二塁三塁でのプレイに備えるに変わる。

1B:一塁塁審は打者走者の一塁でのプレイにだけに責任を持つことになる。

審判メカニクス ハンドブック第5版より
これを図にしてみます。

18122402.jpg

この時に起こったミスです。

・三塁審判と一塁審判の二人が二塁でのプレイを判定しそうなケースがあった。

・反対に、三塁審判が中に入ってこない場合があったので、オレンジのライン 念のためピポットターンで中に入りもし二塁が空いた場合に備えるようにした。

・三塁塁審が中に切れ込んだのを見て、赤いXのように球審が三塁ベースをカバーに走ってしまいホームががら空きもありました。



走者三塁

ノーアウト・ワンアウト

ツーアウト

二つの動き方の違いをしっかり頭に入れておこう。

そんな審判講習会でした( ..)φメモメモ


団体によってフォーメーションが異なる場合がございます。
ご自身の地域でご確認ください。



posted by metoo at 16:25| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

間違えやすいルール

dkbnhr.jpg

外野手が飛球を捕ってスタンドに落ちた

ドカベンのこのシーンを覚えていたので
昨年までずっとホームランだと思ってました。

しかしコレは間違いだったんですね。

続編の「スーパースターズ」編では同様のプレイをホームランに書いてるそうです。
ドカベンWikipediaより




打者呆然、敵地ファン騒然…メジャーで本塁打阻止の驚愕キャッチ

捕球後にスタンドに落ちても判定はアウトです。


このケースで
もう一つ間違えやすいのは
走者がいた場合です。


外野手がフライを捕って、
3アウトだと勘違いしてスタンドにボールを投げ入れたら
安全な進塁は2つですが

飛球を捕ってスタンドに落ちた場合は
安全な進塁は1つです。

投げたら2個で
落ちたら1個

この違い、よくわかりませんよね^^



もっとよくわからないのは

飛球を捕ってスタンドに踏み込んだら1個

ゴロを捕ってスタンドに踏み込んだら2個

この違いも、よくわかりませんよね^^



IMG_6135.jpg

わかりやすくまとめてくれた表がありましたので貼っておきます。

規則なのでしっかり覚えるしかありません。


posted by metoo at 15:12| 千葉 ☁| Comment(4) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

ホームランに走塁援助なし



最終回サヨナラホームランの場面で
ホームインする一塁走者と背番号2番が抱き合いました。

18102201.jpg


これは私達地域の少年野球連盟では走塁を援助したとしてアウトになってしまいます。


6.01(a)
(8)3塁または1塁のベースコーチがランナーに触れるかまたは支えるかしてランナーの3塁または1塁への帰塁あるいはそれらの離塁を肉体的に援助したと審判員が認めた場合。


しかし、このプレーはアウトではありませんでした。

球審がこのプレーについて説明してくれてます

「肉体的援助にあたりませんので試合終了とします」

つまり、ホームランはボールデッド状態なので、ランナーがベースコーチや他の選手と接触しても肉体的に援助とはならない。

高野連はホームランは接触しても問題ないそうです。



高野連の規則をおさらいします。

高校野球審判の手引き(平成29 年度)
【マナーの向上について】
C 本塁打を打った打者の出迎えはしない。
D 喜びを誇示するような派手な「ガッツポーズ」等は相手チームへの不敬・侮辱につながりかねないので慎む。

平 成 30年 「 周 知 徹 底 事 項 」
2 マナーについて
C 本塁打を打った打者の出迎えはしない。
D 喜びを誇示する派手な「ガッツポーズ」などは、相手チームへの不敬・侮辱につながりかねないので慎む。


マナーの向上を指導されていますが、ペナルティーはないようです。


ということは・・・・・

高野連の事例ができましたので・・・・・

2017年05月12日 私が少年野球で変えたいルール

子供たちも、三塁ランナーコーチのホームランでハイタッチOK!かな^^

もちろん

相手チームへの不敬・侮辱につながりかねないので慎む。

ここはしっかり指導しなければ、ですが。



posted by metoo at 22:36| 千葉 ☀| Comment(4) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

代打の時間



ハンター・ペンス選手がSFジャイアンツ最後の試合。

審判もキャッチャーもバッターボックスを離れ、スタンディングオベーションの時間を作ってます。


ここまでの時間ではありませんが
私も似たようなことを少年野球でしています。

「○○チーム 選手の交代をお知らせします。1番△△くんに変わりまして代打◇◇くん」

このアナウンスが終わるまでホームベースをはいたりして、代打くんがバッターボックスに入るまでプレーをかけないようにしてます。すぐにバッターボックスに入って初球打ってアウトではせっかくのアナウンスが途中で途切れてかわいそうですからね。



これは高校野球を見て真似するようにしました。



ホームベースを綺麗にしながら、スタンドのお客さんにしっかり代打アナウンスが流れ終わるタイミングでプレーをかけています。優しい球審さんですね。

試合時間を短縮する部分もありますが、選手のためにファンのために、ゆっくり時間を使ってあげる部分も大切ですね。

posted by metoo at 01:43| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

タイムプレイが2点目だった時のシグナル

今年の夏、話題となった奈良大府のタイムプレイについて調べてみました。タイムプレイの説明についてはこちらが勉強になります。



天理 7-9 奈良大府
9回表 天理の攻撃
ツーアウト満塁
センター前ヒット
三塁ランナーホームイン
二塁ランナーホームイン←(タイムプレイ)
一塁ランナーサードタッグアウト←(スリーアウト)

天理が2点を返し9-9の同点かと思われましたが

SnapCrab_NoName_2018-9-6_16-34-47_No-00.jpg

球審は1点を本部席に向かってシグナルしてます。
2点目が入らず1点のみ、8-9で奈良大府は優勝したと思い喜びました。

ところがこの1点はタイムプレイの1点で、センター前ヒットのプレイ全体では2点が入ったとアナウンスがあり同点で延長戦になりました。


このジャッジについて知り合いに聞いて回りましたが、タイムプレイは第三アウトとホームインのどちらが早いかをジャッジするので、タイムプレイの得点は1点かノースコアしかないのでこの球審のシグナルは正しい!の意見が多かったです。

しかし、調べてみると違いました。

umpire_manual_3.gif
いつものこの本に書いてありました。

IMG_5277.jpg

〜〜〜〜〜〜〜
例題
攻撃側は1点を得点し、なおもツーアウト満塁。打者はライト線にヒット。しかし、一塁走者は三塁でタッグアウトになった(スリーアウト)。このアウトよりも前に三塁走者と二塁走者は本塁に触れていた。この場合、球審が出すシグナルは、3点(タイムプレイの前のプレイでの得点1を含める)、2点または1点(タイムプレイの判断基準となった得点のみを示す)いずれか?


答えーーー
タイムプレイにおける審判員の得点を示すシグナルは、「タイムプレイが起きたときの一連のプレイにおける得点、つまり例題のケースでは2点を示す。」
〜〜〜〜〜〜〜


奈良大付のタイムプレイのシグナルは、
1点ではなく2点が正しかったようです。



他の地域で規則が異なる場合がございます。必ずご自身の所属団体でご確認をお願いします。
posted by metoo at 16:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

三人制メカニクス

IMG_5008.jpg

寝る前にちょっとずつ三人制を覚えようとしてますが
なかなか頭に入ってきません(^^;)


こんな時はyoutubeで検索

「umpire three man mechanics」





これいいね!^^



[PDF]審判メカニクスハンドブック 【3人制メカニクス】2017年
posted by metoo at 01:17| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

打撃妨害 + ボーク

6.01(g)〈7.07〉スクイズプレイまたは本盗の妨害

三塁走者が、スクイズプレイまたは盗塁によって得点しようと試みた場合、捕手またはその他の野手がボールを持たないで、本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れたときには、投手にボークを課して、打者はインターフェアによって一塁が与えられる。この際はボールデッドとなる。

【注1】捕手がボールを持たないで本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れた場合は、すべて捕手のインターフェアとなる。

特に、捕手がボールを持たないで本塁の上またはその前方に出た場合には、打者がバッタースボックス内にいたかどうか、あるいは打とうとしたかどうかには関係なく、捕手のインターフェアとなる。また、その他の野手の妨害というのは、たとえば、一塁手などが著しく前進して、投手の投球を本塁通過前にカットしてスクイズプレイを妨げる行為などを指す。

【注2】すべての走者は、盗塁行為の有無に関係なく、ボークによって1個の塁が与えられる。

【注3】本項は、投手の投球が正規、不正規にかかわらず適用される。

【注4】投手が投手板を正規に外して走者を刺そうと送球したときには、捕手が本塁上またはその前方に出ることは、正規なプレイであって、打者がこの送球を打てば、かえって打者は守備妨害として処置される。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このルールを忘れていました(^^;)

もう一度、頭に入れなおします。





この動画の球審は誤審です。


この動画の球審も誤審です。

正しくは

三塁走者はホームイン ← ボーク
打者は一塁へ ← 捕手の打撃妨害


打撃妨害 + ボーク

次は間違えないように!

posted by metoo at 23:39| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

エンドランクロック




MLBの審判でもミスがあるんですね。


一塁審判、走者一塁からのヒットエンドラン。
「エンドランクロック」と呼んで自分でも特に気をつけるようにしてますが間違えやすいですね。


2017年05月19日 プロでもあるんですね

16041302.jpg



私も昨日の少年野球決勝戦の審判でとんでもないポカをやってしまいました。自信を無くすけど、落ち込むけど、しっかり反省して前に進む。

審判も同じですね!





話は変わりますが夏の甲子園大会。

第一試合 7時
第二試合 9時30分

12時〜15時 休憩

第三試合 15時
第四試合 17時30分

第100回より大切な人の命。

気温が3度高い12時から15時をみんな休憩時間にしてみては・・・

何か変えなければいけませんね。




高校野球を観ていると、5回裏だけだったグランド整備を3回裏と6回裏にしたんですね。選手、審判の休憩時間にしたのはいいですね。

昨日、少年野球でも3回裏(もしくは1時間)にグランド整備水撒きを入れることを試しました。わずか5分でも体を冷やす時間をもらえると審判はとても助かりました。またイニング交代時のベンチから選手の追い出しは、必ず水分を捕ってから守備につかせるなどもやってみました。

今グランドで出来ることはすぐに始めた方がいいでしょう。


posted by metoo at 11:02| 千葉 ☁| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

ゲームセット



この判定が野球界の歴史を塗り替えようとしてます。



AS20180623001709_comm.jpg

試合後のリプレー検証の検証をしたところ誤審だったと謝罪をされました。


20180709s00001173493000p_view.jpg

誤審を認めたならその場面から試合をやり直せ、とオリックス。


20180103s00001173324000p_view.jpg

この問題は斉藤コミッショナーの判断はゆだねられました。


試合終了の合図「ゲームセット」の後に行われた「リプレー検証の検証」によって誤審だった場合、「ゲームセット」は取り消されるのか。

リプレー検証の検証をしたことが間違ってたのかもしれません。だったらあの試合も、この試合も全部リプレー検証を見直せ!となってしまいます。


今回の件で新しいルール、試合終了「ゲームセット」のルールを作らなければいけなくなるでしょう。

また、今後に向けてリプレー検証の専門審判員を置くのか、球場設備を整えるのか、課題は山積みです。



一つの案としてですが、今世の中は監視の世界です。
町中に監視カメラがあり、車にもドライブレコーダーが録画されて、どんな犯罪も記録が残ってしまいます。アマチュア審判でもyoutubeにストライクとボールの投球判定がアップされ世界の笑いネタにされてしまいます。

これを利用し、球場のファンが撮影した画像や動画をリクエスト検証中に送信してもらう。検証には時間がかかってしまうなら画像だけでもいいでしょう。球場にはプロの新聞社カメラマンも多数いますので決定的な場面の写真は誰かがどこかで撮影してる可能性もあるでしょう。判定に役立った写真があればお礼に1万円プレゼントなんてしたら喜んでお客さんは写真を撮るでしょう。二万〜三万人がつながるwifi環境さえ作れたらできそうですよね。


打球を自動追尾する装置があればいいのでしょうが、地方球場はなかなか難しいかもしれません。



今回のコミッショナー判断も興味がありますが、
その後にどんな対策をするかの方が興味があります。

お金をかければよりよいサービスになりますが、
お金がないのであればアイデアを出すしかありませんね。


posted by metoo at 11:26| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

一塁ヘッドスライディングに一言

9回裏 ツーアウト 最後のバッター

高校野球、野球人生が終わるかもしれない最後のアウト。

仲間といつまでも野球を続けたい

勝って明日も一緒に野球を

絶対に終わらせたくない・・・



一塁ヘッドスライディング

この気持ちはよ〜〜く分かります。



最後の夏を迎える前に
ヘッドスライディングについて一言


「君たちは一塁審判からヘッドスライディングを見たことがあるのかい?」




内野ゴロが一塁に送球にされてアウトになるルールはこちらです。

5.09a 打者アウト
(10) 打者が第3ストライクの宣告を受けた後、またはフェアボールを打った後、一塁に触れる前に、その身体または一塁に触球された場合。


野球で難しいのは

ルールで書かれていることを

審判が判断することです。



つまり


人間が「見る」ことで判定が決まります。


では

SnapCrab_NoName_2018-6-22_13-18-35_No-00.png


このヘッドスライディングはベースの触れていますか?

ルールでは「一塁に触れる前に」ですから、触れる瞬間を見なければいけません。




しかし

審判をしていればわかりますが

私は「見えない」です。

一塁にヘッドスライディングしても一塁審判の私は見えていないんです。

見えていないものを判断してると言い切ってもいいでしょう。



*内野ゴロの送球を一塁手が捕球した。←見えている、捕球した音も聞こえてる。


*打者走者(あっ、このタイミングぐらいでベースに到達したかな)←見えていない、ベースを触れた音も聞こえない。



私はこの二つのタイミングで判断してます。

多分、他の審判の方も見えていないでしょう。

というか、

砂煙の中で手がベースに触れる瞬間が見えることは現実に無理です。




一塁ヘッドスライディングをしたい選手の気持ちはよ〜〜く分かります。


だから「やるな」とは言えませんが


一塁審判に砂煙を見せてしまうとアウトになりやすいヘッドスライディングだということを覚えておいてください。




もしどうしても、ヘッドスライディングをやるならば




Statcast: Odubel legs out single



”空中で浮かんでる間にベースを叩く”


これなら一塁到達タイムも速いですし

一塁審判からしても

一塁ベースに触れる瞬間が「よく見えます」

HEAD.gif

ベースを左手で叩いて、
お腹からベースに落ちてますね。
そこからザァーーっとスライディング。



アウトがしっかり見えるように

セーフがしっかり見えるように

「審判の立場から考えてプレーすること」

ビデオ判定がない野球では、そうするしかないでしょう。






このブログをご覧いただいて「ヘッドスライディングはこうやって判断した方がいいよ!」という審判技術がありましたら教えてくださいm(__)m
posted by metoo at 13:44| 千葉 🌁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

球審あるある

sakam7.gif


左バッターのインハイは

グリップでボールが見えないことがある。



SnapCrab_NoName_2018-6-21_18-51-38_No-00.png

右投げ左打ちの選手ってこの位置によく構えますね。

posted by metoo at 18:54| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

リプレー検証をやってみよう!

今日は皆さんでリプレー検証をしてみましょう!








三か所のカメラからの映像です。


三つの映像が全て同じ判定でしょうか?

それともアウトが1つ、セーフが2つでしょうか?

もしアウトが2つでセーフが1つならば判定はアウトでいいのでしょうか?




メジャーリーグのインスタントリプレーにはこんなルールがあります。

・チャレンジを実行してから2分以内に判定が決まらなかった場合は判定は変わらずそのままとなる。

日本のリプレー検証にもこんなルールがあります。

・審判は「5分以内」にリプレイ検証の結論を出す。確証のある映像がない場合は審判団の判断で最終決定する。


つまり、時間内にどちらか判定が決まらない場合は判定はそのまま、覆らないことになるようです。



gif画像ではっきりと見えなくて申し訳ありませんが、皆さんはこの三つの映像で判断することはできたでしょうか?


審判をしてると感じますが


見る位置によって判定が変わってしまう


本当に人間の目では難しいことを審判はやってます。





では皆さんの判定が正しかったか、誤審だったか?



このプレーの判定は






































なんと!

























びっくり!
































































続きを読むをクリック
 ↓
続きを読む
posted by metoo at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

1/3と1/2




@MLBReplaysでは今までのインスタントリプレーが見れます。
メジャーでは「チャレンジ」→インスタントリプレー
プロ野球では「リクエスト」→リプレー検証

MLBのインスタントリプレー

日本とは大違い、メジャーリーグのビデオ判定システムの凄さ

ニューヨーク・タイムズなどの記事によると、MLBは全30カ所のメジャー球場から送られてくる試合映像を確認するためのオペレーション・センターをニューヨークに建設。センター内部は各球場別のワーク・ステーションに分かれており、1球場につき約12台のカメラが異なるアングルから撮影した映像を確認できる。

 このワーク・ステーションにはリプレー・ディレクターと呼ばれるビデオ判定員がいて、これも本職の審判が務めている。MLBはこのシステムを確立するのに、6〜7年の歳月と千数百万ドル(約十数億円)の費用をかけたという。ここまでやってもセーフかアウトかが判断できず、「私たちには決定的な証拠がない。よって、最初の判定を有効とする」と判定員が審判に伝えるケースもあるという。



2014年からチャレンジをしてほぼ半分判定が覆っていることが数字に表れています。

MLB Instant Replay Database

SnapCrab_NoName_2018-6-12_12-33-15_No-00.jpg

個人的な意見ですが、どんなに優れた技術を持つ審判でも、人間の目ではギリギリのプレーの半分は正解で半分は間違っているのが普通だと思ってます。



では日本ではどうでしょう?

SnapCrab_NoName_2018-6-12_12-23-30_No-00.jpg
NHKサンデースポーツ6月10日より

日本のリプレー検証では33.9%判定が覆っています。
つまり約2/3は正しい判定で、約1/3は間違っていたということです。

メジャーでは約50%が正しい判定なのに
プロ野球では約66%が正しい判定・・・
つまりプロ野球の方が技術は上だということになるのでしょうか・・・


あまり考えたくありませんが、1/3が1/2にならない理由があるのではないでしょうか。


日本では自分達が判定したプレーを、自分達で検証するんですよね?

先輩が後輩が判定したプレーを、後輩が先輩が検証するんですよね?

第三者ではなく自分達でテレビ画面を見て検証するんですよね?


もちろんこの理由だけではないでしょうが、
1/2にならない理由はここにもあるのではないでしょうか?


球場で何度かリプレー検証をオーロラビジョンで見ましたが、
「えっ?」
もう一度リプレー検証を検証した方がいいんじゃない?って思うことがありました。


まだ始まったばかりの数字ですので今後どうなるかわかりませんが、リプレー検証の専門家を育成していくことが大事ではないでしょうか。


そして、リプレー検証の動画はNPBがネットに公開してはどうでしょうか?

アマチュア審判からすると大変勉強になるシーンばかりです。

せっかく新しく始まったルールですから今後につながるように役立ててほしいです。



今後も1/3の数字が1/2に近づいていくのか注目していこうと思います。




人間の目は半分は間違える。
その間違いをリプレー検証で正していく。

選手もお客さんもそれを望んでいるのですから、
もっともっとリプレー検証の精度を高めていくことでしょう。

審判がAIに変わるあと10年間は^^

posted by metoo at 12:56| 千葉 ☔| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

とれなかったキャッチャーボーク



昨日の試合は二塁審判でした。

残り時間15分で同点。
走者二塁から四番打者を敬遠。

一塁ベンチ、三塁ベンチ、横からはこのボークは見えません。
見えるのは球審と二塁審判の私だけ。

この時にキャッチャーボークがありました。

==========
6.02 投手の反則行為
(a)〈旧8.05〉ボーク
塁に走者がいるときは、次の場合ボークとなる。
(12) 故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合。
【注】キャッチャースボックスの外にいる捕手≠ニは、捕手がキャッチャースボックス内に両足を入れていないことをいう。したがって、故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば、本項が適用される。
==========


1球目(あれっ?キャッチャーボックスから出てるなぁ)
2球目(たしか故意死球で立って構える時は投げるまでキャッチャーボックスに両足がないと・・・)
3球目(でも待てよ!これは少年野球だ!まだこのルールを教わってないんだろうなぁ)
4球目(しかし少年野球でもこれは野球の規則だ!二塁審判から見ても片足が出てるからボークをとらなきゃ!でもキャッチャーボークは球審の方が近いし二塁審判はとっていいのかな?)

「ボールフォア」

( ̄□ ̄;)ガーン

頭の中でいろいろ考えているうちにフォアボールで一塁へ歩いてしまいキャッチャーボークをとれませんでした(*_*)


試合後に監督さんへキャッチャーボークの説明をして選手への指導をお願いしました。



アマチュア野球は申告敬遠がありませんので、故意四球をする際は注意しましょうね!
PS、GPさんからコメントをいただきました。
全日本軟式野球連盟、全日本大学野球連盟では申告敬遠が適用されているようです。
所属する連盟に確認してから大会に臨みましょう。




posted by metoo at 14:03| 千葉 ☁| Comment(5) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

ボークは減っている

2018年02月06日 ボークルールの緩和

2016年858試合ボーク38
一試合平均0.0442個

2017年858試合ボーク58
一試合平均0.0676個

2018年5月9日まで181試合ボーク4
一試合平均0.0221個

やはりボークルールは緩和されているようですね。

ここまでにボークをとられた投手
アルバース (オ) 1
酒居 知史 (ロ) 1
ロドリゲス (日) 1
バリオス (デ) 1




アルバース投手のボーク

うーーーーん
静止してませんか・・・


こちらは酒居投手のボーク(*^-^*)




そしてこちらは謎のボーク(*^-^*)



posted by metoo at 02:17| 千葉 ☔| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

あーなって、こーなって、ごめんなさい

18050101.gif

18050402.gif
二盗したアルシア選手のスパイクがロッテの遊撃手・藤岡裕選手の左手に接触

あーなって

18050403.gif
アルシア選手に報復死球

こーなって

審判団 ハムに謝罪 4日危険スライディングにリプレー検証誤適用

ごめんなさい


リプレー検証のルール

リプレー検証を行使できないプレーは以下の通り。

(ア)投球判定=ストライク、ボール
(イ)ハーフスイング
(ウ)自打球
(エ)走塁妨害
(オ)守備妨害
(カ)インフィールドフライ
(キ)審判員=塁審=より前方の打球
(ク)ボーク

「本塁での衝突プレーの判定、封殺における危険スライディングの判定」に審判員が自ら疑念を抱いた場合には、審判団はいつでも自らリプレー検証を行うことができる。




リプレー検証後、審判からの説明アナウンス
「アルシア選手が危険なスライディングをしたのでアウトとし警告します」



これが二塁ダブルプレーにおける危険スライディングのリプレー検証だったらあっていたのですが、盗塁に関するリプレー検証は「アウト」か「セーフ」のみであって、危険スライディングを確認するリプレー検証をしてはいけなかったということでしょうか。

それを日本ハムに謝ったんですね。


審判団は本塁の衝突と二塁封殺のリプレー検証ができる。
危険なスライディングはリクエストされてもリプレー検証できないプレーがある。
走塁妨害、守備妨害と同じくその瞬間の判断に限る。

ということですね。



このプレーは、アルシア選手がスライディングをしたプレーですぐに「タイム」危険なスライディングで「アウト」「警告」にしなければいけなかったのでしょう。



しかし、アルシア選手のスライディングもそうですが
藤岡選手のタッチプレーも危ないですね。

posted by metoo at 18:18| 千葉 ☔| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

牽制球のルールは二つしかない でも。。。

今回は牽制球のルールを確認しようと思います。

大会の審判をしているといろいろなチームの方から
「これはボークですか?」
身振り手振りを交えながら質問を受けます。

例えば
「自由な足の膝を腰よりもあげて牽制をしたらボークですか?」
「軸足を前に外したらボークですか?」
「一挙動とあるので両足でジャンプすればいいですか?」


ここできちんと牽制球のルールを確認しておこうと思います。


投手の規則は5.07

(d)塁に送球

 投手が、準備動作を起こしてからでも、打者への投球に関連する動作を起こすまでなら、いつでも塁に送球することができるが、それに先立って、送球しようとする塁の方向へ、直接踏み出すことが必要である。

【原注】
 投手は送球の前には、必ず足を踏み出さなければならない。スナップスロー(手首だけで送球すること)の後で、塁に向かって踏み出すようなことをすればボークとなる。

【注】
 投手が投手板をはずさずに一塁へ送球する場合投手板上で軸足が踏み変わっても、その動作が一挙動であれば差し支えない。しかし送球前に軸足を投手板の上で一旦踏み変えた後に送球すれば、軸足の投手板上の移行としてボークとなる。



1つ目は 塁の方向へ直接踏み出す

2つ目は 一挙動であること



実はものすごく単純なルールです。


ここからは私の解釈です。
軸足、自由な足、どちらの足から動かしなさいとは書いてありませんので、どちらの足から動かしてもいいでしょう。
直接踏み出す、ということは自由な足の一歩目を塁の方向へという意味でしょう。
『軸足を踏み変える→自由な足を塁の方向へ一歩目で踏み出す』
この動作が四人審判がいる中で一人でも一挙動に見えなったらボークとなるでしょう。


図にしてみます

18050701.jpg

18050702.jpg

18050703.jpg

この動作が一挙動に見えること。
@で踏み変えた時に「どっこいしょ」と踏ん張って時間を作ってしまうと一挙動に見えずにボークとなるでしょう。



ここでいつも疑問になるのが青い文字の部分。
投手が投手板をはずさずに一塁へ送球する場合
じゃ〜二塁はどうなんだ?という疑問ですよね^^


この一塁へ一挙動というルール・・・
実はこれ日本だけのルールなんですね。


Major League Baseball 2018 Official Rules

5.07 Pitching
(d) Throwing to the Bases
At any time during the pitcher’s preliminary movements and until his natural pitching motion commits him to the pitch, he may throw to any base provided he steps directly toward such base before making the throw.

Rule 5.07(d) Comment: The pitcher shall step “ahead of the throw.” A snap throw followed by the step directly toward the base is a balk.


本家のベースボールには【注】のルールがないんです。
(昔はあったような記憶がありますが・・・)

つまり

塁の方向へ直接踏み出す

牽制球のルールはたった一つしかないんです(*´▽`*)


軸足が前外しだろうが横外しだろうが、どの塁だろうが

塁の方向へ直接踏み出す

ベースボールにはこれだけしかルールがないんです。


日本の野球だけが真面目にきちんと一塁は一挙動でとなってます。


国際大会では左投手の牽制も日本のルールとは違いますし
右投手の一挙動のルールもありません。
ベースボールの牽制球ルールはたった一つだけ

塁の方向へ直接踏み出す

日本も早く一つにしちゃいましょう(*´▽`*)



今回言いたかったことは
だんだんと日本のボークルールもゆるめていきましょうよ
(*´▽`*)
ということです。

野球人口が減ってるんですよ・・・

コリジョンルールの目的は
小さな子でも女の子でも
ベースボールは誰もが楽しめるスポーツですよ!
安全をアピールしたかったからでしょう。

次にアピールしたいのは簡単なルール『優しい野球』ではないでしょうか。

少年野球の現場では
「そんなルールどこにも書いてないよ!」
いつもどこかで新しいボークルールが作られてしまっています^^


10年後20年後に向けて
ボークなんてルールあったっけ?
それくらい野球規則が簡単になっていく方向を進めていきましょう







PS
アマチュア野球でも

監督はボークの理由をたずねるために出てくることは許されるそうです。

もし選手がボークをとられた場合は「今のボーク理由を教えてもらえませんか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

しかし
もし監督が説明を受けた後に抗議をすれば退場となることがあるそうです。
「前外しだからボークです」など規則書に書かれていない説明を受けても選手のためにグッと我慢しましょう。

理由は聞いてもいいですがアピールはできませんのでご注意ください。



皆さんの地域とルールが異なることもありますので必ず所属する連盟にご確認をしてください。



追記
私の記憶違いでした。
2007年のMLB rule 8.01(c)にも一挙動のルールはありませんでした。
posted by metoo at 17:21| 千葉 ☁| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

コリジョンルール保存用

0427001.gif

0427002.gif

0427003.gif

判定「アウト」
リプレー検証後「アウト」



0428c000.gif

0428c002.gif

0428c001.gif

判定「アウト」
リプレー検証後「セーフ」


posted by metoo at 23:00| 千葉 | Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

38%は高い?低い?

117試合で47回あった「リクエスト」判定覆ったのは38%、一塁ベンチ有利説も

今季からプロ野球ではリプレー検証制度の「リクエスト」が導入された。スポーツ報知の調べでは、開幕から117試合を終えた中、計47度、約2・5試合に1度、権利が使われている。そのうち判定が覆ったのは38%にあたる18度。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「リクエスト」で
判定が覆った 38%
判定が正しかった 62%

この数字は誤審が多かったと見るべきか
それとも正しい判定が多かったと見るべきか。



2015年10月19日 チャレンジすると判定は半分覆る

メジャーで「インスタントリプレー」が始まった2014年〜2017年の記録
MLB Instant Replay Database
2014年 判定が覆った 47.65%
2015年 判定が覆った 49.19%
2016年 判定が覆った 48.60%
2017年 判定が覆った 49.30%
2018 Instant Replay
2018年 判定が覆った 49.00%


メジャーリーグの数字と比べると38%は少ない数字だと言えるでしょう。



人間の目で判断できるギリギリのプレーは半分が正解で半分が間違いだと私は見ています。これから先、38%は49%くらいになるのが普通になってくるでしょう。




2014.11.08
オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」 

SnapCrab_NoName_2018-4-24_14-13-45_No-00.jpg

オックスフォード大学によれば2024年にはなくなるスポーツの審判。

6年後の審判は両手にセンサーをつけて、右手にブルブルっと電波が来ればストライクとアウト、左手ならボールとセーフ。AIの指示に従うだけの審判になりますから、誤審をあと6年間楽しみましょう^^

先日、マリンスタジアムで観戦してる時に「リクエスト」があり、バックスクリーンに映し出された映像を見ながらアウトかセーフか拍手で盛り上がりました。10年後、20年後は「リクエスト」もなくなり昔話になるのでしょうね^^



16:30〜

掛布さんのコメント通りかわかりませんが
試合を中断して小林捕手の前に立ち話しかけています。
おかしなシーンですね。
ストライク・ボールに悪質なクレームがあったとすればすぐに退場にすればいいだけです。

まぁ、こういうのが見れるのもあと6年ですかね^^
posted by metoo at 14:27| 千葉 ☁| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ダルビッシュ投手のボーク



9:30〜 二塁打を打たれるシーンから

二段モーションはOKだけど
モーションの途中で二塁走者を見た時に投球動作の停止をとられたかな?


darboke18414.gif


2017年07月20日 馬が急に立ち止まる

メジャーはこのルールには厳しいですね。



最近ちょっと気になるのですが
MLBと比べて、NPBの方が低目のストライクゾーンが狭いような気がします。
ストライクゾーンをボールがかすればストライクですが、低目にボール全て入らないとストライクと言ってくれなさそうなNPB。

またストライク、ボールの判定について、投球の軌跡を精密に測れる機器「トラックマン」を使って事後的に検証し、審判員の技術向上を目指すことを確認した。

トラックマンの効果は出てるのだろうか?

posted by metoo at 09:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ストライクとストライクゾーン

審判講習会でよくでる問題です。

問1.ストライクを7つ答えなさい

1空振り(バントを含む)
2ストライクゾーン通過見送り
3ファウル
4バントファール(3ストライク目はアウト)
5空振りが体に当たる
6ストライクゾーン通過が体に当たる
7ファウルチップ


問2.ストライクゾーンを2つ答えなさい

1規則にあるストライクゾーン
2打者が打てるゾーン


928a5a02-s.jpg

バッターが打てる(ストライク)ゾーンは人それぞれですね^^




打てるキャッチャーなら森友哉!
posted by metoo at 08:58| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

8.02 審判員の裁定

アマチュア野球でも審判にアピールが出来ます。

少年野球の審判をしていると「タイム」をとった監督が歩み寄ってきて「今のはファールでしょ!( ゚Д゚)」「今のはアウトでだろ!( ゚Д゚)」顔を真っ赤にして怒鳴り声で駆け寄ってきます。

監督はアピールは出来きますが、出来ないアピールもあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜
8.02 審判員の裁定
(a) 打球がフェアかファウルか、投球がストライクかボールか、あるいは走者がアウトかセーフかという裁定に限らず、審判員の判断に基づく裁定は最終のものであるから、プレーヤー、監督、コーチ、または控えのプレーヤーが、その裁定に対して、異議を唱えることは許されない。

(b) 審判員の裁定が規則の適用を誤って下された疑いがあるときには、監督だけがその裁定を規則に基づく正しい裁定に訂正するように要請することができる。
しかし、監督はこのような裁定を下した審判員に対してだけアピールする(規則適用の訂正を申し出る)ことが許される。
〜〜〜〜〜〜〜〜

・フェアかファールか、アウトかセーフ、ストライクかボールかはアピールできません。
・規則の適用を誤ってくだされた疑いがあるときだけアピールができます。





ではこのプレーについて、
あなたが監督ならどうアピールしますか?
一死満塁サヨナラのケースです。




別の角度から




ノーバウンドでキャッチか?
ショートバウンドしたからノーキャッチか?
きわどいプレーですね。

「今のはノーバウンドでキャッチしてるだろ!」とアピールしたいですが、これはアウトかセーフかですからアピールできません。

では、どんなアピールが出来るのか?

〜〜〜〜〜〜〜〜
8.00審判員の一番最後にある
審判員に対する一般指示

審判員にとって最も大切な掟は、あらゆるプレイについて最もよい位置をとれ≠ニいうことである。

たとえ判定が完璧であっても、審判員の位置が、そのプレイをはっきりと明確に見ることができる地点でなかったとプレーヤーが感じたときは、しばしば、その判定に異議を唱えるものである。
〜〜〜〜〜〜〜〜

私が監督だった場合のアピールです。
「今のフライ判定の担当は球審でしたが、三塁審判と比べてどちらが最もよい位置だったでしょうか?ショートバウンドかノーバウンドか、正面から見た球審よりも三塁審判の距離と角度の方が正確な判定ができるのではないでしょうか。三塁審判に確認してもらえませんか?」

2009年05月28日 キャッチ?ノーキャッチ?

09052801.jpg

09052802.jpg

最もよい位置とは「距離と角度」です。
どちらがよい位置で見ていたかをアピールします。
この場合は球審ではなく三塁審判の方がよい位置です。
私ならそこをアピールします。

もしノーキャッチではなく、キャッチだった場合はアウトを一つ増やしてそのままランナーを置いて二死満塁から試合が再開ができるでしょう。

四人の審判が集まり協議しもらっても判定が覆るかはわかりませんが、もし三塁審判と一塁審判が明らかにノーバウンドで捕球をしていると判断していたらダブルプレーにはならないでしょう。

普通に考えるとショートの選手がショートバウンドでキャッチしていれば、三塁走者にホームインされたらサヨナラ負けですから、すぐにホームに送球しようとするでしょう。しかし、ショートの選手自身がノーバウンドで捕ったのを知っているので飛び出したランナーをアウトにしようとして二塁の走者を確認してます。

ただし、このプレーの後すぐに四氏協議がありました。そこで決まった判定は最終ですのでそこから先はアピールは一切できません。
2016年06月24日 四氏協議


監督、指導者、選手
誰かが規則をきちんと勉強していれば、負けなかった試合があるかもしれません。
サヨナラの場面で犠牲フライ、ホームクロスプレーで「セーフ!」サヨナラ勝ちだ!
しかし、タッチアップの三塁走者の離塁が速かったケースを夏の高校野球大会で二回も見てます。
(なんで誰もアピールしないんだ?オイオイ泣いてないでアピールしろよ、まだできることがあるだろ監督さん!)

公認野球規則を勉強することで一つ勝利へ近づくこともできるんです。

30番を背負う方は頑張って読みましょうね^^




さすが彦根東!最後のアピールまでやりきりましたね。

posted by metoo at 08:52| 千葉 | Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

キャンプゲーム

国際審判員 小出さんの審判講習会に受講してきました。

野球でも柏から世界へ〜日本野球連盟国際審判員〜

今回の講習会の感想を一言で言うと
知っていると出来るは違う。
頭では理解していても、いざ試合になると動けない、言葉が出ない、頭が真っ白になってしまう事がよくあります。講習会でのキャンプゲームでも失敗の連続でした。しかしこの失敗がとても大切な経験となり本当の試合になったときに出来る自信がつきました。



また、審判講習会にはマニュアルがあることを知りました。

全日本野球協会
アマチュア野球規則委員会作成マニュアル

審判員講習会マニュアル(第4版) [PDF]
キャンプゲーム・マニュアル(第2版) [PDF]
都道府県審判指導員マニュアル(第1版)(2016年改訂版) [PDF]
都道府県審判指導員マニュアル(第1版)(2016年改訂版)修正一覧 [PDF]

この中にあるキャンプゲームですが、ぜひチームでも練習してみてください。失敗することで覚える、失敗しながら身につくことが楽しめる、ちょっと不思議な世界です^^



講習会で2018年の規則改定についても教わりました。

全日本軟式野球連盟のホームページにアップされています。

2018野球規則改正に伴う規則適用上の解釈について

2018野球規則改正に伴う規則適用上の解釈解説


少年野球は全軟連の学童部ですから高野連ともプロ野球とも違います。
皆さんの団体がどの組織なのか、ルール適用がいつからなのかはご自身の地域でご確認ください。

野球団体関係図
organization_japanbaseball.gif
posted by metoo at 19:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

周 知 徹 底 事 項

Baseball Rulesさんのサイトで野球規則を勉強させていただいております。

2018年 規則の変遷 

こちらに普段あまり見ることのない二つの高校野球情報があります。

2018年(平成30年)周知徹底事項
2018年(平成30年)重点指導事項

ここに私が少年野球でも守ってもらいたいマナーがありました。

2 マナーについて
@ 投手のウォームアップ時に、次打者などが打者席付近に近づき、タイミングを測る行為を禁止。


15年前には投球練習で素振りをしてはいけないと教わりましたが、タイミングを測る行為も禁止なのですね。私は球審の時、投球練習中はネクストバッターサークルまで離れるように次打者に伝えます。ボールがそれた時に次打者とキャッチャーに万が一のトラブルがないようにするためですが、これからはタイミングを測ることもマナー違反と進めていこうと思います。


さてさてマナーと言えば
IMG_3597.jpg

全日本野球協会が製作したマニュアルですが

IMG_3594.jpg

この中にアンリトゥン・ルールがご丁寧に書かれています。

IMG_3596.jpg

1.初回から送りバントをしてはいけない。


稲葉監督ご存知でしたか?
国際大会は日本だけの規則ではありません。
侍ジャパンがマナー違反を堂々としてます。
オーストラリアチームの皆さん申し訳ございませんでしたm(__)m
二回にも送りバントをしたってことは
これがどんなことか指導者全員がわかっていません。

もし三番柳田、四番筒香に報復死球をされていたら・・・

周 知 徹 底 事 項

全日本野球協会から稲葉監督へマナーを教えてあげてくださいね。


posted by metoo at 01:10| 千葉 ☀| Comment(5) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

5.07投手

2018年公認野球規改正
2018年アマチュア内規
2018年高野連特別規則

2018年の規則改正が出そろいました。
(公認野球規則、競技者必携の2018年は四月頃に届くそうです)
二段モーション緩和などメディアで騒がれましたが、2018年は今まで通りで進められるそうです。

ここで一つ規則についてしっかり勉強し直してみましょう。

5.07投手
正規の投球姿勢についてです。

指導者の皆さんは、ワンドアップとセットポジションの違いを説明できるでしょうか?
二段モーションを語る前に知っておかなければいけないことがたくさんあります。

2009年01月09日 8.01正規の投球−投球姿勢

こちらは2009年に私が学んだメモですが、あれから変更になった点もありますのであらためて勉強し直すことにします。



===============
5.07 投手
(a)正規の投球姿勢

<8.01-2015>
 投球姿勢には、ワインドアップポジションとセットポジションとの2つの正規のものがあり、どちらでも随時用いることができる。
 投手は投手板に触れて捕手からのサインを受けなければならない。

【原注】
 投手がサインを見終わってから投手板をはずすことは差し支えないが、はずした後に素早く投手板に踏み出して投球することは許されない。このような投球は審判員によってクイックピッチと判断される。投手は投手板をはずしたら必ず両手を身体の両側に下ろさなければならない。
 投手がサインを見終わるたびに投手板をはずすことは許されない。
(1)ワインドアップポジション
 投手は、打者に面して立ち、その軸足は投手板に触れて置き、他の足の置き場所には制限がない。

 この姿勢から、投手は、
@打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更したりしないで、その投球を完了しなければならない。
A実際に投球するときを除いて、どちらの足も地面から上げてはならない。ただし、実際に投球するときは、自由な足(軸足でない足)を一歩後方に引き、さらに一歩前方に踏み出すこともできる。

 投手が軸足を投手板に触れて置き(他の足はフリー)、ボールを両手で身体の前方に保持すれば、ワインドアップポジションをとったものとみなされる。

【原注1】
 ワインドアップポジションにおいては、投手は軸足でない足(自由な足)を投手板の上か、前方か、後方かまたは側方に置くことが許される。

【原注2】
 (1)項の姿勢から投手は、
 @打者に投球しても良い。
 A走者をアウトにしようとして塁に踏み出して送球しても良い。
 B投手板をはずしても良い(ボールを両手で保持した投手は、投手板をはずしたら必ず両手を身体の両側に下ろさなければならない)。投手板をはずすときには、最初に軸足からはずさなければならない。また、前記の姿勢から、セットポジションに移ったり、ストレッチをすることは許されない。違反すればボークとなる。

【注1】
アマチュア野球では、投手の軸足及び自由な足に関し、次のとおりとする。
 @投手は打者に面して立ち、その軸足は投手板に触れて置き、他の足の置き場所には制限がない。ただし、他の足を投手板から離して置くときは、足全体を投手板の前縁の延長線より前に置くことができない。
 A投手が@のように足を置いてボールを両手で身体の前方に保持すれば、ワインドアップポジションをとったものとみなされる。

【注2】
 投手が投球に関連する動作をして、身体の前方で両手を合わせたら、打者に投球すること以外は許されない。従って走者をアウトにしようとして塁に踏み出して送球することも、投手板をはずすこともできない。違反すればボークとなる。

(2)セットポジション
 投手は打者に面して立ち、軸足を投手板に触れ、他の足を投手板の前方に置き、ボールを両手で身体の前方で保持して、完全に動作を静止した時、セットポジションをとったとみなされる。

 この姿勢から、投手は、
@打者に投球しても、塁に送球しても、軸足を投手板の後方(後方に限る)にはずしてもよい。
A打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更したりしないで、その投球を完了しなければならない。


 セットポジションをとるに際してストレッチ≠ニして知られている準備動作(ストレッチとは、腕を頭上または身体の前方に伸ばす行為をいう)を行うことができる。しかし、ひとたびストレッチを行ったならば、打者に投球する前に必ずセットポジションをとらなければならない。

 投手は、セットポジションをとるに先立って、片方の手を下に下ろして身体の横につけていなければならない。この姿勢から、中断することなく、一連の動作でセットポジションをとらなければならない。

 投手は、ストレッチに続いて投球する前には、(a)ボールを両手で身体の前方に保持し(b)完全に静止しなければならない。審判員は、これを厳重に監視しなければならない。投手は、しばしば走者を塁に釘付けにしようと規則破りを企てる。投手が完全な静止≠怠った場合には、審判員は、直ちにボークを宣告しなければならない。

【原注】
 走者が塁にいない場合、セットポジションをとった投手は、必ずしも完全静止をする必要はない。
 しかしながら、投手が打者のすきをついて意図的に投球したと審判員が判断すれば、クイックピッチとみなされ、ボールが宣告される。6.02a5【原注】参照。

【注1】
 アマチュア野球では、本項〔原注〕の前段は適用しない。

【注2】
 (!)(2)項でいう中途で止めたり、変更したり≠ニはワインドアップポジション及びセットポジションにおいて、投手が投球動作中に、故意に一時停止したり、投球動作をスムーズに行わずに、ことさら段階をつけるモーションをしたり、手足をぶらぶらさせて投球することである。

【注3】
 投手がセットポジションをとるに当たっては、投手板を踏んだ後投球するまでに、必ずボールを両手で保持したことを明らかにしなければならない。その保持に際しては、身体の前面ならどこで保持してもよいが、一旦両手でボールを保持して止めたならば、その保持した箇所を移動させてはならず、完全に身体の動作を停止して首以外はどこも動かしてはならない。

【注4】
 セットポジションンからの投球に際して自由な足は、
@投手板の真横に踏み出さない限り、前方ならどの方向に踏み出しても自由である。
Aワインドアップポジションの場合のように一歩後方に引き、そして更に一歩踏み出すことは許されない。

【注5】
 投手は走者が塁にいるとき、セットポジションをとってからでも、プレイの目的のためなら、自由に投手板をはずすことができる。この場合、軸足は必ず投手板の後方にはずさなければならず、側方又は前方にはずすことは許されない。投手が投手板をはずせば、打者への投球はできないが、走者のいる塁にはステップをせずにスナップだけで送球することも、また送球のまねをすることも許される。

【注6】
 ワインドアップポジションとセットポジションとの区別なく、軸足を投手板に触れてボールを両手で保持した投手が、投手板から軸足をはずすに当たっては、必ずボールを両手で保持したままはずさねばならない。また軸足を投手板からはずした後には、必ず両手を離して身体の両側に下ろし、改めて軸足を投手板に触れなければならない。

【問】
 投手がストレッチを行ってからセットポジションをとるまでに両手を顔の前で接触させ、そのまま下ろし胸の前でボールを保持した。ボークになるか。
【答】
 たとえ顔の前で両手を接触させてもそのままの連続したモーションで胸の前に下ろして静止すれば、ボークにはならない。しかし、いったん顔の前で停止すれば、そこでボールを保持した事になるから、その姿勢から両手を下に下ろせばボークとなる。
===============

以上が正規の投球姿勢ですが、
これを守らないと不正投球となりボークのペナルティーを取られるケースもあります。

5.07投手には
正しい投球姿勢の規則があり
もう一つは
6.02投手の反則行為
投手がやってはいけない反則行為の規則もあります。


正しいルールと
やってはいけないルールと

規則書は二つの方向から作られています。


赤文字が二段モーションについての説明ですが
それ以外にもたくさんの規則があります。
この機会に
正しいルール(正規の投球姿勢)を学んでましょう(*´▽`*)

posted by metoo at 16:09| 千葉 ☁| Comment(6) | 審判 | 更新情報をチェックする

本塁周辺のラインアウト

5.09 『アウト』
(b)ランナーアウト
   次の場合、ランナーはアウトとなる。
(1)ランナーが、野手のタッチを避けて、ランナーのベースパスから3フィート以上離れて走った場合。
 ただし、打球を処理している野手を妨げないための行為であれば、この限りではない。
 この場合のランナーのベースパスとは、タッグプレイが生じたときの、ランナーと塁を結ぶ直線をいう。
「注1」通常ランナーの走路とみなされる場所は、塁間を結ぶ直線を中心として左右へ各3フィート、すなわち6フィートの幅の地帯を指すが、ランナーが大きく膨らんで走っているときなど最初からこの走路外にいたときにタッグプレイが生じた場合は、そのランナーと塁を結ぶ直線を中心として左右へ各3フィートが、そのランナーの走路となる。

==========

ラインアウトと呼ばれるルールがあります。
昨日の審判講習会で質問されたのですが帰宅して調べてみました。

※本塁周辺のタッチプレーにラインアウトは適用される。
※本塁周辺のタッチプレーにラインアウトは適用されない。

私も本塁周辺ではラインアウトはないといろいろな方に教わってきましたが、公認野球規則にはどちらも書かれていません。

どっちなんでしょうね?^^


ichiline.gif

本塁周辺のタッチプレーで思い出されるのがイチロー選手のこのプレー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここで、問題になるのは、最初のタッグプレーが、
”ラインアウト”にならないのかということです。
ラインアウトとは、走者が野手のタッグを走路より
3フィート以上避けて行った場合にアウトになるという
ルールです。


これは、ラインアウトにはなりません。なぜならば、
各塁と本塁ベース周辺では、ラインアウトのルールは
適用にならないのです。


思い出してください。本塁でのクロスプレーで、ホーム
ベースより3フィート(1メートル弱)以上、タッグを
避けている場面をたくさん見たことがあると思います。
各塁や本塁ベースは、走者にとっての目的地なので、
この周辺では、3フィート以上避けることが許されて
いるのです。


通常の塁間とは違いがあるということを覚えておいて
下さい。


アスポタ野球規則解説委員
平林 岳
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
平林さんのブログより

平林さんの説明では
塁間にはラインアウトが適用されるが
ベース周辺ではラインアウトは適用されない。
私はこの考えで行こうと思いますが
「それは規則のどこに書いてあるの?」という方もいらっしゃいます。

この件につきましてはこれからも情報を集めていこうと思います。



posted by metoo at 13:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

ボークルールの緩和

 日本野球機構(NPB)の友寄正人審判長は30日、今季からセットポジションでの静止不十分によるボークの判定基準を緩和することを明らかにした。

 昨季の公式戦では62件のボークのうち、42件が完全に静止していないとの判定だった。25日の12球団監督会議では、多くの監督から緩和を望む声が出ていた。既に各球団には方針を伝えており、2月1日に始まるキャンプで各球団に新しい基準を説明する。

 昨年までは外国人投手がボークと判定されることが多く、友寄審判長は「“完全な静止”の運用は国によって違い、日本は規則書通りにやってきた」と説明。「あくまで審判の判断によるものだが、昨年より緩和されることは間違いない」と語った。

以上、SANSUPO.COMより

2018年度いくつか野球規則の変更がありますが、
最も注目しているのがボークルールの緩和です。

セットポジションの静止

これが緩やかになるそうです。

しばらくはバラつきがあるでしょうが、
・盗塁にどう影響をあたえるのか
・どのくらいの静止時間を考えているのか
・セットポジションの静止が見やすい、右投手は三塁審判、左投手は一塁審判が確認していくのか

細かい修正はコリジョンルールのようにシーズン中にあるでしょうから、しばらくは成り行きを見ながら落ち着くのを待とうと思います。


こういった日本独自のルールが緩和されていくのはとてもいいことだと思います。

少年野球では「一挙動」という文面で悩まされます。

5.07 ピッチャー
(d)塁に送球
「注」ピッチャーが投手板を外さずに1塁へ送球する場合、投手板上で軸足が踏み変わってもその動作が一挙動であれば差し支えない。しかし送球前に軸足を投手板の上で一旦踏み変えた後に送球すれば、軸足の投手板上の移行としてボークとなる。

どこに行っても少年野球はこのルールでもめます^^
踏み変えたのか、それとも一挙動なのか
個人的にはこのルールを大きく緩和してもらいたいです。


もう一つは
(d)塁に送球
 ピッチャーが準備動作を起こしてからでもバッターへの投球に関連する動作を起こすまでなら、いつでも塁に送球することができるが、それに先立って送球しようとする塁の方向へ直接踏み出すことが必要である。

このルールが国際大会において、外国人左投手の一塁牽制で日本人選手が悩まされます。

2014年12月01日 侍ジャパンの弱点

balk21.png

「打者へ踏み出す」と塁の方向へ「直接踏み出す」は45度を境目に世界は考えているようです。



「一挙動」と「直接踏み出す」

次のボークルール緩和はこの二つをお願いしますm(__)m



posted by metoo at 17:14| 千葉 ☀| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

二塁盗塁での審判の位置

二塁盗塁での審判の位置

これは二通りあると考えています。

20140817_04_02.jpg

DCljPKqV0AAMEfg.jpg

二塁ベースの前で捕るタイプ


spo1708170020-p3.jpg

001tigers20160716-ogp_0.jpg

二塁ベースをまたぐタイプ


・引っ張りタイプの右打者だから二塁手が入る場面
・バントがあるから遊撃手が入る場面
二塁手・遊撃手のどちらかが二塁ベースに入りますが、
どちらかの野手で決めるのではなく、
二塁ベースの前タイプか
二塁ベースをまたぐタイプか で考えています。



二塁ベースの前タイプ
18030601.jpg
セカンド前からだと見やすい。
ショート前からだと遊撃手の背中でタッグが見えない。

二塁ベースをまたぐタイプ
18030602.jpg
セカンド前からだと走者の背中で見えない。
ショート前からだと見やすい。

個人的にですが、
この二通りを頭にいれて位置を決めています。

投球練習が終わり、捕手が二塁へ練習送球する時にどちらのタイプが見ておくと準備しやすいです。

例外はあるでしょうが、ある程度予想ができていた方がジャッジはしやすいです。



先週は高野連の審判さんと一緒に少年野球の審判をしましたが、やはり動きの量と速さが全く違い勉強になりました。

今週末は県大会で球審をやらせていただくことになりました。
寝る前に競技者必携を読んでますが、
一ページも読めずにコロッと寝てしまいます(^^;)







バエス選手のタッギング
これは一塁側から見たほうがよさそうですね。



バエス選手のタッグも素晴らしいですが
さすがメジャーの審判
いい角度と距離で見てますね。


デルタ・ベースボール・リポート1に書かれていましたが、
フレーミングの次はタッギングに注目が集まるそうです。
日本でベースの前(バエスタイプ)でタッチするのは
ロッテ鈴木大地、楽天茂木栄五郎だそうです。
誰がタッチまでのスピードが速いのか?
楽しめますね(*^-^*)


posted by metoo at 13:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

umpire アンパイアの語源




対等ではない人、第三者

アンパイアにはそういった語源があるんですね。


そうですよね。
チームから審判を出していたら自チームに判定が傾きますよね。
試合をする選手達とは関わりのない人が審判をした方がいいですよね^^




ちなみに

サクラ吹雪の〜 サライの空は〜

サライって何?
サラーイはペルシャ語で「館・宮殿・オアシス・故郷・旅の宿」だそうです。

sara12.jpg

この歌を聴くと

宿題おわったかぁ〜?

夏休みの終わりを感じます(^^;)



posted by metoo at 23:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

まぁまぁまぁ



このスポーツは何なの?

野球を知らない人が見たら何だか分かりませんよね(^^;)

こういうちょっと???なルールが野球にはまだまだたくさんあります。



だから日々勉強するんです。

IMG_0779.JPG

NIDANM.JPG

菊池雄星投手がとられた
二段モーションとは何なのか?

どのルールが適用されているのか?

なぜこのルールが必要なのか?

しっかりルールを勉強して
もっとっもっと
誰もが野球を楽しめる
優しい野球のルール作りを地域から変えていく。



グローバル?

国際化?

ルールを統一?

いっそ廃止?



まぁまぁまぁヾ(^ー^;)

世界の中で両国国技館だけで行われる相撲じゃないんだから(*^▽^*)



柔道だってJUDOなんだから
日本でやる時は野球
国際試合の時はBASEBALLに切り替える
その知識があればいいだけでしょ(*^▽^*)
それでも実際にやってみなきゃ分かりませんからね。



いつかはスポーツの審判は機械が全てやってくれる時代がくるでしょう。

それまでは人間を楽しみましょうよ(*^▽^*)






話は変わりますが
テストステロンってみなさんご存じですか?

質問しておいて失礼ですが
テストステロンを知ってるかはどうでもいいんですが

2017-8-27_1-28-3_No-00.jpg

Testosteroneさんのツイートいいですよね(*^▽^*)

9034aa6c57e8fe23288b22d8c9a89ce3.jpg
北方謙三さんを思い出すなぁ。
posted by metoo at 01:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

少年野球の規則は四本柱で成り立っている

2016年02月22日 組織図と規則
この記事の付け足しとなりますが日本の野球には規則がたくさんあります。
もう一度整理しておこうと思います。

sosikizu-yakyu.jpg
野球団体はこんなにたくさんあります(^^;)

yakyuu-sosikizu.jpg
所属する団体によって規則も増えていきます。


分かりやすく整理してみます。

170818.jpg

プロ野球は一本
『公認野球規則』

高校野球は三本柱
『公認野球規則』
『アマチュア内規』
『高校野球特別規則』

少年野球は四本柱
『公認野球規則』
『アマチュア内規』
『競技者必携』
『地域特別規則』(大会特別規則など)


規則は下から順番に守っていきます。
例えば少年野球では『地域特別規則』が最初に適用されます。
次に全日本軟式野球連盟の『競技者必携』
次に全日本野球協会の『アマチュア内規』
次に日本野球規則委員会が作る『公認野球規則』
複雑ですね^^


必ずこの通りではありません。ドーム球場の天井にあったらどこでも二塁打などグランドによって変わる規則もあるでしょう。この試合はどの規則が適用されるのか?ご自身の地域で確認されてくださいね^^

間違っていることがありましたらコメントから教えてください m(__)m
posted by metoo at 12:04| 千葉 🌁| Comment(4) | 審判 | 更新情報をチェックする

ルールブックを読んでみませんか?



3:50〜の投球動作にボークが宣告されました。


みなさんはどう判断されるでしょうか?


私の判断はボークです。

で、
この時大事なのは
どのルールについて判断したかです。

コメント欄を見ると誰もルールブックを見たり調べたりはしないようですね。



ボークは大きく二つに分かれています。

5.07投手
5.07(a)正規の投球動作

投球動作の違反

もう一つは

6.00反則行為
6.02投手の反則行為

投手の反則行為


こういうルールを守ろうね!→違反すればボーク
こういうことしたら反則だよ!→反則すればボーク

二つの方向からボークがあると覚えておくと便利です。




この動画を見ると正規の投球動作に違反していると私は見ました。

========
5.07(a)正規の投球動作
(2)セットポジション
【注3】投手がセットポジションをとるにあたっては、投手板を踏んだ後投球するまでに、必ずボールを両手で保持したことを明らかにしなければならない。その保持に際しては、身体の前面ならどこで保持してもよいが、いったん両手でボールを保持して止めたならば、その保持した個所を移動させてはならず、完全に身体の動作を停止して、首以外はどこも動かしてはならない
========

自由な足が上がる投球動作の前に首以外の肩が動いている


私はそう見えましたのでボークを宣告します。
投球判定ストライクをしてしまいましたが
本来は、打者が打たなかったら「タイム!」ザッツボーク、走者を一つ進める、カウントなしを確認して試合再開。


難しいんですよ、審判って(^^;)


審判にクレームを言いたい気持ちは良く分かりますが
野球選手ならば
一度でいいから
ルールブックを読んでみてはいかがですか?^^



もし背番号30番を背負う監督の立場になるのであれば
せめてボークルールの原注だけは頭に入れておいて選手に指導しましょう。

【6.02a原注】ボークルールの目的は、投手が走者を意図的に騙そうとするのを防ぐためであることを、審判員は心に銘記しなくてはならない。もし、審判員の判断で投手の意図≠ノ疑いを抱いたら、審判員は厳重に規則を適用すべきである。


公認規則を読んでいると、ルールには目的があることが分かってきます。
例えばインフィールドフライは、わざとエラーしてダブルプレー、トリプルプレーを狙うようなフェアとは呼べないプレーをするのは止めようよ!そういった目的があってルールが作られています。今回の動画を見ても、肩が先に動いたからボークなのですが、投手がフェアとは呼べない動作で走者を意図的に騙そうとするのを防ぐためにボークを宣告するべきだと私は思いました。


まぁ、二塁盗塁は別にされてもいいんじゃない?
ここを考えた方が野球は楽しい(*^^)v
posted by metoo at 00:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

ルールの問題です

080701.jpg

ホームベースよりも前にでて捕球したキャッチャー
これはインターフェアランス打撃妨害
6.01cキャッチャーの妨害ですね。


では問題です。

080702.jpg

三塁走者がホームスチールを行った時に
捕手がホームベースの前に出て捕球した。

さてどんなルールが適応されるでしょうか?





正解は
競技者必携【問】45〜47
公認野球規則6.01(g)にあります。



このルールはわからないなぁ・・・

いろいろ聞いて歩いてみます(^^;)




6.01(g)スクイズプレイまたは本盗の妨害

三塁走者が、スクイズプレイまたは盗塁によって得点しようと試みた場合、捕手またはその他の野手がボールを持たないで、本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れたときには、投手にボークを課して、打者はインターフェアによって一塁が与えられる。この際はボールデッドとなる。





くりたまさんから教えていただきました。
ホームベースの上で捕球した嶋捕手、これはボークですね。

posted by metoo at 01:19| 千葉 ☁| Comment(4) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

馬が急に立ち止まる



AmazonのCMでありましたね。

障害物の前で馬が急に立ち止まってしまう。


170204-1.png

balk
(…に)急に止まる、(止まって)進もうとしない、立ち止まる、立ち往生する、(…に)ちゅうちょする、難色を示す、ボークをする

これがボークの意味だそうです。

野球でいうと
ピッチャーが急に投球動作を止めてしまう。
バッターは打ちにくいからやめてね!

これが本来のボークだったのではないかな?
勝手に私は想像してしまいました^^


その後、なんだかボークの意味がどんどん広がっていき、
ボークルールはピッチャーとランナーの関係へと変わっていきました。


「6.02a原注」ボークルールの目的は、ピッチャーがランナーを意図的に騙そうとするのを防ぐためであることを審判員は心に銘記しなくてはならない。もし審判員の判断でピッチャーの”意図”に疑いを抱いたら、審判員は厳重に規則を適用すべきである。


でも、これって小学生に必要なルールでしょうか。


私は野球のルールはもっと簡単にした方がいいと思ってます。

2017年05月12日
私が少年野球で変えたいルール

こんなルールなんてなくてもいいルールです。


自分なりに改善したくて「長」の名がつく方たちに相談すると

上にいったら苦労するから

小学生で馴染んでしまったルールは
高校生になった時に変わってしまったら苦労するでしょ。

こういう答えが多く返ってきます。


でも

上って高校野球なの?

上って世界じゃないの?


世界一の大会ルールに合わせた方がいいんじゃないの?



小学生のちびっこ野球大会です。

どうしてボークなんてとる必要があるのでしょうか?


ボークをとっていいとしたら

「あれっ?今、途中で投球動作を止めちゃったね^^」

これくらいにしておきましょうよ(^^;)



これが投球動作を途中で止めたボーク。
このボークルールに関してはMLBは厳しいですね。


posted by metoo at 14:56| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

2017年 四人制メカニクス変更点

四人制 メカニクス ハンドブック 2017年


00-017.jpg

1-017.jpg
1)カバーの塁に出る時は、自分の塁にカバーが入ってくれるか背後の審判をチラッと見る。

2-017.jpg
2)走者一塁、一塁審判ゴーアウトしたら一塁ベースを見るのは二塁審判。
走者無し、一塁審判ゴーアウトの場合は球審。

3-017.jpg
タッチアップのない二死三塁
3)「付記」2アウト三塁の場合、二塁塁審は無走者のときと同じポジションをとることができる。その場合は、三塁塁審の責任および動きは打者走者の二・三塁でのプレイに備えるという風に変わる。球審は走者がスコアリングポジションにいるので本塁に留まり、一塁塁審は打者走者の一塁でのプレイだけに責任をもつことになる。


4-017.jpg
4)走者一・三塁のケースで、二塁塁審が外側に位置した場合および内野手が前進守備の場合、二塁塁審は一塁走者の盗塁に備え、一塁と二塁を結ぶラインの延長線上に立つこととした。


ご自身の地域でご確認ください m(__)m

posted by metoo at 17:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

プロでもあるんですね



プロでもこういうことがあるんですね。




工藤監督が球審にアピールしてますが、三塁ランナーコーチが避けてもデスパイネ選手が自分から三塁ランナーコーチを触って戻ろうとしてます。これが走塁援助と判断されたのでしょう。


というか

この話じゃないんです(^^;)

問題のプレーはここです。




「あれっ?球審の見る位置がおかしいな?」

ホームでのクロスプレーのジャッジ
なんで三塁側から見てるのでしょう?
というか・・・
ここは球審のジャッジではありません。

画面右隅から一塁審判がダッシュしてますが
このクロスプレーのジャッジは一塁審判。

球審さんの
ナイスカバー!
ナイスジャッジ!
ナイスファインプレー!
だから見る位置がおかしかったんですね。



16041302.jpg
走者一塁はクロックワイズ(時計回り)

柳田選手がスタートしたエンドランですから、一塁審判は早めに一塁コーチャーボックス近くまで走り打者走者の一塁触塁を確認したらホームベースカバーへ。

16041301.jpg
走者二塁はカウンタークロックワイズ(反時計回り)





一死一塁 一塁審判のサイン
この一塁審判の方は両手で一死を出して、ホームベースカバーを指で刺して確認してます。二塁審判の方とサインを決めて確認しあってるようですね。

この確認が私はできないんだよなぁ(^^;)

posted by metoo at 23:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

私が少年野球で変えたいルール



少年野球ではホームランを打って
三塁ランナーコーチとタッチするとアウトになります。
地域によって異なるかもしれませんが
私の地域ではホームランがアウトになってしまいます。


6.01(a)
(8)3塁または1塁のベースコーチがランナーに触れるかまたは支えるかしてランナーの3塁または1塁への帰塁あるいはそれらの離塁を肉体的に援助したと審判員が認めた場合。


このルールが適用されるからだそうです。


また

original.gif

一塁走者と一塁ランナーコーチがグータッチで接触。
これも私の地域ではアウトになってしまいます。


「帰塁あるいは離塁を肉体的に援助した」


???


高野連では
「相手チームの選手を挑発する行為」
などの理由でランナーコーチと選手の接触を禁じていると聞きます。



いろいろな理由があったとしても、
プロ野球ではタッチしてます。

なので

こういうタッチだったら認めてくれないでしょうか。




ハイタッチではなく
腰から下で小さくタッチ。

サヨナラホームランのハイタッチではなく、
小さく腰の下でタッチ。

ホームランを打ったバッターもランナーコーチも
相手選手を挑発する気持ちなどありません。

ただ「ナイスバッティング」
ホームランバッターを祝福したいだけです。


小さな子供がホームランを打って
喜びたい気持ちはあるでしょう。
相手への配慮があるタッチ
小さく腰から下でタッチしてもいいのではないでしょうか。



小さな子供が打ったホームランがアウトになるルールは納得がいかないんです。ホームランはボールデッドの状態ですから走塁援助はありえません。


これは私が少年野球から変えたいルールの一つです。

子供にやさしい野球

必ずいつかは!(^^;)

matsum1.gif

松井秀喜選手はメジャー1年目から、手のひらをパーではなくグーでタッチしてましたね。これも相手投手への配慮だったのでしょう。




正しいルール説明の動画はこちら



勉強になります。


追記です
2018年10月22日
ホームランに走塁援助なし


高校野球で起こった出来事です。
少年野球もボールデッドのホームランはハイタッチOK!でも相手に配慮しようねで行きましょう!
posted by metoo at 01:21| 千葉 ☁| Comment(2) | 審判 | 更新情報をチェックする