2005年11月25日

ちょっとしたお遊びゲーム

ちょっと話題が暗かったので、
本日2つ目のエントリーです^^

雨でグランドが少ししか使えない時、
時間があと少ししかない時など
みんなで楽しむ練習メニューです。
運動神経をみがきながら、チーム一体となる目的です。

ケンケンパッのお遊びです。
ケンは片足、パッは両足、昔よくやりましたよね。

まず、ミュージックを決めます。
例えば
「でんでんむし」とします。

で〜んでん む〜しむ〜し か〜たつ〜むり〜♪
ケ〜ンケン パッ パッ  ケ〜ンパッパッ

つのだせ やりだせ めだま〜だせ〜♪
ケンケンパパ ケンケンパパ ケンパッパッ〜

などケンパッのリズムをいろいろ作ります。

最初は出きなかった子も、しばらくすると、みんな出来るようになると思います。

面白いのはこれからで
ケンパッをパッケンに入れ替えます。
パ〜パ〜 ケンケン パ〜ケンケン
パパケンケン パパケンケン パ〜ケ〜ンケン

頭で理解した事を、体で表現する
これがなかなか難しいようで、
子供達のはがゆい悩む顔がかわいいです^^



もう一つは、縦スキップです。

横にスキップは、右に向かって
タンタタン タンタタン タンタタン
簡単にできるでしょうが、

体の正面に向かってスキップします。
さらに、
左足が前で、タンタタン
右足が前で、タンタタン
これを繰り返します。

これも、すぐにはできませんが、慣れてくるとできるでしょう。


その他、
○大縄跳び
大きなロープを使って、
声を出しながら50回100回めざせギネス!

○馬飛び
ベーラン競争に負けたら?
2つに分けてホームからセカンドから?

○ジェンカ
馬飛びに負けたら?
一列になって前の人の肩に手をのせて、
両足そろえて、前,後ろ,前前前の繰り返しで進む

昔の遊びを思い出すと、
今の子供達にも楽しめる遊びがいっぱいありますよね^^


posted by metoo at 12:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういうの大好きです。
私もチームも。
ゲーム性のあるもの、競争心をちょっと刺激するもの。
いつの間にか、私が本気になっています。
Posted by ラピュタ之介 at 2005年11月26日 00:25
ラピュタ之介さん、ありがとうございます。

冬場の練習は、寒さのせいでどうしても笑顔が減ってしまいがちです。苦しい練習でへとへとになっても、笑顔で終わる練習メニューをつくりたいですね。
Posted by metoo at 2005年11月26日 00:44
これからの季節、このようなネタは一杯欲しいですね。毎回同じだと、子どもたちも飽きてきますから…。

私が小学低学年の練習でやっている“ちょっとした遊び練習シリーズ”も紹介します。

【その1:ボール拾いリレー】
2チームに分け、1・2塁間の左右(ホームベースよりとライトより)で往復リレーです。1・2塁間の真ん中ぐらいから2塁ベースの間に人数分のボールを両チーム分並べます。
両チーム同時に一塁から2塁に向けてスタートして、第1走者がボールを拾ってきて一塁方向に戻り、次の走者にタッチして第2走者もボールを拾いに行きます。この繰り返しでリレーします。
ボールまでの距離が様々ですから、チーム内で、誰がどこのボールを拾いにいくかを話し合います。この話し合いを聞いていると面白いですよ。最近は、ベーランリレーより人気があります。

その2:【地獄の盗塁リレー】
これも1塁と2塁の往復リレーです。が、なぜ地獄かというと、一塁線とリード幅(2mくらいで線を引く)のところで反復横飛びのように10回行ってから2塁に向かって走り、2塁ベース触ってから一塁へ戻ってきて、第2走者とタッチします。この繰り返しです。
反復横飛びの時点で、へばる子がいます…。そしてヨロヨロと2塁に走り出します。(笑)
辛そうですが、応援は盛り上がります。
「さぁ、もう一回やろう!」と言うと、一部の子からブーイングが起こります。(笑)
ネーミングを失敗したかな?
Posted by 始動者 at 2005年11月26日 01:45
こういうメニュー・・・
我がチームにはあまりありません。
今後、皆さんの所のメニューを頂思っております。(^o^)是非是非よろしくお願い致します。

 参考になります。(^-^)

Posted by Shin at 2005年11月28日 13:32
指導者さん、ありがとうございます。

冬場は走らせたいですね。
きついメニューほど、笑顔と楽しさが必要と思います。
私も参考にさせて頂きます。
「地獄」とつくと子供は引いちゃいますね^^
Posted by metoo at 2005年11月28日 14:10
Shinさん、ありがとうございます。

同じメニューの繰り返しは、飽きますしやりすぎて故障も多くなります。
子供達にとって遊ぶ事は、なによりも筋トレにつながるでしょう。すぐには結果はでませんが、楽しいメニューで体を動かしてあげて、1年を通して成長してくれると思います。
Posted by metoo at 2005年11月28日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。