2005年11月24日

止まれない子供達

最近、気がついた事が一つ

全力で走って
急に止まって
反対方向に全力で走る

これができない子供が多すぎる

合同6年生チームを見ていますが、
6年生でも出来ない子がたくさんいます。

例えば
塁間ではさまれて、行ったり来たりするシーンがあります。
フライを前進して、やっぱりバックするシーンがあります。
逆シングルで見事キャッチ、でも投げれないシーンがあります。

つまり、子供達が止まれない運動神経のままなのでは?
そう考えます。

立花龍司さんのトレーニングスタジオ
No3、体のキレを維持するランニング
「リターンダッシュ」
というメニューがあります。

これを「往復ダッシュ」と呼び名を変えて、冬場のスピードアップを目的として、冬休みの朝練習を行いました。(このメニューは後日に)
○10mくらいを往復します。
○左に行ったら左足でストップして、左の靴を左手で触ります。
○逆に右に行ったら右足でストップ、右手で右の靴を触ります。
これをきちんと出来ないと、ノックや走塁中に、足首の捻挫などに繋がるかも知れません。

もう一つの練習は、
守る「前」「ショートバウンド」「横」そして「最後の一歩」
2−5−3の練習の中に取り入れています。

「ストップバック」
stopback.jpg
@5から全力で2に向かって走ります。
A2が「ハイ」と言ったら、フライを5のあたりに投げます。
A急停止して戻ります。
Bキャッチしてファーストへ送球

止まれない子供達
なんとかしないとしないといけません。
posted by metoo at 14:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご指摘の通りです。これはやはり踏ん張りが出来ていないのですね。
うちのチームも大半がこういう子ですね。
今の子供達は鬼ゴッコとかやらないんですかね?

Posted by ドラ夫 at 2005年11月24日 20:24
ドラ夫さん、ありがとうございます。

踏ん張って止まれないですよね。
この踏ん張る体重移動は、投げる打つにも大切な要素だと思います。

私達チームの小学校では木曜18時から20時まで、ミニバスケットボール教室をしてくれています。バスケットボールは、この止まって走るが多いスポーツです。チームのみんながバスケ教室に通い、夜遊び感覚で汗を流しているようです^^
Posted by metoo at 2005年11月24日 20:42
うちでは低学年の間、ダッシュ系の練習のメニューに「ゴーバック」というのがあります。
全力で走らせ、指導者の「バック!」の声で踏ん張って止まり、逆方向へ走る・・・で、また、「バック!」の声で踏ん張って止まり、逆方向へ走る・・・
まあ、声のタイミングを予想して全力で入らない子供もいますが・・・^^;
Posted by さとる at 2005年11月24日 22:23
言われてみれば、その通りですね。踏張りが利かない子供が多いです。意識して、そういう練習をさせなければならないのかも知れません。ランダウンプレー、三遊間の遊ゴロ、二遊間の二ゴロなど踏ん張らせる目的での練習をさせるようにしようと思います。
Posted by うめたろう at 2005年11月24日 23:15
さとるさん、ありがとうございます。

「ゴーバック」こう言った練習をやるかやらないかで、1年後には全く違う子供になりそうですよね。
ブラジル体操を私達は年間やっていますが、1年前を思い出すとスキップが上手くなったのがよく解ります。
このスキップも、捕ってから投げるまでの大切な体の動かし方と思います。
Posted by metoo at 2005年11月24日 23:22
うめたろうさん、ありがとうございます。

実は私達チームに、中学野球部顧問の息子さん2年生が入部しました。
その方と一緒に少年野球、中学野球について話を聞くと、
「投げる、打つは毎年上手な子が増えているが、動ける子が年々少なくなった」
技術の向上と、体力の向上がつりあっていないそうです。
言われてみると、なるほどなぁと思いました。
Posted by metoo at 2005年11月24日 23:26
少年野球に関わってまだ半年ですが、
我々が子供の時と、今の子供達の違いは
やっぱり根本的な運動能力なのかなぁ?
と実感しています。

基本的な動き・・・
これが鈍いような気がしています。

この冬にはトレーニングしないと・・・
 危機感感じてます。
  メニューまた楽しみにしています。
 
Posted by Shin at 2005年11月25日 11:10
Shinさん、ありがとうございます。

>やっぱり根本的な運動能力なのかなぁ?

私も子供達を見ていて、あぶないなぁと感じる事がよくあります。フライをバックして取りに行って、後頭部から倒れる、ひじから倒れ落ちる子供など、倒れ方の運動能力と感じます。
Posted by metoo at 2005年11月25日 11:25
私も思います。
ストップと同時にスタートをきれない。体重の移動ができない、タイミングがわからないのではないかと考えました。
リターンダッシュ。さっそくぱくらせていただきます。
Posted by ラピュタ之介 at 2005年11月25日 12:30
ラピュタ之介さん、ありがとうございます。

相手から逃げて遊ぶ、鬼ごっこ不足でしょうか。

ストップして走り出す事が、スピードアップに直結してるバネのように思います。
これが上手くできれば、ひょっとしたらすごく守備範囲の広いチームができあがりそうですね。
Posted by metoo at 2005年11月25日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック