2008年05月15日

無死と一死の違い/満塁

昨日に引き続き、

ノーアウト満塁
ワンアウト満塁

この場面での守備位置の違いを考えて見ます。

2006/02/09「2.3塁の前進守備」

この日のブログでは「ツーランスクイズを警戒する」ケースで、
「二塁走者をどちらがマークするか?」をコメント頂きました。

今回は満塁なのでホームはフォースアウト、
「ツーランスクイズは意識しなくていいのか?」
と聞かれたら、
「満塁は二塁走者ノーマーク」と私は考えています。

「無死満塁は、ホームでフォースアウトを一つ取ってくれ!」
これだけに絞った方が、子供達は分かりやすいでしょう。


051501.jpg

無死満塁は、サードだけマーク。

051302.jpg

問題は、一死満塁のケースです。

全ての走者にマークを入れられる、
ダブルプレーがどこでも狙えるケースです。
二塁走者もマークができる中間シフトが私の考えです。
(ファーストはベースにつかないで半分マーク)


◎サード前、ピッチャー前、ファースト前はホームゲッツー狙い。
(サード左はセカンドゲッツー、サード右は三塁を踏んでファースト送球など状況判断をプラス)

◎ショート、セカンドは、二塁ゲッツー狙い。

◎バントやボテボテのゴロは最低でもフォームでアウト一つ増やし、二死満塁狙い。

いろんな選択肢が考えられるケースです。



無死満塁と一死満塁

皆さんのチームでは、どんなアウトを狙って、どんな守備体制ですか?

アドバイスお待ちしておりますm(__)m

posted by metoo at 12:21| 千葉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
スマイルヒットさんのとこから遊びにきました。
すごく考えさせられるので楽しそうです。

自分が指導者して時はmetooさんと同じでしたね。
基本的にはホーム狙いでした。
確実にアウトウントを増やして、うまくいけばゲッツー狙う。
レベルの低い野球でしたので単純でした。
サード左はセカンドゲッツー、サード右は三塁を踏んでファースト送球でいいと思いますよ。
打球の質で考え方も変わると思いますけど。
なんのアドバイスにもならなくてすいませんでした(汗)
Posted by papa at 2008年05月15日 22:12
◆papaさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

まだキャッチボールがヘタだから、
レベルを落としていいのか?
それよりも先に、失敗してもいいからダブルプレーで2つのアウトにチャレンジするのか?
勇気がいる決断だと思いますが、次のステップを先に見せてあげることが、毎日のキャッチボールの重要性に繋がると考えています。

チームの方針によって違ってくるでしょうけどね^^
Posted by metoo at 2008年05月16日 03:48
これですね、いつも守備側の課題になります。ウチもちょっとしたスポ少の監督やってますが、満塁の時は悩みますね。

というのも、2塁ランナーを自由にしてしまうと、いくらアウト1つといえども、2ランスクイズが決まる可能性がはるかに跳ね上がります。そういうのをやらない(やれない)チームなら、上記の「アウト1つとる」シフトもありとしてます。

ただ、セカンドを2塁に泳がせすぎると、単なるセカンドゴロが間に合わずライトセンター間にコロコロ…セカンドが全力で走ってるのはわかるんですが、いかんせんそういったシーンを過去に3度は見てます。しかもそれが全てスペシャルの時のいうのがまたトラウマですね。

ですから結論
・相手チームを知ってる場合、レベル的にいやらしいところは2塁マーク、そうでなければホームゲッツー
・わからない、知識がない、はじまったばかりのピンチwの場合は、限りなくホームゲッツーに近いシフトを取るかな…

難しいところですね
Posted by みつ at 2008年05月17日 06:49
◆みつさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

満塁でも、きちんと狙いを定めて転がすスクイズを仕掛けてくるチームはいますね。

私は満塁のケースはあまり前進守備をさせません。ホームタッチプレーではないので、ゆっくりフォースアウトを狙わせます。一死だったらもう少し下げて、二遊間は塁線上くらいの中間シフトです。

ただし、一塁と三塁はやや前です。
前のバント処理は一塁、投手、三塁の三人を鍛えていました。

たとえ満塁になったとしても、大量失点を防ぐ内野守備を選択しています。
外野はセンターだけを前進守備に出しています。

いろいろありますけどね^^



Posted by metoo at 2008年05月19日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック