2008年05月07日

大人と子供が同じ数

さてさて

嬉しいような困った問題。

問題はまだ起きていないが、

一つ悩みがあります。



タイトル通り、

私達の少年野球チームが、
大人が22人で子供が22人のチームとなりました。

ヽ(´▽`)/  ヤッタァー

大人が増えて、子供の数は伸び悩み・・・
喜んでいいのか、悩みが増えるのか?

今のところ、大きな問題に発展するようなことはありませんが、
派閥のような大人のグループが出来たり、
練習に来てもやることが無かったり、
どこかで小さな不満の声がでていないか?

これだけの大所帯となるのは、チーム創設以来初めてのことなので、どこか心配です。


土日の練習で、平均6人から8人。
公式戦の日には、10人から14人ほど大人が集まってくれています。
昔に比べると、審判員の割り振りも大変助かってます。


人数が少ない頃。
大人が2,3人でしたら意思の疎通はしやすかったですが、
試合や大会の準備が一苦労でした。

逆に20人を超えると、なかなか難しい部分が予想できます。



まず今年、今すぐに準備を始めようと思うのが、

* 練習に来ても役割が無い。

チームの中に、もう少し細かく役割分担を作ろうと思います。




昨年は「父母会」を作りました。
今年四月から「審判部」を作りました。



次は「事務局」を作ろうと思います。
大会登録申し込み、登録費、大会ルール、
試合日程の確認などが、事務局の役割です。
高学年チームと低学年チームにそれぞれ1人、
副事務局長(副マネージャー)をお願いしようと思います。



その次が「事情部」です。
グランドに関する事業。
日程に合わせてグランド予約や確認。
ライン引きや駐車場、草むしりなど。
道具、備品などの管理。



チームが大きくなれば、
大人が増えたから。。。。優勝できるわけではありません。

しかし、チームの運営に関しては、
格段と良くならなければいけないでしょう。

会社と同じように、大きくなればなるほど、
「責任感」が「やる気」に変わるのが大人かもしれません。

無理矢理責任を押し付けるわけではありませんが、
もう一歩、チームに足を踏み入れてもらえると、
チームへの愛着が深まることでしょう。



大人が多くなってくると、
子供にとってはどうなのか?

誰の言うことを聞いていいのか?

「子供達が迷い始めるのが心配です」

大人が多いチームをいろいろと見てきましたが、

大人は元気がいいけど子供がおとなしい・・・

そんなチームもありました。


20人の指導者より、
3人から5人程の指導者が望ましいのが現場です。

指導の統一に関しても、
うまく調整が必要になる時期でしょう。




20人の、大人のコミュニケーション。

なかなか難しそうですが、

お酒だけのコミュニケーションばかりでなく、

大人の草野球チームでもつくろうかな?

やってみる価値はありそうです^^

posted by metoo at 19:09| 千葉 | Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいじゃないですかぁ〜
うらやましいっス。
私はJrチーム(17人+α)を
1人でみなくてはならない時もあります。
Posted by Fastballer at 2008年05月07日 19:39
20人もいたら大変そうですね。@@

ウチは7.8人ですが大モメです。;;
今年からスタッフ編成が変わって・・

大人が楽しく出来ていないのに 子供たちに楽しい野球なんて教えられる訳無いと思うんですが・・??

私はまだコーチになって日が浅いので敢えて中立の立場で立っていますが 
いい加減疲れましたね・・><

20人まとめるの大変だと思いますが 頑張って下さい!
Posted by 新米 at 2008年05月07日 21:28
本当に大変そうですね。
大人達も色々なことを学童野球で経験するのでしょう。
総監督の腕の見せ所でしょうか^^;
Posted by trytry at 2008年05月07日 23:49
協力してくれる大人が増えることは喜ばしいことですが、22人もいると、難しい人もいるのでしょうね・・・

”子供のために!”という大前提の下、一致団結して動ければ、強力なバックアップ体制が取れそうですね。
Posted by PAT at 2008年05月08日 00:32
ずっと以前にこちらのブログで、何から何までmetooさんが全部こなしている・・ というエントリーがありましたよね。

その事を思えば、協力してくれる大人が多いのは助かりますよね^^

ただご指摘のように、折角来てくれたのに、手持ち無沙汰じゃ張り合いもないですから、役割分担は急務でしょうね。

Posted by ドラ夫 at 2008年05月08日 00:42
先日は、どーもです(=^^=)

子供達と一緒に、野球を楽しみたい!
子供達に野球の楽しさを伝えたい!

こんな思いでオヤジチームを結成しました。
試合する度に、親睦は深まりますし、いろんな部分が見えてきます。
是非、子供達も含め交流戦お願いします^^

Posted by K'Sクラブ20 at 2008年05月08日 01:19
大変ご無沙汰してます。はずかしながら昨年秋くらいからウチも運営で揉めてましたが、なんとか落ち着きました(笑)。ホント親の人数が多いと大変です。

選手に「オレがオレがじゃなくチームプレーが大事だ」なんて言いながら、親はあまりチームプレーが出来ないです(笑)きちんと役割を振っても、親の人数が多いと我が子の執事になるような人もいたり、役割を無視して先輩風を吹かせて他の親の役割をぶんどったりするような人もいますが、選手に混乱を起こさない範囲ですとスルーしてます。

そうもしないと指導者の指導者が必要になってきます(笑)
Posted by まっちゃき at 2008年05月08日 07:52
多いですね〜!20名ですか!
我がチームのコーチ陣は、総勢10名おりその内約3名が応援担当コーチ?(仕事の都合で...)
レギュラーチームは監督含め3〜4名体制で練習を行ってます。
ジュニアチームは2〜3名+α(見学に来たご父兄)で乗り切っております。ごく稀に1名(私だけ!)の時もありますが...
指導方法等は、基本的に監督と1〜2名のコーチに任せており、その他のコーチ陣は精神論!( ^ ^ ; 声出せ〜!とか、もう一本貰っとけ〜!とか、ファイト〜!一発〜?とか...
練習終了後の反省会の席上(宴席)で結構しっかり議論しますよ!それが良いんでしょうね!?
でも、もしかしてそんな風に思っているのは私だけだったりして!?(恐ろし〜)
Posted by ヒゲ親父 at 2008年05月08日 12:34
コーチが多いと、指導方法のスリ合せが大変です。総監督の腕の見せ所ですね。

数えてみたら、我がチームのスタッフは23人もいました。でも常に顔を出してくれるのは約半数なので、むしろ大人が少ないように感じます。特に低学年チームは。

また、練習試合お願いします。
指導者の対決でもいいですよ。
(ハンデ下さいね)
Posted by ヤス at 2008年05月08日 13:03
20人も居ると、「やる事無いから」
って言う人、絶対出てきますよね。
何かしら有ると思うのですが・・・

ウチはPTAのチームが、指導を
手伝ってくれます、今年子供チームが
合併したので2チーム分。
(大人は、まだ別々活動中です)
違うチームですから、意思の統一の為
何時の年よりコーチ会議が多いです。
Posted by 穴金空歩人 at 2008年05月08日 13:40
20人は多いですね。我がチームは常時来ていただけるコーチと名の付いている人が4人、と監督です。ただし、中学年(4年生)以下が最近4・5人入ってきて、総勢34人位の子供集団になってしまったので、グループ分け(正規レギュラー、ジュニア、初心者)すると、コーチの目が不足してしまってます。大いに越したことはないですが、ヤスさんの指摘どおり、指導内容のすり合わせが重要ですね!一番混乱するのは、子供たちですもんね。「あのコーチとそのコーチの言うことが違う〜!」が一番困ります。昨年までは我がチームでも指導内容の違うことを伝えてしまっているコーチがいまして、我が息子のへたくそ坊主も混乱してました・・・・・。
Posted by へたくそコーチ at 2008年05月08日 15:35
大人の方がそんなにたくさんー。羨ましいです。うちは現役父兄でも試合しかきてくれない人もいて、そんなことはどうでもいいですがバッピが大勢いてバッティングとバント練習はたすかりそうですね。私は毎週2,300投げて肩と腰がヤバイ状態です。でも全力で投げた球をヒット打たれると気持ちよくやめられません。
Posted by RK at 2008年05月08日 19:11
私たちのチームも子供が20人ちょっと。練習に参加する大人は月2回程度の当番制で、数はmetooさんの所と同じくらいです。指導は外部の(父兄でない)監督、コーチ中心で、お父さん達には特に役割を振っていませんが、遊んでいる方はなく、黙々とお手伝いしてくださいます。入部の段階である程度覚悟されてるからか、各家庭の温度差が比較的少ないように感じます。…というか、弱小チームなので遊ぶ余裕がないというのがホントのところかも(^^;)
Posted by quimei at 2008年05月08日 23:16
さてさて・・・
試合はいつにしましょうかね・・・
Posted by kapy at 2008年05月10日 12:00
お父さんの参加者が増えると、なにかと助かりますよね。確かに増えてくると意思の疎通が難しくなります。特にお母さんの達の派閥なんかできたりして・・・やりにくい点もあります。
でも少ないより多いほうがいいと思いますし、大人が盛り上がれば、子供も盛り上がるような気がします。
強いチームは、大人たちの団結がいいです。
Posted by CB at 2008年05月12日 22:52
◆Fastballerさん、ありがとうございます。

大人は増えて嬉しいんですが、
子供がなかなか増えていきません。
いつ子供が50人に増えてもいい準備だけはしてるんですが・・・


◆新米さん、ありがとうございます。

子供達が主役は守らなければいけませんので、
大人がしっかりサポートできる体制を築こうと思います。

>大人が楽しく出来ていないのに・・・

ここに注意しながらですね^^


◆trytryさん、ありがとうございます。

20人いても、高校野球までの野球経験は私一人なんです。
まぁ経験者が多ければ強いわけではないんですが・・・


◆PATさん、ありがとうございます。

1人で生み出せる力って「1」か「2」くらいですが、
22人いたら「50」にも「100」にも出来ると考えています。
まずは、チームの方針から考え直そうと思います。


◆ドラ夫さん、ありがとうございます。

以前に比べると、私も楽な役割になりました^^

ただし、大人が仲良しで上手く運営が出来ても、
勝ち上がるチームか?とは別問題の状況に感じます。

少年野球とは何なのか?
どんなチームを作り上げたいのか?
結果として、どこを目指していくのか?

なんとなく、大人のために動いている私がいます。。。


◆K'Sクラブ20さん、ありがとうございます。

ご覧の通り、元気の無いチームです。

大人が楽しみながら野球を経験し、
それを、子供達に伝えていく方向を試してみようと思います。

ぜひ大人の交流戦も実現しましょうね^^


◆まっちゃきさん、ありがとうございます。

仰りたい事が、とてもよく伝わってきます。

そうならないように進めて行きたいのですが、
どこをどうしたら良いのか悩んでします。

今年のヤクルトのように、
スクラップ&ビルド も必要かな?なんて考えています^^


◆ヒゲ親父さん、ありがとうございます。

現在のチームは円満に運営されています。
特に大きな問題もありません。

運営が上手く行っても、
大人がいくら満足しても、

子供達がどうなのかな?

大人ばかりが満足して、
子供は満足してるのかな?

二つの方向から見ると、答えが違ってくるように見えてしまいます。


◆ヤスさん、ありがとうございます。

今まで勝たせてもらったことがありませんから、
大人だけは勝たせてくださいね!^^

ハンデは、子供達に先に試合をしてもらい、
その試合結果から、大人が始めることにしましょう^^


◆穴金空歩人さん、ありがとうございます。

コミュニケーションはとても上手く行っていると思います。

新しいお父さん方も頑張ってくれています。

しかし、何か足りないんですよね・・・



◆へたくそコーチさん、ありがとうございます。

指導方法のすり合わせは、まだ一度もしたことがありません。
ここが一番大切なんでしょうね。

動かなければいけないのですが・・・
なかなか時間が合わないんですよね・・・


◆RKさん、ありがとうございます。

少なくても大変ですが、多すぎても苦労がありますよ。

子供には言いたいことが言えますが、
大人には言えなんですよね・・・


◆kapyさん、ありがとうございます。

そういう時だけ必ず来る方っていますよね。

それは私です^^


◆CBさん、ありがとうございます。

その団結を上手く後ろから手伝ってあげようと思います。

きっかけは、大人の草野球チームかな?
試しに動いてみようと思います。
Posted by metoo at 2008年05月13日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック