2008年04月21日

20km差

バッティングセンターで70kmの球を約20球打ちます。

大人でしたら目が慣れてくれば普通に打てるでしょう。

70kmを打ち終わったら、すぐに90kmの球を打ちます。

初球からジャストミートできたでしょうか?

90kmを約20球打った後、すぐに110kmを打ちます。

90→110kmの初球をすぐに打てたでしょうか?


この逆もやってみます。

110km→90km

90km→110km

今度は待ちきれずに、泳いでしまうでしょう。



中学校になると「変化球」が待っています。

「変化球」と聞くと、
曲がったり、落ちたり、揺れたり・・・

いろいろと投げたくなってしまうでしょうが、
実は曲がったり、落ちたりよりも、

「20km」

このスピード差が大切な投球技術と考えています。


キャッチャーから考えて、
バッターを打ち取るには、

左右の変化、上下の変化

いろいろとありますが、

バッターのタイミングを狂わせるのに、
私が一番大切に考えているのは、

「前後の変化」だと思っています。


変化球はまだ曲がらなくても全然OKです。

もちろん、曲がったり落ちたりする球があれば便利ですが、
「前後の変化」の次に必要なのは「コントロール」が欲しいです。

これもキャッチャー目線ですが^^


120kmのストレート
100kmの変化球
チェンジアップ、カーブ、スライダーなんでもOK!
(松坂投手もスライダーのスピードを今年10km落としましたね)

「20km差のボール」を
腕の振りを変えずにマスターしましょう。

20kmの差があると、
ストレートがさらに生きてきますよ!




もう一つ、欲しい球をあげれば、
イチローや松井秀選手の影響でしょうが、
右投げ左打ちの子供が増え続けています。
打者9人中、左打者7人というチームもありました。


「左打者のアウトコースへ逃げて落ちる20km差のボール」

この球が、これからの右投手には必要な時代。
または、左打者には左投手。
左投手がどのチームも必要な時代とも言えるでしょう。

posted by metoo at 19:25| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kho君でけーってみんなでいってたようです。
先発ピッチャーいい球なげていたと長男坊主いってました。
長男はチャンスに打てない四番バッターだったようです。
一試合目先発でなく6,7回二回程投げたらしいですがコントロールがバラバラと監督から聞かされました。その後左投げなのになんでご飯も鉛筆も右なのか?って話になり即、左に直すことになりました。指先の微妙なところはあるかもとのことです。ここまでノーコンだと何でも試したくなります。変化球のかかり具合も変わってくれればありがたいですね。
Posted by RK at 2008年04月21日 22:19
この頃よく長男と変化球の話をします。
私も変化球は曲がりの大きさではなく、
「球速の差、緩急じゃない?」
なんて話をします。

最終的にはドカベンの「不知火君のチェンジアップ」
同じフォームで球速の差をつけるのが目標です^^
まずは彼の場合、ストレートを磨くことが優先課題です。
Posted by gittyo-4 at 2008年04月22日 00:29
こちらでは御無沙汰です。
うちの息子は学童時代でのバッセンは65kのタマをセンターへ打つことに費やしました。
私の勝手な考えですが、速い球を打つのはこれはもう打者の感性というか素養のような気がします。でも遅い球を打つのは技術じゃないかと。
結論は出ていませんが変化球を交えた投球がある中学野球に進んでこの練習が間違っていなかったと考えています。
息子よりパワーのある選手はいますが、親の欲目ながら変化球打ちは息子が一番のような気がします。なのでこれまでの打席で三振はおそらく2打席くらいしかありません。
バッセンで速球ばかりの選手は追い込まれれば仰せの通り逃げるスライダーで簡単に打ち取られますね。
打者側からの観点でした。
Posted by 磯じまん at 2008年04月22日 09:34
豪州では、中学生は硬球を使いますが変化球が禁止です。
先週息子チームに帯同してアンダー14歳のナショナルチャンピオンシップにメルボルンまで行ってきました。
我がNSW州選抜は決勝でVictoria州に6-1で惨敗して2位でした。
その試合は両チームともエースが登板。お互いマックス130kを超える(だろうと思われる)速球派でしたが、緩急を上手く使い分けたVictoriaに軍配が上がりました。
我がエース君は愚直なまでの速球1本やり(涙)
彼にチェンジアップがあったら今頃ナショナルチャンピオンだったかも!ってついつい思ってしまいます。
Posted by 野球中年 at 2008年04月22日 09:59
おっしゃるとおりだと思います。
ただ、同じフォーム、同じ球速と思わせる球の軌道を作りながら、スローなボールを作ることが難しいわけです。
カーブ、チェンジアップはリリース直後の球軌道でばれます。
ストレートと思わせて実は多少スピードが遅く、多少変化もするというシュート、スライダー系の球が有効となるのですが、マスターが難しく、結果として、ストレートのフォームまで狂ってしまうことがありますので注意。
Posted by touch at 2008年04月22日 12:30
◆RKさん、ありがとうございます。

「大きい体の子もたくさいんいたし、あれで2年生チームだったら来年が楽しみだと思うよ」って、生意気言ってました^^

一塁ベースでお互い気にしていたそうです。
(バッティングセンターで会ったよね)とは、声をかけられない、
恥ずかしがる年頃ですね^^


◆gittyo-4さん、ありがとうございます。

なぜ
「プロ野球選手がプロ野球選手の握りを聞きたがるのか?」

って考えると分かりやすくないですか?

変化球は投げ方ではなく、握り方だと私は考えています。



◆磯じまんさん、ありがとうございます。

こう言った、先を見据えた練習も大切なんですね。
ウチの息子には「振れ!」どんな球でも「振れ!」しかいいませんでした^^
流し打ちや変化球打ちも練習してますが、バッターボックスに入ると「ライトスタンド一直線!」頭はスッカラカンのようです^^



◆野球中年さん、ありがとうございます。

まだ14歳ですからね。
未来の豪州チームエースは

>愚直なまでの速球1本やり

この子かもしれません^^
プロのスカウトは見てますよ!


◆touchさん、ありがとうございます。

どっちがいいですかね〜?

20km差の変化球
10km差の変化球

ダルビッシュを見ながら研究ですね^^
Posted by metoo at 2008年04月24日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック