2008年04月16日

野村克也

この人の本は、何を読んでも刺激を受けますね。

もう少し、この人を偉大さを、野球界は大切にした方がいいと思うのですが、なかなか難しいですね^^


「人間的成長なくして
 技術的進歩なし」

野球人である前に、社会人でなければいけない


この人の下で野球を勉強できたらなぁ〜^^
と考えてしまいます。


たくさんの後継者も育っています。

特に息子さんのカツノリは、
選手としてより指導者として大成しそうな気がします。


NANDA 超偉人 野村克也 その1

NANDA 超偉人 野村克也 その2

NANDA 超偉人 野村克也 その3

NANDA 超偉人 野村克也 その4

NANDA 超偉人 野村克也 その5



野村克也wikipedia

「王、長嶋が太陽の下で咲くヒマワリなら、
 オレはひっそりと日本海に咲く月見草」

王、長島を妬んでいるのは、
実は巨人ファンだったからなんですね^^


posted by metoo at 03:30| 千葉 | Comment(5) | TrackBack(0) | 私の好きな選手 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 野球を通しての野村克也氏は尊敬するんですが、自分で作ってその後、あの母ちゃんに任せた「少年野球チーム」の件だけは、無責任で許せないなぁ〜
Posted by 古田兼好 at 2008年04月16日 11:57
バッティングのところは
参考になりますね。

少年野球でもイチローっぽいスイング
というか
重めのバットに振られている?
体重移動しないと打てない子たくさん居ますよね。


話は変わりますが「欲」に
対してどう思いますか?

息子は、野球の勝負に対して鈍感です。
・試合に負けても悔しがらない
・ポジション争いに負けても悔しがらない

でも
空手を平行してやっているのですが
負けたときに「泣いた」んです。

この負けて泣くって、強くなるための
第一歩だと思うのですが
そこまでの「欲」をどうやって出すのか。

まさに野球こそ人生にまで
なぜなるんだ?というのが疑問ですね。

まあ、親が勝手に熱くなってるってのも
ありますけどね。

私の過去に継続して努力していることが
何かあるかといわれれば・・・・・

血筋ですかね。

長文恐縮です。
Posted by 200million at 2008年04月16日 19:29
私も尊敬する野球人の1人です。

確かにこの人の下で勉強したいですね。
Posted by ケロの父 at 2008年04月16日 22:23
私も長いこと野球をやっていて、その根幹には、捕手目線の考え方があります。野村監督の野球論には大賛同です。データデータみたいなことをよく聞きますが、「セオリー」なんですよ。予は基本!!
あと、いろんなコメントや言葉から推測するに、勉強してるんでしょうね。見習わねば・・・・・。
Posted by へたくそコーチ at 2008年04月17日 11:43
◆古田兼好さん、ありがとうございます。

あの奥様は好きではありません。
特にあのキラキラメガネが好きになれません^^


◆200millionさん、ありがとうございます。

先日書いたブログ「販売士」に置き換えてみます。
http://metoo.seesaa.net/article/91270349.html

@注目
A興味
B連想
C欲望
D比較検討
E信頼・確信
F決定・行動
G満足

興味→僕にも打てるかな?打ってみたい!
連想→打ったらどんな気分だろう?優勝
したらどんな気持ちだろう?
欲望→よーし!頑張って上手くなろう!

「欲」を子供から引き出すには、まず小さな成功と失敗を積み重ね、打ったら喜ぶ、打てなかったら悔しいを、大人が大げさに表現してあげると、子供も感情の幅が大きく育ち「次」という「欲」に繋がるのでは、と思います。

子供に「欲」がない、で済ましては、大人の責任でしょう。大人がバカになって悔しがり、両手を挙げてガッツポーズを見せてあげて、子供から「欲」を引き出してあげるのが私のやり方です。


◆ケロの父さん、ありがとうございます。

目配り、気配り
この辺りが勉強になりますね。


◆へたくそコーチさん、ありがとうございます。

野村監督の言葉って、言われてみると「なるほどなぁ〜」と感じますよね。
言われる前に気がつけばいいのですが、野村監督の目配り気配りって、誰も真似できませんよね。
できるだけ近づきたいとは思いますが^^





Posted by metoo at 2008年04月17日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック