2008年04月12日

三匹の二塁手

ph_435338.jpg
サンディエゴ・パドレス
#10 井口資仁
身長/体重:178cm/90kg ポジション:内野手 投打:右投右打
生年月日:1974年12月4日 出身地:東京都西東京市

ph_493127.jpg
タンパベイ・レイズ
#1 岩村明憲
身長/体重:176cm/79kg ポジション:内野手 投打:右投左打
生年月日:1979年2月9日 出身地:愛媛県宇和島市

64s.jpg
ヒューストン・アストロズ
#3 松井稼頭央
身長/体重:178cm/77kg ポジション:内野手 背番号:3
生年月日:1975年10月23日 投打:右投両打


井口は、フィリーズ、ドジャース、ブリュワーズから、サードのポジションでオファーを受けていましたが、セカンドにこだわりを持ち、今年からパドレスへ移籍。
岩村は今期からサードからセカンドへ。
昨年プレーオフを沸かしてくれたロッキーズの稼頭央は、優勝可能性の高いアストロズへ、しかし臀部の手術で4月13日頃の復帰予定。
(どこを手術したかは2chで調べてください^^)


ちょっと驚いたのは、岩村も稼頭央も体重は80kgに近いんですね。
井口にいたっては90kgですから^^

打順も、井口二番、岩村一番、稼頭央もきっと一番か二番打者でしょう。

日本人はセカンドで一二番打者が似合うのか?^^

スピードがあって、
つなぐ野球を知っていて、
内野をどこでも守れる器用な選手が、

メジャーから要求されてきた。

と言うことかもしれませんね^^



そう言えば、田口選手もカージナルスでセカンド守ってた時もあったなぁ〜



posted by metoo at 16:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに日本人二塁手のレベルは高いです。
しかしです、裏を返せば、遊撃手が出来る日本人内野手はまだ出てこないと言えるのでは?次代の二遊間候補は川崎?西岡?う〜ん・・・。
松井秀喜のような肉体をもっていて俊敏に動ける日本人内野手の誕生を見てみたいですね^^。
Posted by 横浜への道 at 2008年04月14日 16:33
◆横浜への道さん、ありがとうございます。

やはりショートはチームの看板選手なのでしょうかね?
ジーターやテハダ、ロリンズなどと比べると、やはり人気ではかなわないでしょう。

グランドの違いもあるでしょう。
WBCで川崎が何回エラーしたことか。。。^^
Posted by metoo at 2008年04月16日 02:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック