2008年04月07日

最多勝の平均年齢

プロ野球 最多勝の平均年齢

私(1969年生まれ)が記憶にある
1980年代からの記録です。

お時間のある方はご覧ください。


セリーグ最多勝の平均年齢 27.7歳
パリーグ最多勝の平均年齢 25.89歳

両リーグ合わせた平均年齢
26.75歳


18歳の高校生が
15歳の中学生が
12歳の小学生が

今、何をしなければいけないのか?

何を指導しなければいけないのか?



つづきは後日。 イェーイ!
posted by metoo at 13:40| 千葉 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イェーイじゃねぇっての(^^)

ヒントが少なすぎて予想が出来ないよ。
Posted by かに at 2008年04月07日 19:47
野球に限らず、この年代付近が肉体的に一番充実している年頃でしょうか^^;
Posted by trytry at 2008年04月07日 23:20
精神と肉体が一番マッチングする年齢なんでしょうか?

で?で?

どうなんだぁ〜〜〜!?
Posted by at 2008年04月07日 23:42
↑↑ 名前入れるの忘れました^^
Posted by kapy at 2008年04月07日 23:43
10代や20そこそこの若い世代が騒がれる(目立つ)けど、実際は20後半に差し掛かるあたりが実績を上げているんですね。で…、この年齢だから…???
今何をしたらいいのか分かりません。“つづき”を待ちます^^;

私の年齢に当てはめると、パ最多勝平均年齢の時に息子が生まれました。セ最多勝平均年齢の時に娘が生まれました。^^
私のような凡人の年齢に当てはめても 何も見えてきません…。^^;
Posted by スマイルヒット at 2008年04月08日 00:38
メジャーの選手などはもっと長く(年齢的に)活躍するようなイメージですが,日本の選手は短命ですね。
工藤投手のような選手は稀なんでしょうが,何かメジャーのトレーニング方法に秘密があるのでしょうか??
Posted by さんま改めoyaji at 2008年04月08日 08:55
◆かにさん、ありがとうございます。

次の日に打撃の平均年齢を書いたんですが、
投手26歳、打者は29歳
年齢に差がありますが、

22歳24歳でプロに入っても、
十分間に合う年齢だと思います。

子供達は誰でも
「甲子園」→「ドラフトプロ入り」を夢見て練習に励んでいますが、
大学に行っても、実業団でプレーしても、
実はもっと道は開かれているんだよ!
と成長期が遅い子の立場から、私のブログは考えてあげたいと思っています。

19歳の松坂
21歳のイチロー
ここを目指したい気持ちはわかるんですが、
この二人だけがプロ野球選手じゃないんだよ。

と言いたかった数字です^^



◆trytryさん、ありがとうございます。

問題はもう一つ二つあるんです、
誰がこの年齢まで考えて指導をしているか?
選手はこの年齢を超えてからどうするか?

底辺にいる少年野球の指導者は、どこまで考えるのか?
一緒に悩みましょうね^^


◆kapyさん、ありがとうございます。

胃袋と麦汁が一番マッチングする夏は、
もうすぐですね^^


◆スマイルヒットさん、ありがとうございます。

私の同年齢は伊良部選手でした。
しかし同級生として野茂選手がいます^^

だから野茂が大好きなんです!


◆さんま改めoyajiさん、ありがとうございます。

トレーニング方法もあるでしょうが、若い頃から抱えている故障が、日本人選手の短命に関係していると思います。

工藤選手や桑田選手をお手本に、これからの若い選手は、若い時代から体のケアを大切に考えるように変わっていくでしょうね。


Posted by metoo at 2008年04月10日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック