2005年10月26日

サイン

私達チームのサインです。

サインについてはドラ夫さんの
サインのページに詳しく書かれています。

フラッシュサイン
帽子をさわったら盗塁など
ホールディングサイン
腕を組んでいたら打てなど
ブロックサイン
組み合わせによるサイン

このブロックサインが主流のチームが多いようです。
私達チームが使ってきたサインもブロックサインです。

ここでキー(かぎ)という言葉を使っています。
相手に見破られないように、キーと一緒に組み合わせたサインで、いろいろと変えて行きます。「今日のキーはあご」「この試合、最初は帽子、3回から耳に変えるよ」などとキーを使っています。

まず基本になるサインを決めておきます。
「打て」は鼻
「盗塁」は胸
「スクイズ」はひじ
とします。

-----例@------
キーは「耳」とします。耳の次がサインです

手首→肩→胸→耳→胸→あご

これは、耳の次にさわった「胸」盗塁のサインになります。

-----例A------
キーは「帽子から2個目」帽子の次の次がサインです

ひじ→胸→帽子→鼻→ひじ→ベルト

これは、帽子の次の次にさわった「ひじ」スクイズのサインになります。

-----例B------
キーは「3個目」に触った所、1,2,3個目にさわった所に注目です
 
ひじ→あご→鼻→手首

これは、3個目にさわった「鼻」打てのサインにまります。

-----例C------
キーは「耳、両耳は2球目」片手は1球目、両手は2球目で、次にさわったところです

左手左耳→右手右耳→胸→手首

これは、耳を両耳さわって「胸」2球目に盗塁のサインです。

3年間で、相手チームに多かったサインは、上記4つでした。
キーの次、キー2個目、何個目、キーを両手で2度
サインを見破る時は、この中のどれかを先に考えました。

少年野球のサインの特徴
@「子供達に解りやすい」
顔4つ つば、はな、あご、みみ
腕3つ  かた、ひじ、てくび(手首と肘の間などは少ない)
胴体2つ むね、べると(右腰、左胸は少ない)

A「監督の利き腕はノックでわかる」
100%と言っていいほど、利き手で出します。

B「1塁3塁は、必ず盗塁のサインが出る」
C体の何処かを、こすったら取り消しのサインが多いかなぁ?
D何かあるなぁと思ったら、牽制しましょう。

サインを見破れば、盗塁阻止率80%を狙えます。
(捕手の肩もありますが)
盗塁、スクイズは1回目はやられますが、2回目は外せます。

例えば練習試合で「サインを見破れ!」をテーマにします。
「相手の打者と一緒に、全員で相手サインを見る」
イニングの合間に、子供達と答えあわせをしてあげました。

相手のサインを見破ったりするのは、子供達には良くないと思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、野球を続けていくにつれて、サインはもっと複雑になってきます。
「こんなサインもあるよ」
知識として覚えておくだけでも、これから先の野球に繋がるでしょう。
posted by metoo at 00:20| Comment(6) | TrackBack(1) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サードを守っていた長男。
キョロキョロと相手ベンチ(サード側)を見る。明らかに落ち着きがない。
イニングの合間に「お前、何、キョロキョロしてんの?」と聞くと、「サインを盗もうと思って・・・」
「で、分かった?」「・・・分からん。」
「じゃあ、もうキョロキョロせんと試合に集中しろ!」「うん。」
長男小3の秋。サイン盗み失敗の上、集中力欠如により暴投多数の練習試合の風景でした。
Posted by さとる at 2005年10月26日 09:25
うちは監督の方針で、サインは至極簡単(「何回目に触ったところ」だけ)でした。でも、うちの息子を見ていても高校へ行ったら複雑ですし、エンドランだけでも何種類もありますから、対応するのに大変でしたから、私が見ている1年生チームからは方針変更しました。(息子は捕手もやっていましたので、高校入学当初はサイン覚えるのでパニクってました。)
いまのところ「キー+1個目」ですが、今後はバリエーションを増やしていくつもりです。

・・・でも意外と、強い学校ってサイン簡単だったりしますよね。常総の木内さんなんか、テレビで見てても分かっちゃいますから。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年10月26日 10:50
さとるさん、ありがとうございます。

私もサインを出しますが、相手チームの子供達に見られていると、一呼吸置いてしまいますね。
でも、ワタル君もマモル君も立派ですよ!
Posted by metoo at 2005年10月26日 12:55
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

そういえば、長島監督も口の動きで「バント、バント、バント」解りましたね^^

最近のサインは盗塁だけ、ランナーと目があって「ウンウンウンウン」私がうなずいていたら盗塁です。
難しいサインも教えましたが、やはりバッターに気持ちよく打たせてあげたいですね。
Posted by metoo at 2005年10月26日 13:08
TBありがとうございました。
サインは工夫次第で幅が広がりますね。
あまり複雑にすると、選手も大変ですが^^
守備側にもサインがありますし、結構奥が深いですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月26日 17:34
ドラ夫さん、ありがとうございます。

「ノーアウト一塁で、送りバント2球失敗でツーナッシング、落ち込んだ顔で打席に入る」
こんな場面を良く見かけますが、どんな失敗でも、今のうちにたくさん経験させてあげたいと思います。
いろんな経験を勉強して、毎年レベルアップさせてあげたいですね。
Posted by metoo at 2005年10月26日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

頭のぶれ
Excerpt:  {/baseball/}我が子のバッティングフォームについて気づいた事。  構えた段階から、打ちに行くときに頭が下がる。つまり、目線がぶれている{/ee_2/}{/eq_2/}。  よって、ボールと..
Weblog: わい日記2〜goo〜
Tracked: 2005-10-26 01:58