2005年10月20日

キャッチボール その6

maru.jpg
○(まる)もしくはライン

中継プレーを目的としたキャッチボールです。
みんなで円くなって、ボールを2つ回します。
2列に3列(ライン)に分かれてもやります。
時計回り3分
反時計回り3分


注意事項
○ボールをもらう前は正面を向いて「ハイ」
○この時、両手で大きく円をかく。
○投げるボールはグローブ側に投げる。
○相手の奥に投げてあげるイメージ。
○ボールを捕る時は半身でもらう。
○下がりながら捕って「タンタタン」で投げる。
○投げ終わったら、みんな少しずつ動いてます。
 次に投げる相手を確認しながら動くようにします。 

最初から半身ですと、子供達は背中側に動けないようです。
足を動かしながらボールをもらう、とも教えています。

-------------------------------------------------

look.jpg
△(さんかく)

一度ランナーを確認してから投げる目的のキャッチボールです。
ノーアウト2塁、サードゴロ、一度2塁ランナーを、ルックで止めてからファースト送球のイメージです。

3つのグループに分かれて三角の形でキャッチボールします。
捕ってから、後ろで並んでる、次の人の顔を一度見てから投げます。
約5分


@捕る
Aルック(ステップしながら)
Bステップ
Cスロー

ステップは2回になります。
捕ってから 
タンタ(ルックしながらステップ) タンタ(ステップ) タン(スロー)

-------------------------------------------------

gettu.jpg
X(十字)
ダブルプレーを目的としたキャッチボールです。

4つグループ、各ベースに分かれます。
走りながら捕って投げます。
相手が走っているので、タイミングよく投げなければいけません。
約5分


@はAが走ってくるタイミングに合わせて投げます。
@は投げたらマウンドに向かって走ります。
Aは捕ったら、Bへ送球します、
Aは移動して順番を待ちます。

Bは捕ったら@へ送球し、マウンドへ走ります。
@は捕ったらCへ送球し、順番を待ちます。
CはBへ送球しマウンドへ走ります。

この繰り返しです。

走りながら捕るのは難しいです。
マウンドにベースを置いてあげて、2,3m手前でスピードを落とすと上手くできます。
posted by metoo at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | キャッチボール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「×」って"あこがれ"なんですよね〜。
我がチームは「走りながら」ってやらせてないんです。(高学年でも・・・)
多分、投げ方が崩れるからだと思うのですが・・・
逆に小1・2年に「遊び」でやらせるほうが受けいれられるかも・・・なんて密かに企んでます。
Posted by さとる at 2005年10月20日 19:23
テスト
Posted by うう at 2017年03月17日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8378195

この記事へのトラックバック