2005年09月16日

お母さんの為の少年野球 打撃編

子供達がチームで練習している事を、お母さん達にも知ってもらった方が野球は楽しく見れるのではないでしょうか。また、家族での練習や子供との会話に役立てて頂ければと思います。

私達のチームは、ジャンケンポン打法と言う名で、
打撃のタイミングを合わせる方法を取り入れています。

難しい言葉でいうと「シンクロ打法」
シンクロとは同調という意味で、ピッチャーと同調しよう、
ピッチャーとリズムを合わせようと言う意味です。
これは手塚一志さん「バッティングの正体」「うねり打法ビデオ」などから学んだ事です。

まず、テレビのプロ野球中継で気をつけて見てもらいたい点です。
バッターボックスに立った選手の投手側の足です。

イチロー選手で見てみましょう。
投手側の足、イチロー選手の右足カカトだけを見てください。



投手の足が上がって、イチロー選手の投手側の足(右足)のカカトが
「クン」
一回地面を踏みました。

この「クン」の動きを、プロ野球選手でしてる選手がいっぱいいます。
プロ野球を見るときに、ここを気をつけてお子さんと見てください。

この動作を
「踏んで」と呼んでいます。

この「踏んで」をいつするか?ピッチャーが投げる動作のどこで「踏む」か、もう一度、イチロー選手のビデオを見てみましょう。

いろんなタイプの投手、いろいろな打者のタイプもありますが、
「ピッチャーの足が上がって、おしりが下がり始める瞬間」
振りかぶって、足を上げて、重心がスッと落ち始める瞬間が必ずあります。
この瞬間に「クン」と踏むことによって、投手と同調(シンクロ)リズムを合わせて、タイミングを合わせようとしてます。

kun01.jpg

実際には3種類のタイプがあります。
子供が合わせやすいタイプを探してみましょう。
kun02.jpg

「踏んで」の次に「乗せて」
体重をキャッチャー側の足に、踏んだいきおいで乗せ返します。
キャッチャー側の足の股関節に体重を「乗せる」
というと難しいかもしれませんので、
「キャッチャー側の足だけでしっかりと立って見よう」
と言葉を使いました。
「クン」で踏んで「ウン」で乗せる
音で言うと解り易いかもしれませんね。

「踏んで」「乗せて」
あとは乗せた体重で「振り切る」だけです。
少年野球には変化球がありませんので、このリズムのまま振り切ってください。
「コツン」と当てに行ったら、
「人生フルスウィング!」
バッティングは人生そのものです。
「そんな中途半端な子供に誰が育てたの(^^;」
中途半端なスウィングいけません。ここだけは叱りましょう!

「振り切る」ためのコツですが、イチロー選手のように
ボールに息を「フッ」と吹きかけるように打つと、
腹筋がしぼられて、体が前に突っ込造だり、伸び上がってしまう事が抑えられ、下半身の力がうまく上半身に伝わるようです。
「クン」「ウン」「フッ」で振り切ることだけ意識してみましょう。

ichiro.jpg

このリズムが
クン →「ジャン」で踏んで
ウン →「ケン」で乗せて
フッ →「ポン」で振り切る

ジャンケンポン打法と子供達に解りやすい名前にしました。
NHKで手塚さんが子供達に教えていたの見て、大人から子供までみんなで取り入れています。

選手によっていろいろなタイプのシンクロがあります。
例えば、バリーボンズ選手、バットをゆらしながら、投手とシンクロしてませんか?
カカトでなくても、バットを使って、手首を使って、いろいろなシンクロはできます。
こんなタイミングの合わせ方もあるんだ、などお子さんと研究されても面白いと思います。

この打ち方ができたからと言って、全て上手く行くわけではありませんが、少しでもお子さんと一緒に野球が楽しめればと思います。
ラベル:タイミング
posted by metoo at 00:06| Comment(13) | TrackBack(1) | タイミング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の場合は投打ともに呼吸でタイミングをとっています。
テークバックで息を吸って、テークバックのトップで息を止め、インパクトで吐き出す。
なかなか、いいですよ。

話変わって、何か、いっぱい文字化けしてません?
私のパソコンだけかな?
Posted by Skyboys広報 at 2005年09月16日 00:41
Skyboys広報さん、
お疲れ様です。私もこの時間まで仕事です。
息でタイミングを取る、効果ありそうですね。呼吸法は合気道や空手など応用してる分野が多そうです。相手を一撃で倒す、まさにバッティングにもあてはまります。
私もいろいろ勉強してみます。
文字化けはほんとだ治します。
Posted by metoo at 2005年09月16日 00:55
「ジャン」「ケーン」「ポン」
または
「1」「2」の「3」でやってます。

「ケーン」や「の」の時に乗せる様にしてますね〜。


Posted by HAL at 2005年09月16日 06:46
あ〜〜〜〜憧れのタイミング!
でもやっぱり読んでも自分がやらないのでちんぷんかんぷん・・・
さっそく息子に読ませます。
もちろんこれで「できた!」「打てた!」とはならないでしょうがいろいろ考えて試行錯誤するのが子どもにはいいんだろうなと思います。結果につながれば言うことなしですね。
Posted by ボンズママ at 2005年09月16日 09:36
HALさん、こんにちは。

「乗せる」が子供には大事ですよね。

小さい子は特にしっかり体重を乗せて

ドカーンと打ってもらいたいです。
Posted by metoo at 2005年09月16日 14:36
ボンズママさん、こんにちは。

あれ〜だめでしたか?
では、もう少しだけ書き足します。

ジャンケンをする時に、
「ジャン」が無いとどうでしょうか。
「ケンポン」だけだと、相手とリズムが合わず、
後出し、先出しになってしまいます。

バッターはピッチャーとジャンケンをしています。
バッターの前足のカカトのジャンを注意して、
お子さんとプロ野球を見てください。

投手が振りかぶって足を上げる頃に
「せぇ〜の」
足が下がるときに
「ジャン」
やってみてください^^
Posted by metoo at 2005年09月16日 14:44
頂いていいですか?この指導方法。
長男次男に教えてみます。

いつもの事ながら勉強になるな〜。
Posted by さとる at 2005年09月16日 15:09
うちの選手で、ノーステップで殆どタイミングをとるそぶりをみせずに、打つ子がいます。その子に「どうやって球を待っているか」聞いたことがあるのですが、自分では大きくタイミングをとっているつもりなんだそうです。
metooさんも本文で書いておられますが、やはり人それぞれやり方を持っているんですね。
因みに、自分の独特のバッティング・スタイルをもつその子は、新チームで5番を打っています。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年09月16日 16:27
さとるさん、ありがとうございます。
どうぞどうぞ!
奥様もご一緒に家族で楽しんでください^^
Posted by metoo at 2005年09月16日 16:54
少年野球コーチさん、ありがとうございます。

自分らしさが1番です!
その子らしさを作る、きっかけになる引き出しをこちらはいろいろ準備してあげられればと思います。
Posted by metoo at 2005年09月16日 16:59
はじめまして、metooさん。

私の息子は、この春に《少年野球デビュー》した小学1年生です。
その息子にバッティングを教えるのに「シンクロ打法」、たいへん参考になります。

取り入れさせて頂きます。m(__)m
Posted by パワード at 2005年10月10日 16:53
パワードさん、はじめまして。

小学校1年生デビューがんばりましょう!
シンクロは子供達に教えやすいですし、子供達も理解しやすそうで助かりますね。
シンクロも一種のリズムと考えると、リズムは子供達に浸透しやすいのではと思います。
これからも宜しくアドバイスをお願いします。
Posted by metoo at 2005年10月10日 23:44
悪い例だけ教えます。123で打つタイミングです。これを出会い頭といいます。1でためて2でステップ3でスイングです。上を目指すのであれば1で1と2と3を同時に行ってください。つまり1だけです。着た球をいきなり打つのが正解です。
Posted by 野球経験者 at 2016年12月17日 02:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イチロー連続写真
Excerpt: 正確なタイミングとスイングの切れ味。 無駄のない体の使い方でバットをしならせると打球を遠くへ飛ばすパワーが生まれる、というのがイチロー流の考え方だ。  ヒット量産ペースは5年目で最も遅い一方で、ことし..
Weblog: リベラのカットボール
Tracked: 2005-09-16 08:53