2007年09月04日

記録に残らないエラー

ノーアウトランナー1塁

送りバントの構え

バッテリーはカーブでバントミスを誘う選択

ストライクからボールになる低めギリギリの難しい球

バッターはバント空振り!

ショートバウンドになった!

キャッチャーは上手く捕球

一塁ランナーが大きく飛び出している

投げればアウトのタイミング

キャッチャーはミットから上手くボールを握れず

投げれなかった!!!



このイニングが終わってから、
キャッチャーだったkohはコーチに注意を受けたそうです。


『記録には残らないけど、あれはキャッチャーのエラーだぞ!』



今度は反対に、目に見えないファインプレーもあります。


ランナー二塁で小柄な左バッター。

少年野球ではこの場合で、
レフトを極端に前進守備をするケースがあります。

「二塁ランナーが走った!」

この時、レフトがすぐに守備位置をバックして、
三塁への送球バックアップへもできる位置へ走った。

盗塁はアウトになったが、
ファインプレーは、見事な位置へ走ったレフトの判断。

キャッチャーからの送球がそれていれば、、、、
三塁送球のレフトのバックアップが近すぎて、
抜かれたら1点のケース。


見る人から見れば、ボールに触っていないファインプレーです。
(特に低学年の試合)



野球って、見れば見るほど面白いですね!
posted by metoo at 16:13| 千葉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9月30日に「東京六大学オータムラン」という
楽しいイベントがあることご存知ですか?
5kmを走るコースもあるけど、外苑周辺をゆっくり歩いてから、
六大学野球を観戦できるウォークもあるそうです。
しかも、その日の試合は、慶應対東大、そして早稲田対立教。
「ハンカチ王子」斎藤投手が、その日、投げるかはわからないけど、
ゆっくり歩いてから、野球を応援するって、楽しいですね。
大人の引率がいれば、小学生・中学生も参加できます。
「東京六大学オータムラン」。
応募サイトはhttp://www.sportsentry.ne.jp/event.php?tid=12048。締切は9月7日(金)ですよ。
Posted by オータムラン at 2007年09月04日 17:42
外野手のバックアップって、「送球」「打球」色々ありますよね。
でも、なかなか表に出ることはありません。
内野手が取れなかった送球を取って「ナイスバックアップ!」
打球を取るべき野手が取れずにバックアップしていた外野手が取って「ナイスバックアップ!」

バックアップって「たら・れば」のためにやっているんですが、その「たら・れば」がなくても、しっかりとバックアップをしている選手には「ナイスバックアップ!」の声はほしいですね。
特に監督やコーチは、ボールのないところでの選手の動きを見てあげてほしいです。
metooさんなら見ていると思いますが。^^

私の息子も外野(ライト)を守ることもありますが、センターを守っている強肩選手が常にセンターゴロを狙ってダッシュしてゴロを捕りに行きます。
それゆえ、トンネルをすることもありますので、息子には彼がセンターを守っているときは、彼のバックアップをしっかりしてあげな。と言ってありますがなかなか身についていません。^^;


>キャッチャーだったkohはコーチに注意を受けたそうです

えっ!?koh君はキャッチャーをやっているのですか??ピッチャーじゃなくて?
Posted by JT at 2007年09月04日 18:02
先日はどうも。入った瞬間に見つけてしまいした。Koh君大きいですね。ビックリしました。
先日お見せしました次男坊もキャッチーなんですが、とぼけているのかわざとかライトゴロの一塁カバーをせずよく怒られます。
外野陣はカバーがしっかりできるようになりましたのでナイスカバーっていってあげなくては。
長男坊主が秋季大会で右中間にHRをたたき込みました。結果は負けましたが。
Posted by RK at 2007年09月04日 18:35
記録に残らないエラー、好プレーは意外と見過ごしてしまいがちです。しかし、ここを指摘していかないと、良いチームは出来ませんね。記録に残るエラー、好プレーは誰が見ても分かることだし、本人が一番分かっていることですから・・・。
Posted by 横浜への道 at 2007年09月05日 12:48
◆オータムランさん、ありがとうございます。

とても楽しそうな、大学野球ファンが喜びそうな企画ですね!
ご紹介ありがとうございました。


◆JTさん、ありがとうございます。

抜かれたら1点の外野手ですから、内野手よりも外野手の方がどれだけ集中力が必要か?コーチの方達に練習などで一度守ってもらうのもいいかもしれませんね^^

私はキャッチャーだったので、この送球、子の打球に、バックアップしてるか?してないか?が良く見えていました。今でもその癖が抜けません^^

息子はこの大会だけキャッチャーを任されたそうです。
使い回せる子ってことでしょう^^


◆RKさん、ありがとうございます。

ホームランおめでとうございます!
もちろんボールは手元にあるのでしょうね^^

息子さんの体重には驚きました!
中学校通算記録、何本を目指しましょうか?
楽しみですね^^


◆横浜への道さん、ありがとうございます。

例えば、バッターが振り遅れたファールを打った。
このスイングでキャッチャーが守備位置をどう動かすのか?それとも自分達で動くのか?次の配球は?前の打席は?

黙って野球を見るなんて、私にはできません^^
Posted by metoo at 2007年09月05日 16:38
私もコーチとして、一塁けん制でバックアップに入ったライトの選手などは褒めるようにしています。
頭できちんと考えておかないと、そんな動きできませんからね!
そんな子ばかりだといいんですが・・・
私は、ベンチでは戦略よりも褒めたり、エラーした子を励ましたりする方に徹しています。声はでかいですから!!
Posted by 置屁衛 at 2007年09月05日 16:49
◆置屁衛さん、ありがとうございます。

外野手に集中力を保ってもらうのは大変ですね。
バックアップに入った時、忘れてしまった時、きちんと声をかけてあげて「いつも君を見てるんだよ」誰かに見られていると常に感じて欲しいです。

「ライトナイスカバー!」「センターも今の位置良かったよ!」
外野手同士で声を掛け合って、楽しんでもらうのもいいですね^^
Posted by metoo at 2007年09月07日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック