2007年07月30日

甲子園では見たくないなぁ

甲子園神奈川大会 準決勝、決勝戦での出来事です。





073001.jpg


073002.jpg

こういった野球を見ると、

野球って何なんだろう?と考えてしまう。

高校野球って娯楽は楽しい!
見ている人を感動させてくれて、
野球の素晴らしさを伝えてくれる。


しかし

このシーンを見た小学生はどんな気持ちになるんだろう?

少年野球

中学野球

高校野球

いつ どこで 何の為に 子供達は勝てばいいんだろう?


とにかく 桐光学園 甲子園出場おめでとう!





子供達が憧れる高校野球が、
     コレかぁ〜・・・

甲子園では見たくないなぁ〜
posted by metoo at 19:35| 千葉 ☔| Comment(30) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は私、このプレイについてルール上どうなっているか、metooさんに伺おうと思っていたのです。サッカーの場合、スパイクの裏を相手に向けたら反則ですし、悪意があれば退場ですよね。野球の場合、ルールではどうなっているのでしょうか?相手は怪我で退場となっていますし。
Posted by 星 十徹 at 2007年07月30日 20:16
◆星さん、ありがとうございます。

http://www.youtube.com/watch?v=k5M1kQ3JRSA

ズレータ選手の危険なスライディングです。
危険なスライディングは守備妨害となるようです。

今回もセーフなら判定は覆っていたかもしれませんね。
Posted by metoo at 2007年07月30日 21:00
まさにタッグしようとしている時ですから捕手の走路妨害はありえないと思います、だとしたら許せないプレイです
判定がアウトでも厳重注意すべきですね。

学童でもホームインの時(わざと?)ミットをける子がいますよね、プロのまねなのかどうか分かりませんが、何か勘違いしてます、フェアではない行為だと教えてあげないとその子の将来が心配です。
Posted by けやき at 2007年07月30日 21:44
明らかに意図したスライディングで残念に思います(x_x)。。。
先日の阪神vs横浜。WPのカバーに入った投手を、
気使いながらスライディングした仁志選手が印象的でした。
相手も自分も怪我しないプレーを心掛けないと・・・

振り逃げ3ラン。
守備側は誰も気が付かなかったんですかね。
数年前の広島vs阪神では、打者が3ストライク目・ハーフスイング。
捕手がPSし3塁走者がホームインしたけど1塁に走らずアウト。
サヨナラ勝ちが消えたシーンもありました・・・
振り逃げに関しては少年野球の方が、徹底してるかもね(^^;)


Posted by K'Sクラブ20 at 2007年07月30日 22:22
野球は団体スポーツだから、野球をしている子は皆仲間だよ。相手が居てくれて試合ができるんだから相手チームだって仲間だよ。
と、選手達に指導をしている私にとって、衝撃的な映像でした。 退場処分でも良いんじゃないかと思っちゃいました。
いつも有意義な内容をありがとうございます。
Posted by bombersman at 2007年07月30日 22:53
>甲子園では見たくないなぁ〜
本当ですね。
残念ですね。
スパイクした選手が、そのままベンチに引き上げたことにもショック!
Posted by baseball-oyaji at 2007年07月30日 23:15
以前、少年野球で完全に間に合わないのに、ホームで体当たりした選手がいましたが、その時は守備妨害を取ったような気がします。
直後に当該チームの監督が相手チームの監督に謝罪してましたから、チームで指導したプレイではなかったようです。
プロ野球で清原や外国人選手が時々やってますが、マネする子供がいると言う事も考えて欲しいです。
東海大相模があのプレイを指示していたのかは分かりませんが。

>甲子園では見たくないなぁ〜
上の様なプレイは確かに見たくありませんが、振り逃げ3ランは明らかな守備側のミス。横浜ほどのチームでもこういうミスがあるんだなぁと驚きました。

見たい見たくないの論点とはちょっと違うと思います。
Posted by かに at 2007年07月31日 02:56
私もテレビで視ていました。

どちらの応援というわけではありませんでしたが、まず監督さんのお辞儀の仕方でどちらに勝ってほしいか決りました。

相手への敬意、感謝の気持ちが伝わるような礼。

残念ながらお一人には感じられませんでした。

選手のプレーをみて案の定…。

うちのチームでも1年生が練習試合で同じようなプレーをしたことがありましたが、普段温厚な監督がその時ばかりは「あんなプレーをどこで習った?あんなプレーをするやつに野球をする資格はない!」と大激怒。

即交代させていたのを覚えています。

神奈川の審判も厳重に注意して戴きたかったです。

勝てば何をしてもいいのか?

今回は野球の神様の審判が下ったような気がします。
Posted by 常笑 at 2007年07月31日 07:18
本塁突入の激しいプレーは、つきものですが。
何度見ても、ベースではなく落球狙いのスライディングになってますね、試合後は分かりませんが捕手に対しての気遣いも無いし、チョッとね〜ですね。

横浜も後に残る負け方です。
審判もチョッと紛らわしいアクションでしたね!
Posted by つーさん at 2007年07月31日 08:23
う〜ん、これはプロ野球(一部の)の影響でしょうか?metooさんと同じく見たくないプレーです。ただ、走者を援護するわけではないですが、捕手の位置も気になります。流れの中でベースまでの進路をふさぐのは仕方ないのですが、進路をふさぐことを前提とした立ち位置でしたら走者は行く場所がありませんから・・・
確か高校野球では捕手は本塁の右半分までしか足を掛けちゃいけなかったような・・・プレー後の「気遣いなし」は絶対×です!
Posted by くろうとヒップ at 2007年07月31日 09:27
このレベルになれば分っているはずだと思います。悲しいプレーですね。息子はキャッチャーなので、いつかこの様な場面に遭遇するのでは?と心配しています。スポーツにケガはつきものですが、こんな事でケガをして欲しくないです。

先日の練習で、こんなスライディングをした選手にコーチが厳しく注意してました。
Posted by ハッシー at 2007年07月31日 09:29
横浜戦の審判に過誤は無いと思います。
ハーフスイング→リクエストの後,1塁塁審が「スイング」の判定,その後球審は「ストライクスリー」をコールしたはずです。もしそこで「バッターアウト」と言ったとしたら問題ですが,高野連の審判委員であればありえないです。ですので,キャッチャーは打者にタッグするか1塁に送球しなければ「第3ストライクを宣告されただけで,まだアウトになっていない打者」をアウトには出来ません。三振!と喜んだ守備側(捕手)のボーンヘッドだと思います。球審のアナウンスでもそのことが分かります。横浜の監督さんの気持ちも分かりますが・・・それこそ子どもたちも見ていますので。ただ,これはルールの勉強をするうえでは良い例となりそうです。

足を上げてのスライディングは論外です。タッグアウトではなく守備妨害を適用しても良かったのでは・・・。
Posted by さんま改めoyaji at 2007年07月31日 09:44
悲しい映像で怒りを感じました。
これで勝って本当に喜べるのか?
キャッチャーの親御さんの
気持ちを思うと・・・

品位に欠けるプレー
スポーツではないですね。
Posted by じゅん@高知 at 2007年07月31日 11:38
よく見かけるシーンです。野球を教えても
人間を成長させていない。
ランナーなど捕手へのプレー後の気配りがない。
名門といわれる高校としては、情けない指導です。フエアープレーとは?。徹底的に
教えて欲しい。
Posted by 店長 at 2007年07月31日 11:47
 必死であのようなスライディングになってしまった・・・
とは思えない選手の態度ですね。気遣いが感じないから確信犯だな!
Posted by 古田兼好 at 2007年07月31日 11:53
あきらかに落球願いのそれもスパイクで行ってますね。無我夢中でやったとしたら怪我をした選手への気遣いがあって当然です。確信犯そのものですね。

準決勝、決勝戦での出来事、後々も語り継がれますね。
Posted by RK at 2007年07月31日 14:48
野球の素人なので教えてください。
野球のスパイクは、何故鋭利な金属を使用しているのでしょうか?
故意 or 過失にかかわらず、金属を使用している限り、今回のようなケース(怪我)はあり得ますよね?
Posted by TS at 2007年07月31日 22:25
◆けやきさん、ありがとうございます。

残念ですが、良い指導者に恵まれなかったのでしょう。

プロ野球選手、メジャーリーガーを育て上げたから良い指導者か?

全く違うことが、この2試合を見て解りますね^^


◆K'Sクラブ20さん、ありがとうございます。

「負けは指導者の負け」

子供達には何も責任はないでしょう。
子供がタッチしなかったのも指導者の責任。
振り逃げに気が付いていても、ベンチで円陣を組ませて座らせてる指導者の責任。

大人の野球、監督の野球になってしまってますね。

子供達の為に・・・なんて言葉は忘れてしまってますね。


◆bombersmanさん、ありがとうございます。

1人では素振りと壁当て
2人でキャッチボール
9人でシートノック
18人でやっと試合が楽しめます。

感謝の言葉が足りないチームから、感動は生まれませんね。


◆baseball−oyajiさん、ありがとうございます。

http://www2.asahi.com/koshien/89/kanagawa/news/special/TKY200706290211.html

子供には責任はないと思います。
悪いのは指導者です。

横浜の監督さんは「勝つ事にあせりすぎた」


◆かにさん、ありがとうございます。

>見たい見たくないの論点とはちょっと違うと思います。

相変わらず曖昧な表現ですみません。
いろんな意見を聞きたいもので^^


◆常笑さん、ありがとうございます。

コレを見た子供達が何を感じてくれて、少年野球の指導者は何を教えなければいけないのか?

同じ過ちを繰り返さない事。

指導者には責任があると、あらためて感じました。


◆つーさん、ありがとうございます。

私は振り逃げは「ストライクスリー」の言葉で、右手をジャッジするように教わりました。
たしかに右手をグーであげればアウトと勘違いしやすいですね。
これからは私だけ、右手でスイングのアクションをして「ストライクスリーだけどまだアウトじゃないよ!」と言うようにします^^


◆くろうとヒップさん、ありがとうございます。

開会式の選手宣誓を、子供達全員で言わせてはどうでしょう。
「・・・正々堂々とプレーする事を誓います」
一人だけだからダメなんですよ。
みんなで宣誓をすれば、みんなが意味をわかってくれるでしょう^^


◆ハッシーさん、ありがとうございます。

キャッチャーの親御さんは苦しい重いでしょうね。

それ以上に、ケガをさせてしまった親御さんも重たい気分で悩んでいらっしゃるでしょう。

大切なのは、ここから何かを学ぶ事でしょう。
我が家でも、私達のチームでも、厳重に注意させようと思います。


◆さんま改めoyajiさん、ありがとうございます。

「タッチしろ!」
私がベンチにいたら大声で叫んだと思います。と言うか叫んでます^^

「(振り逃げだ)走れ!」
まだ高校生でも自分から野球をやるのではなく、やらされているんだと残念に思いました。

私が気になったのは、振り逃げでホームインしてから、誰からもアピールもないのに主審がタイムをとり四人で集まったシーンです。

その後、一塁ベンチ→三塁ベンチ→四人で集まり→一塁ベンチ→本部確認→アナウンス

なんで両監督さんへ説明しに行ったり来たりしてるのか?
と疑問に思いました。

ホームインして、そのまま「まだツーアウト!早く守備につきなさい!」だけでよいのでは?


◆じゅん@高知さん、ありがとうございます。

バッティングもいいし、足も速いし、いい選手なんですけどね。
教わった指導者が悪かったのでしょう。


◆店長さん、ありがとうございます。

試合後にケガをされた選手に陳謝があったのかはわかりませんが、

こういう時にこそ、高野連が厳格に指導者を罰してもらいたいと思います。


◆古田兼好さん、
ネタ頂きましてありがとうございますm(__)m

普段からこういった練習をしていたのでしょうか。
それとも、指導者がこういったプレーを見逃していたのか・・・

どちらにしても、指導者の責任ですね。


◆RKさん、ありがとうございます。

試合内容がどんなに良くても、このシーンを思い出してしまうと悲しくなります。

プロ野球選手を育てるのが指導者ではなく、
正しい高校生を育ててあげて欲しいですね。
Posted by metoo at 2007年07月31日 22:50
◆TSさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

>なぜ野球のスパイクは金属製なのか?

はっきりとした理由は解りません。
金具の方が滑り難いからでしょうか?
人工芝ではポイントスパイクと呼ばれるプラスティック製の方が滑り難いようです。


Posted by metoo at 2007年07月31日 22:56
決勝戦を私も見ていました。初めは、原辰徳の時代から東海大相模が好きで応援していましたが、あのプレーを見た瞬間、桐光学園の応援に変わったのは言うまでもありません。私は、少年野球の監督をやらせていただいており、子供たちにフェアプレーについては口すっぱく指導しており、まして、相手に怪我をさせておいて「すみませんとか、大丈夫」とか声をかけるそぶりも見せなかった相模のショートは許せません。明らかに足に向けたスライディングであり、まさにラフプレーそのものですね。
こんな選手を使っているようではあと20年たっても東海大相模は、夏の甲子園には出場は無理だし、これを見た子供たちや親たちは東海大相模の野球部に子供入れたくないと思うはずです。本当に残念な出来事です。桐光学園の2年生キャッチャーが甲子園でプレーできることを願っております。
Posted by hiro at 2007年08月01日 06:54
どんな汚い手を使ってでも勝ちたい!! ってチームは...
 現に数えるくらいですが 存在してます。有り”です。
其のプレーの源は、審判!?や指導者の鏡って場合が殆どですね
 こんなプレー... 地区予選の下へ行く程 多く存在します
  ですから含め【野球】 普段から伝えてなきゃ成らないです
   コノ選手の子、一生涯言われ続けちゃいますねぇ
    選手を責めず大人達を非難すべきです

振り逃げは正当にて...お粗末なキャッチャーだったって事ですね ^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年08月01日 10:19
足を上げてのスライディングは論外ですが、その後の選手の態度がもっと論外です。
その後の態度をみると、勢いがつきすぎて足が上がったわけではなく、日頃からそういったスライディングを練習しているようですね。

振り逃げは、論議の余地なく成立するケースですが、私にはバッターが三振の後、後ろにバッターBOXをはずしたように見えました。
片足だけなのか、両足なのか…ここだけが論議の対象でしょう。

高校野球がプロ養成所になってる一番悪いシーンを見た気がしました。
Posted by m。。m at 2007年08月01日 12:31
まったく可愛げの無ぇガキんちょでやがりますね。
まさに「どんな事をしても勝てばイイのか?」と言うプレーでやがりますね。
日ごろの監督の教育でしょうな…
Posted by kapy at 2007年08月01日 19:03
本塁クロスプレーにおいての「高校野球ルール」は皆様ご存知なのでしょうか。(捕手はブロック禁止です)。
捕手は本塁を夢中で死守しようとし、打者走者は夢中で生還しようとする。
これが高校野球です。動画によく現れております。だからこそ、あらかじめ高野連は独自のルールを設定し、ケガを未然に防ごうとしているのです。
でも、いかんせん瞬時のプレーです。捕手は禁を破り、そして走者も禁を破りました。両者は不幸にも「夢中」でした。そこを審判団も両選手も、現場はすべて悟っているのです。
もしも皆様ご自身が当事者だったら・・・同じ事になっていたかもしれません。
それと。「高校生を非難の対象にする」のもどうかなと思います。
いたたまれず書き込みしました。失礼しました。
Posted by 草野球マン at 2007年08月01日 21:28
m。。mさん
>振り逃げは、論議の余地なく成立するケースですが、私にはバッターが三振の後、後ろにバッターBOXをはずしたように見えました。
>片足だけなのか、両足なのか…ここだけが論議の対象でしょう。

高校野球のルールでは、振り逃げ成立時に、ダートサークルを出ない限りは審判は打者アウトの宣告はできないはずです。
だからBOXをでかたとかは関係ないと思います。
Posted by 現役高校球児 at 2007年08月01日 23:46
◆hiroさん、ありがとうございます。

桐光学園の二番手3年生キャッチャー12番君は、春までレギュラーだったそうですね。2年生にレギュラーを奪われても気持ちを前向きに準備してきたのだと思います。最後もいいヒットを打って大活躍してましたね!
こういう野球は、こういった指導は、私は大好きです^^


◆ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

>選手を責めず大人達を非難すべきです

私も同感です。
少年野球でもシニアでもこういったチームを時々に見かけます。
「オイオイ、ケンカじゃないんだから・・・」
監督さんが殺気立ってると、子供達にも伝染してしまいますね。


◆m。。mさん、ありがとうございます。

下にコメントを下さった 現役高校球児 さんが詳しく説明されてくれてます。

07年春から公認野球規則が改定されました。
http://www.kusamado.com/i/i_609a.html

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/ama/high/news/20070308k0000m050112000c.html


◆kapyさん、ありがとうございます。

勝ちたい気持ちは伝わりますが、相手にケガをさせてしまっては試合とは呼べなくなりますね。

悪意があったなかったではなく、
ケガをさせてしまったプレーが、悪いプレーだと思います。


◆草野球マンさん、ありがとうございます。

貴重なご意見ありがとうございます。

この2つのプレーをどの方向から見るかで意見は違ってくるのではないでしょうか。

少年野球関係者からの立場。
高校野球関係者から見る立場。
小学生の子供から見る立場。

私は子供達にケガが起きてしまったプレーを、悟って見て欲しくはありません。いくら必死になっても、夢中になっても、ケガのない野球を目指そうと思います。

>高校生を非難の対象にする・・・

これは私も考えましたが、このプレーを見て高校生を非難する方もいれば、指導者を非難する方もいるだろうと考えました。

小学生がこのプレーを見て、どう感じてくれるか?
また、少年野球の指導者の方達は、どう感じて、どう今後の指導につなげるか?
そう考えてブログを書いています。


◆現役高校球児さん、ありがとうございます。

m。。mさんへのご説明ありがとうございます。
今年から少年野球もダートサークルを適用するようになりました。
以前は、振り逃げの打者がアウトになるのはベンチに入るまで・・・だったと記憶しています。
あいまいな記憶ですみません^^
Posted by metoo at 2007年08月02日 14:45
ショックです。
一番最初の印象です。あのスライディングは
なんなんでしょうか?あのキャッチャーの子は大丈夫だったんでしょうか?気になります。誰か知っていたら教えてください。
少年野球で息子がキャッチャーやってますが
二人で食い入るように見ました。
あんなスライディングをするようなやつは
野球をしてほしくありません。
息子にこんなことも、将来あるかもと言ったのは言うまでもありません。

あの振り逃げは、ルール上審判の判定どうりだと思います。
小5の息子は自分のキャッチャーノートにかいてました。


Posted by 置屁衛 at 2007年08月06日 09:35
◆置屁衛さん、ありがとうございます。

小学生がこのプレーを見て、どんな感想を持つか興味がありました。
このブログを見てくれて、これからのプレーに少しでも何かを感じてくれると嬉しいです。
Posted by metoo at 2007年08月06日 16:37
物議をかもしたプレーですね。クロスプレーを故意だ!故意じゃない!というのは正直に言って小学生では無理なんじゃないかと思うことがあります。

勿論私も子供たちに野球を教えてる以上ルールに則って「こんなプレーはいけないぞ!」と言います。

一方3フィートルールがあるのも事実です。タッチをかい潜らずにまっすぐ走ってきて結果接触プレーになってしまう子供も居ます。

指導者の方はベースランニングについてどちらも教えてるでしょう。

かい潜ってホームインまたはベースタッチする方法も、3フィート以上逃げないで走塁する方法も。

たまたま今回のようにけが人が出れば問題になります。それがたとえ故意でも故意でなくても・・・。

市外からあるチームを招いて試合をした私のチームでこんな事がありました。確か一塁ランナーだった、人一倍巨漢の選手が3塁を回ってホームへ駆け込んできました。長駆ホームインの場面です。相手捕手が受けた返球は見事なストライク。2〜3m手前でタックの体制です。

止まろうと思ったか躊躇したタイミングで足がつっかえるような下手なスライデイングをしてしまった拍子に、相手捕手と衝突してしまいました。比較的小柄だった相手捕手はその場にうずくまって大きな声で叫んでしまいました。「イッテ〜〜!!」と。

大きな声にびっくりした巨漢のランナーは困った顔で相手捕手に「ゴメンね〜ゴメンね〜!」と誤っていました。

その後ラフプレーだと相手チームから批判を受けてしまいました。丁重にわびたもののわだかまりが残ったようで、後日そのチームの関係者とお会いする機会があった際にこんな事を言われました。「お宅のチームではわざと体当たりするように教えてるんですか?」と。

そんな事をするわけが無いこと位同じ指導者なら解らないのかな?と思った次第です。

私も含めて指導者はもっとルールに精通して子供たちに出来るだけ教えてあげなければいけないですね。

渡辺監督も普段ありえないプレーにあわててしまったのかも知れませんね。

Posted by HAL at 2007年08月10日 00:51
◆HALさん、ありがとうございます。

このようなプレーが、全国の少年野球で起きて欲しくないと願っています。

渡辺監督さんも、
「勝つ事にあせりすぎた」
と子供達に謝っていたそうです。

子供達のプレーの、最終責任は大人にあると思います。


今年のシニア全国大会決勝戦、とてもマナーの悪い試合でした。
勝つだけでなく、子供達にはきちんとしたルールを大人が教えなければいけませんね。


Posted by metoo at 2007年08月10日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック