2020年05月11日

バリー・ボンズにしかない技術

今日はバリー・ボンズ選手の技術を真似してみましょう。

d20a9237.gif

まずはボンズ選手の動画

感じるのは「瞬間」
考えるのは「永遠」

今、感じた事が大切です。
考えるのは後からです。


では王選手とアーロン・ジャッジ選手と比べてみましょう。

「瞬間」で感じることを大切に。


ohy.gif

ajj-Opt.gif

bonj-Opt.gif


考えないでください!

感じてくださいね!



私が感じた事はコレです。

bonj-Opt2.gif

bbj-Opt2.gif


よく見かけるワレは
ware.jpg
前後に分かれるこんな感じ


bonzware.jpg

普通のワレとは別に
ボンズ選手にだけ見られる
グリップは上に 後ろのひざは下に
上下のワレです。


トップにグリップが上がろうとした瞬間に
後ろのひざがもう動いているんです。


私もやってみましたがマネできませんでした。

また、このタイミングで後ろひざを動かす選手はボンズ選手以外に見たことがありません。




後ろのひざを
・はずす
・くずす
・ずらす
・ばらす
不思議なバッティングをするバリー・ボンズ選手でした。

トップハンドから動いてるように見えてますが
実は後ろのひざが最初に動いている。
ココに何かが隠れてそうですね。






posted by metoo at 11:54| 千葉 ☁| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっとかめだがね(名古屋弁の「お久しぶり」)
私は感じた後に考えちゃいます。
私は、股関節が締まって下半身で作ったエネルギーをムダなく上半身に伝えているように感じました。
以下は考察です。
膝を曲げることで股関節の可動範囲を狭め、歯車が噛み合うように力を伝えているのでは?
Posted by Skyboy at 2020年06月01日 23:57
上下のワレですが
テニスのバックハンドストロークを強打するときに良く使われます。
地面を蹴るために膝を曲げ、インパクトまでの助走距離を長くするためにグリップを引き上げるのは、理に適った動きだと思います。
実は私、野球よりもテニスが得意です。
Posted by Skyboy at 2020年06月02日 00:08
◆Skyboyさん、お久しぶりです。

感じた後に考える

好きだなぁ〜こういう人^^


私の頭の中では、バリーボンズ選手は後ろの足を一瞬で無くしてるイメージです。言葉の使い方は間違ってますが、後ろの足は義足で、打つと思った瞬間に義足が外れ前の足だけで打とうしてる、そんな考えです。

また飲みながら語り合いたいですね^^


Posted by metoo at 2020年06月07日 12:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。