2019年11月01日

第3回 投手の障害予防に関する有識者会議

[ 2019.10.28 ]
投手の障害予防に関する有識者会議(第3回)の開催

PDF 議事要旨


連盟が取り組むべき課題
チームが取り組むべき課題
野球界全体が取り組むべき課題


・原則として3連戦回避
・1週間での総量規制、1週間で500球
・3年の試行期間を設ける




少年野球でも改定案が届きました。

投球制限
・1試合4イニング12アウト
・同日2試合目は3イニング9アウト
・1日7イニング21アウトまで

コールドゲーム
・4回均等7点差
※決勝戦も同様とする


シーズンオフでいろいろと動きがありそうです。
規則変更に注目したいですね。

posted by metoo at 15:08| 千葉 | Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投稿場所間違えました…

指導者ライセンスの話題出たようですが、学童野球はどうなったんでしょうかね?

「学童軟式野球に指導者ライセンス制を 宗像全軟連専務理事」
https://www.tokyo-np.co.jp/event/gakudou/2017/zen/smapho/list/CK2017092202000198.html
Posted by GP at 2019年11月01日 15:48
◆GPさん、ありがとうございます。

こちら千葉県では指導者講習会が二月にあり講習を受けると認定証をもらえます。この認定証がないと県大会ではベンチ入りできません。この方法は全国一律ではなく千葉県だけだったと聞いています。

来年度からの改定案は届いてますが、連盟で取り組むこともあれば、チームで明日から出きる取り組みもあります。チームからグランドの現場から動くことの方が私は大切だと思っています。
Posted by metoo at 2019年11月01日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: