2019年08月28日

結果より内容の試合を二つ



アメリカvs台湾

台湾が勝った試合ですが、

150km/hはU18世界大会では当たり前。

日本のように一三塁でダブルスチールを仕掛ける台湾。

バント処理とか狭殺プレイとかプロで教わればいいや、のアメリカ。

壮行試合ツーストライクからスクイズして監督がガッツポーズしちゃう日本。

国が違えば育成方法も違いますね。





もう一つ



少年野球のピッチャーは全力投球よりも

ホームベースで落ちるボールが求められている。

指を開いてもいいし、サイドスローでシュート回転もシンカーも効果的。




知りたいのは

70球制限で全ての投手が安全に健康にこの大会を終えたのか。

それとも、この大会で何人の投手が肩肘を故障したのか?

試合結果よりも大切な内容を教えてほしいです。


posted by metoo at 13:36| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
いつも勉強のため、記事を拝見しています。
私は茨城県県南地区にある少年野球チームのコーチ兼審判部に所属しています。

本年、マック全国大会で茨城県代表の茎崎ファイターズが準優勝しました。とても素晴らしいことだと感激していますし、あのチームに勝ちたい!と強く思いました。

今回の決勝戦を観て、選手の個性がとても大切、次のカテゴリーで監督に好まれる選手ではなく、監督が使いたくなる選手を育てることが大切だと再確認しました。
勝つために、チームの決め事を統一し、強く推し進めないといけないことはわかります。しかし、それは高校野球からでも遅くはありません。
我々は、子供たちが体の大小関係なく、目一杯バットを振り、ホームランを打つ。マウンドに上がれば、速い球をバンバン投げる。守備では、硬式でも通用するグラブの出し方をしている。試合は大雑把な野球ではなく、きちんと野球脳を発達させ、カバープレーを全力でやり、トリッキーな相手にも合わせられる。等、ワクワクする選手が沢山いるチームを目指しています。

これからも楽しみにしています。よろしくお願いします。
Posted by 本多 at 2019年08月29日 23:39
◆本多さん、初めまして、コメントありがとうございます。

茎崎さん準優勝おめでとうございます。
今大会、茎崎さんはは6日間で5試合を、多賀さんは6日間で4試合を戦いました。

10番 多賀少年野球クラブ
辻 琉沙
https://baseball.omyutech.com/PlayerHomePage.action?playerId=1319088&teamId=41089

5番 茎崎ファイターズ
櫻井 創太
https://baseball.omyutech.com/PlayerHomePage.action?playerId=1319332&teamId=41169

先発した投手は故障なかったかな?

11番 豊上ジュニアーズ
前田 敬悟
https://baseball.omyutech.com/PlayerHomePage.action?playerId=1319431&teamId=41114

1番 豊上ジュニアーズ
金子 昂永
https://baseball.omyutech.com/PlayerHomePage.action?playerId=1319421&teamId=41114

四日間四連投した二人は大丈夫だろうか?

選手育成はチームによっていろいろありますが、安全に健康に、が大人が守る最も大切な規則だと思っています。肩肘を壊してしまいこの大会を最後にピッチャーが出来なくなった、そんな子供が出ないことを祈ります。
Posted by metoo at 2019年08月30日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: