2019年08月09日

今、注目すべき問題点

19080902.jpg

投手の障害予防に関する有識者会議(第1回)より

議事要旨(PDF)

ガイドラインが出来上がり、投球制限を超えて投げさせ故障をした場合
・指導者は訴えられるのか?
・誰が治療費を払うのか?



19080901.jpg

投手の障害予防に関する有識者会議(第2回)より

議事要旨(PDF)

大会試合が集中する後半に対しての一定期間だけ、あるいは四試合に対して一定の投球数制約を設ける、にまとまりそうです。

本当にこれでいいのでしょうか?

今大騒ぎしないと、第三回、第四回11月末で決まってしまいますよ。


もし
選手が故障した時
選手が命を落とした時
責任を取る人間は誰なのか?

SnapCrab_NoName_2019-8-9_14-20-38_No-00.jpg

やはり八田会長ですよね。







鈴木大地長官
私の提案はコレです。
2019年07月25日
日程を短縮し試合数を増やすと投手は自然と増える
世界大会をモデルにする。

・試合会場を増やす
・日程を短縮できる
・試合数を増やせる
・投手数が自然と増えてしまう

鈴木大地長官
試合会場を増やしてください!
日程を伸ばすのではなく
試合会場が増えれば全てが変えられます。
お願いしますm(__)m







少年野球では2020年からガイドラインが各支部の判断で始まります。

全軟連ホームページ

SnapCrab_NoName_2019-8-9_14-31-2_No-00.jpg

学童野球に関する投球数制限のガイドライン

各地域連盟でしっかり話し合い、各チームでもしっかり話し合い、もし故障者が出た場合、どのように対応するのか話し合っておくべきでしょう。

SnapCrab_NoName_2019-8-9_14-35-34_No-00.jpg

1日6時間練習して選手の体調具合が悪くなったら、、、、、

チームはどうしますか?



posted by metoo at 14:19| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しみにしていましたが、最近セキュリティ警告が頻発してブログを読む事が難しくなってきました。
できましたら改善よろしくお願い至します。
Posted by 親父 at 2019年08月12日 04:59
◆親父さん、ありがとうございます。

>最近セキュリティ警告が頻発して

そうなんですか、私はPCとiphoneで見てますが警告が出たことがありません。どうやって改善すればいいのか、すみません、私にはわかりません。。。
Posted by metoo at 2019年08月12日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: