2019年04月22日

この問題を解決するのはスポーツ医学






まず投球制限の目的をしっかり伝えていかなければいけないようですね。

もし信号がなかったらどうなるか?
私は車にぶつからないから信号などいらない。
私は車にぶつかって入院したから信号を作ってくれ。

どちらが多いか少ないかの問題ではなく、子どもからお年寄りまで、誰もが安全にすごせる世の中にしよう。それには信号を作って車と歩行者にルールを守ってもらうのがいいね。じゃ、どんなルールを作ろうか、その前にしっかり調査して現状を知っておいた方がいいね。


それが

Risk Factors for Injury 負傷の危険因子

こちらにどんな投手が怪我をしやすいか書かれています。

日本語に訳すとこんな感じ

疲労しながらピッチング
ゲーム中、シーズン中、そして一年中、疲労の兆候に気をつけてください。American Sports Medicine Institute(ASMI)は、肘や肩の手術を受けた青年期投手は、日常的に腕の疲れを感じる可能性が36倍高いことを発見しました。


年間を通じてあまりにも多くのイニングを投げる
ASMIは、少なくとも1年間で100回以上のイニングを投球したプレーヤーが、100回を超えないピッチの投球を行ったプレーヤーの3.5倍の怪我をする可能性があると判断しました。ゲーム中かショーケース中かにかかわらず、毎回の開催はそのしきい値にカウントされるべきです。


毎年野球から十分な時間を取っていない
ASMIはまた、年間8ヶ月以上の競技をした投手は手術を必要とする怪我を被る可能性が5倍であることも明らかにしました。投手は少なくとも年に2、3ヶ月投げるのを控え、少なくとも年に4ヶ月は競馬を避けるべきです。


あまりにも多くの投球を投げて、十分な休息が取れていない
毎日、毎週、そして毎年の乱用は、青少年投手の健康にとって最大のリスクです。ゲームごとにより多くの投球を投げる投手や、見た目の間に十分に休まない投手は、怪我をする危険性が高いことを数多くの研究が示しています。医学的研究は最適なピッチ数を特定していないが、ピッチ数プログラムはリトルリーグ野球における肩の負傷の危険性を最大50%減らすことが示されている(Little League、2011)。最も重要なことは、ピッチャーに制限を設定し、シーズンを通してそれらに固執することです。


連日のピッチング
投手は、可能であれば、投球数に関係なく、連日の投球を避けるべきです。Yangらによると、連続した日に投球しなかった投手と比較して、連続した日に投球した投手は腕の痛みを経験するリスクが2.5倍以上も高かった。


ピッチングしていないときの過剰な投げ
ピッチャーは、次に投げることに集中しているポジションであり、他のポジションのプレーヤーよりもはるかに多くの投球が行われるため、彼のチームにとってもキャッチャーになるべきではありません。ASMIは、ピッチングしていない間にキャッチャーをプレイしたアマチュアが、2.7倍の大きな腕のけがをする可能性が高いことを見出しました。


同時に複数のチームでプレーする
同時に複数のチームに参加するプレイヤーは、ピッチの限界を監視するのが難しくなり、休憩時間が短くなるため、怪我をする危険性が高くなります。


他の身体領域への傷害を伴う投球
プレーヤーは怪我をした後にプレーに戻ることに慎重になるべきです。足首の捻挫や斜めの緊張はプレーヤーの生体力学に知覚できないほど影響を与え、彼が投げる方法を変えそして彼の腕により多くのストレスをかけることができます。


適切な強度およびコンディショニングルーチンに従わない
見落とされがちですが、どんな強さとコンディショニングプログラムも肩と肘コンポーネントを含むべきです。多くの研究が上肢の強度と可動性の欠陥が重度の腕の負傷と強く相関していることを示しました。


ショーケースで安全な習慣を守らない
ショーケースは、若い選手が大学のコーチやプロのスカウトのために自分のスキルを実演するための素晴らしい機会になることがあります。しかし、オフシーズン中のショーケースでの投球は、健康的なゲームコンディションに戻るのが難しく、また十分なオフシーズンの休息をとるのが難しいため、特に危険です。ピッチャーは、毎日、毎週、および年間のピッチ数制限を目的として、これらの外観を他のゲームと同様に扱う必要があります。さらに、彼らは好意的な印象を与えようとして転倒する誘惑を避けるべきです。


若い頃の投げカーブとスライダー
既存の研究は一貫してカーブボールと怪我の間の強い関係を示していませんでしたが、Yangらは、カーブボールを投げたアマチュア投手は投球中に腕の痛みを感じる可能性が1.6倍高いことを発見しました。スライダーは、そうでない人よりも肘の痛みを経験する可能性が86%高くなります(Lyman et al。、2002)。


レーダーガンの使用
レーダーガンは若い投手に直接害を及ぼすことはありませんが、他の人を感動させるために、投手に通常の快適レベルを超えて投げつけようとします。これにより、腕に負担がかかる可能性があります。研究はより速いピッチ速度をより高い怪我の危険性と結びつけました。すべてのレベルで長期的に成功する投手、特に初心者は、投球の種類ごとにスピードを変えることができるため、打撃が難しくなり、疲労感が少なく、ゲームの深みを深めることができます。けがをする恐れがあります。

この分野を研究されてる方達
Advisory Committee

MLBでは何十年の調査を続けているようです。



投球制限、この問題を解決するためには

ボールを投げる、プロ野球のOBの意見じゃないんです。
チームを勝たせる、高校野球の監督の意見じゃないんです。

怪我をしないための専門家の意見が必要なんです。



科学的に明らかにすべき。それくらいのことができないなら日本のスポーツ科学論は役立たず。

今試されているのはスポーツ医学ではないでしょうか。

ここで日本のスポーツ医学が一歩前に出れるか、何も言えないで終わるのか。

それとも、声を発しているかもしれないけど、どこの誰にも届かないのか。

メディアの方達は

日本のスポーツ医学に

アメリカにいるこの分野の専門家に

話を聞くのが一番ではないでしょうか。

posted by metoo at 23:34| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: