2019年03月15日

キャッチボールを変えなければいけない

throw

pitch

どちらも「〜を投げる」という意味ですが
どう使い分けたらいいでしょうか?


throw → 送球

pitch → 投球

私は勝手にこう解釈することにしました。



ちょっと自問してみたのですが

キャッチボールは何の練習か?

野球界で今何を求められてることは何か?

throwとpitch、全員が練習してるのだろうか?

相手の胸に投げるキャッチボールは本当に必要なんだろうか?

投球制限で変わるのは豊富な投手陣の育成ではないだろうか?

もし全員がピッチング練習をするとしたらキャッチボールから変えるべきではないだろうか?


スローイング練習
ピッチング練習

ではキャッチボールは何か?


よく肩を温めるという言い方をしますが、本番と同じような状態に近づけるため、最初はゆっくりボールを投げるから徐々に強度を上げてマックスまでにする、となるとキャッチボールは準備練習となる。20球前後を目安として肩を温める目的のキャッチボール。相手の胸にボールを投げるという目的はキャッチボールでは必要なくなり、その目的はスローイングドリル、またはピッチングドリルへと変化していく。


キャッチボールが大切だと言う意見もわかります。

しかし

送球と投球

特に今求められているのは投球です。



全員がピッチャーとなり投球練習をする。

全員が野手となり送球練習をする。



1分間 ストレッチ
3分間 筋トレ
1分間 キャッチボール(20球)
5〜10分間 ピッチング練習(30〜50球)
5〜10分間 スローイング練習(30〜50球)


さぁ明日からキャッチボールを1分で終わらせ

全員で投球練習を始めましょう!

posted by metoo at 13:27| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいです。
キャッチボールではなくピッチングボールにすればいいのに。
少年野球のエースも大事だけど先発、中継ぎ、抑えなど子供の夢が広がる形から入ればいいのに。
Posted by 親父 at 2019年03月16日 08:33
◆親父さん、ありがとうございます。

ピッチャーの育て方
やっぱりこの教科書があればチーム全体の指導が統一され、たくさんの投手が育ちやすくなりますね。たくさんの投手が育てばそこからは競争になりますが、きちんとチャンスを平等に与えたいですね。
Posted by metoo at 2019年03月18日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: