2019年02月15日

オープナー

800px-Sergio_Romo.jpg

オープナー(Opener)は、本来リリーフ起用される投手が先発登板し、1,2回の短いイニングを投げたのち本来の先発投手をロングリリーフとして継投する起用法、及びこの際先発したリリーフ投手指す。この戦術は、2018年のMLBでタンパベイ・レイズが初めて本格的に採用し、以降他のチームにも広まっていった。

Wikipediaより



原監督は2番に丸を抜擢する2つの理由を掛布SEAに明かした。
 ひとつ目は、丸のプレッシャー軽減。大きな期待と注目を集めて移籍してきた丸を3番に置けば、クリーンナップの責任感から、そのプレッシャーがさらに増すと配慮しての処置だ。
 ふたつ目の理由は、「1回に1点でなく、2、3点取る」という超攻撃的打線構想だ。

yahooニュースより



初回だけは打順を選べる野球のルール。
だったら初回に2.3点を狙いにいくのが当然の攻め方。
ならばと今度は初回に本来クローザーを務める投手をオープナーとして起用。

最も得点が入りやすいイニングに最適な投手起用。


日本でも巨人戦はサファテが先発!

なんてことが始まって、

サファテが先発なら丸を二番じゃなくて五番で起用!

なんてことがあるかもしれませんね^^





2019.2.8 05:02
ワンポイントができなくなる!?MLBと選手会、投手に打者3人との対戦義務化を議論



2015年にもワンポイント登板禁止の話が出ていたんですね。
最低2人、最低3人、これはちょっと難しいだろうなぁ。




posted by metoo at 13:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: