2019年01月07日

3時間練習から生まれるもの

1日の練習は3時間以内

3時間しか と考えるか
3時間も と考えるか

私は3時間もあれば少年野球の練習は十分だと感じてます。


まず
「月曜から金曜までも3時間も練習ができる」
と考えれば、土曜日、日曜日にどんな事をすればいいのか見えてきます。

どのチームも土曜と日曜は実戦をさせたいと考え、試合中心になるでしょう。

次に、月曜から金曜まで、野球が出来る施設、場所、内容を探し始めるでしょう。


ネットでいろいろ調べてみて、考えてみると、本当に小学生が大切なことに気が付き始めるでしょう。


小学生に聞いてみると分かりやすいです。

「130cmと170cmの小学生が戦ったらどちらが勝つのか?」

「どちらが速いボールを投げれるのか」

「どちらが遠くへボールを打てるのか」

誰もが170cmと答えてくれます。


小学生に必要なのは

野球の練習ではなくて

体を大きくするトレーニングではないのか?


3年後、5年後、10年後に必要な体力を作り始めよう!

ここにたどり着く方が増えていくでしょう。






まだまだ
・牛乳を飲めば身長が伸びる
・筋肉が先につくと身長が伸びない
・プロテインは小さい子にはよくない
謝った情報を信じてる方がたくさんいます。


トレーニングと栄養学が親子で一緒に学べる体育教室のような施設があるといいかもしれませんね。


月曜から金曜までしっかり栄養・休養・トレーニング

土曜・日曜は試合(ゲーム)を楽しむ。


今までと違って勝ち負けにこだわるスタイルがグッと減るんじゃないかなと思います。

この機会を通じて子どもの成長を考え直すきっかけとなるといいですね。


また

日本の野球にはまだまだたくさんのハラスメントが残っています。

預かってもらっているから何も言えない、声に出せない

選手、親、指導者の三角関係が変わるきっかけにもなるといいですね。

posted by metoo at 18:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: