2018年11月05日

最後にユンケル

語り:広瀬すず

これまでのやりかたで十分通用すると考えていた大谷選手
ところが開幕前のオープン戦
ピッチャーとしては失点を重ね(防御率27.00)
バッターとしても打率1割台と低迷(打率.125)
なぜ自分の野球が通用しないのか
誰にも相談せず一人悩み続得けていました。
開幕直前にあるメジャーリーガーを訪ねたと大谷選手が明かしてくれました。




あんまり人に相談するのが好きじゃないので

普段コーチのところに行って話したりしない

まして

unnamed.jpg

イチローさんに話を聞くなんていうのは

あってはならないというか(笑)

まぁ、僕くらいの選手がいいのかなのがあったんですが

IMG-5872.JPG

バット一本もって、家にお邪魔しました。




技術的なこともすごい話をしたんですけど

その時に言われてあ〜と思ったのが



自分の才能というか

自分のやってきたことや

自分の持ってるポテンシャルとか

そういのをもっと信じた方がいいよ




もしかしたら

自分が欲しかった言葉だったんじゃないかな。

そこは、いいきっかけに、変わるきっかけになったんだと思います。


最後、ユンケルもらって帰ってきました(笑)





大谷選手オープン戦の不調、そこから立ち直るきっかけをつくったのはイチロー選手だったんですね。

またスランプの原因は自信を失うこと、スランプから立ち直るきっかけは自信を取り戻すこと。

自分を信じることは戦う前の準備として大切なんですね。



やっぱり優しい人っていいなぁ〜

posted by metoo at 12:17| 千葉 🌁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい話だな〜
「信じてあげる」
これかな?って、最近私感じています。

他人を信じる
自分を信じる

もちろん、技術も大事
理論も大事
体を作ることも大事

でも、相談するのが好きじゃないって
自分の事は自分でなんとかしたいって事かな。
なんとなく、共感してしまうような・・・
Posted by アンバサダー at 2018年11月06日 10:33
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

優しい、親切、思いやる、いたわる、英語で「kind」を調べるとこのような意味ですが「kind」だけじゃない、「respect」尊敬や敬意がイチロー選手の言葉から感じます。打撃技術で苦しんでる大谷選手を見て、技術だけの問題じゃないな、と感じとったのでしょうね。

10年後20年後、大谷選手にアドバイスを求めてくる後輩が来た時、帰り際にユンケルをわたして欲しいなぁ^^
Posted by metoo at 2018年11月06日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: