2018年10月15日

アルトゥーベ選手のタイミング



最終回だけ見る時間があった貴重な対決

キンブレルvsアルトゥーベ


違う角度から見るとこの打ち方



この前足を使うタイミング

これなんだよなぁ・・・

この前足に詰まってる言葉に出来ないタイミングをどう伝えるか。

前の足に調節できる何かを持ってるんですよね。

ストレート待ってカーブが来たタイミングではなく
ストレートを待っていても前足の間が作れるこの技術。

SnapCrab_NoName_2018-10-15_16-50-22_No-00.jpg

98マイルのボールでよくこれが出来るよなぁ・・・


たまにはJIM BEAMでも飲んで考えるかな^^


posted by metoo at 16:51| 千葉 ☁| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下の方の動画みて感じるのは
前足が着地した直後は、まだつま先側で支えているように見えます。
その後、ほんの僅かなタメの後に、かかとに荷重が移り、爆発的なスイングが開始されているように見えます。
だから、足の裏の踏ん張りが間を作る事に、一役買っているように感じます。
もちろん、他にも膝の使い方とか、ポイントはあろうかと思いますが、私の感覚が、前足のかかと着地が、スイングを開始する時の気持ちのスイッチなんで、もし、私が応用するなら、そこかな・・・
なんて。
Posted by アンバサダー at 2018年10月17日 08:09
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

カカトについては仰る通りだと思います。右足のカカトが上がれば左足のカカトが沈む、シーソーのような一対の動き、これは歩くのも投げるのも打つのも同じ動きだと思います。


あらためてこの動画を見直すと、投手と正対するのが遅れているのが分かります。ベルトのバックルが打ち終わってから投手を向いてます。

後ろの足は体重を踏み出す足へ移動させただけで、前足が骨盤を引きあがるように回し、前足で回わるから打ち終わりの「ハサミ」が起こるのでしょう。

踏み出した足の強さで上半身を回し、背中の強さでバットをかぶせるようにレフトへ引っ張っています。

これは何度も書いてきたことですが、後ろの足では間に合わないタイミングがある、踏み出した足でしか打てないタイミングがある、分かりやすい動画だと感じました。130キロではなく157キロをこの打ち方が出来るのがうらやましいです。

また、ボールが当たるタイミングで頭を下に向ける動きは、半径を小さくして加速させ、さらに急停止で加速させる、二つが感じられますがいかがでしょうか。
Posted by metoo at 2018年10月17日 14:03
ホントだ、気づかなかったですが
頭の動き、加速するタイミングと一致してますね。おっしゃる通りの効果ありそうに見えますね。
今度、メディシンボールを投げるときに確認してみよう。
Posted by アンバサダー at 2018年10月17日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: