2018年10月12日

大きな円か?小さな円か?

昨日の続きなんですが・・・

大きな円で投げる派。


山口高志さん



山本昌さん



レジー・スミスベースボールさん



小さな円で投げる派




11022806.jpg
2011年02月28日
ダルビッシュが語るピッチングにおいて最も重要なこと




速いボールを投げるには腕を速く振る

ココだけに絞ったら

どちらが速いボールを投げれるのか?





ひじから出てくる投手は少ないように感じます。



posted by metoo at 00:21| 千葉 ☁| Comment(15) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも参考にしています。

私の中でのイメージでは、小さな円の投げ方はボールの位置を中心にして肘が円を描いて投げるので、ボールに遠心力がかからずに最後の瞬間に置いてけぼりになったボールに加速を与えることができる。内旋外旋の仕組みを利用した投げ方です。
一方で、大きな円の投げ方は、腕を回す時にボールに遠心力がかかり、それを中指人さし指で上から抑えることによって握らなくても楽にテークバックでき、リリースでその抑えていた二本指で叩くようにすると強いボールを投げることができると考えています。以前metooさんが記事にされていたもちつきの杵の切り返しに似ているイメージですかね。「ふわっ」で叩くみたいな。。。


どちらも球速は出すことができると思っていますが、ボールと手の位置関係、またどんな力がボールにかかっているかが怪我と関係があるような気がしています。

長文、そしてわかりづらい文になってしまいました。また続きを期待しています。



Posted by 鉄男 at 2018年10月13日 16:47
◆鉄男さん、初めまして、コメントありがとうございます。

ご自身の言葉でしっかりアプトプットされて、とても分かりやすく感覚が伝わってきました。

ゴムを連動
ムチを連鎖

二つに分けて考えると
この二つはどちらが投球に有利か?
トレーニングで大きな筋力を身に付けるとどんな差が出るか?

連鎖と連動はこちらが勉強になりますよ!
https://twitter.com/search?l=&q=%E9%80%A3%E5%8B%95%20from%3Asevenislandsz1&src=typd&lang=ja

Posted by metoo at 2018年10月14日 00:24
鉄男さんの表現わかりやすいですね

私が、小さい円の方が、肘にかかる負担が大きいと感じるイメージを少し書いておきます。

動作のポイントである
「ボールを中心に肘が円を描く」イメージは同じです。
この時、ボールが動いていないということが、肘に負担が多くかかる原因の一つと考えています。

悪くなるポイントは2つ
@肘の屈曲が大きい
A肘にかかるストレスが大きい

@の屈曲が大きいのは、わかりやすいですね
ボールを中心に、肘が円を描こうとすると、自然とボールは肩の付近にある為、必然的に肘の屈曲は大きくなります。
肘は、曲げて伸ばすだけで、関節内では、2本ある前腕の骨の関節のどちらかに、圧縮力が働きます。

Aのストレスが大きい。というのは
物理法則では、加速度を大きくする為には、大きな力が必要です。ボールは、体に対して動いていないということは、体に対する相対速度は静止しています。
つまり、静止→急加速の現象を、ほぼ肘の伸展をきっかけに加速させる為、
大きく曲がった、肘にストレスのかかる状態から、大きな加速度(大きな力)で、ボールを投げるわけです。

上記、2つの作用にて、肘にかかるストレスが大きい投げ方だと、今の私は感じます。

もちろん、肘が健康な時は、
肘の伸展が長い=加速時間が長い
わけですから、
「早く強いボールがコンパクトなスローイングでも可能」
という、大きなメリットがあります。

この投げ方は、いわゆるトミー・ジョンにつながるような、内側靭帯へのストレスは思ったほどではないので、肘に良いと解釈されることもありますが、関節の圧縮力が無視できない投げ方にもなるので、ネズミの発生率はそこそこ有ると感じてます。
また、ネズミ君は、軟骨出身なので、レントゲンでもわかりにくく、なかなか自覚症状がでない事もありますからね。
ですから、メリットに潜むリスクって感じにくいのかもしれません。

私は、一介のおっさんですから、言葉選びや表現に間違いがあるとおもいますが、一つの意見として書かさせていただきました。

実際には、脱力から力いれるタイミング、ボールの向き、手首の角度、いろんな要素が他にもいっぱいあるんで、一概に駄目な投げ方ではなく、上手く体を使えば、デメリットもある程度防げますが、その時のポイントは、個人差あるんで難しいんですよね・・・
Posted by アンバサダー at 2018年10月18日 09:01
バドミントンはフォームどっちですか?
やはりバドミントンのフォームにも違いがあるんですかね?
Posted by 田所 at 2018年10月23日 01:26
◆田所さん、ありがとうございます。

気になって私も調べてみましたが、小さい円の方が多いように見えます。
テニスのサーブ、バトミントンのスマッシュ、バレーボールのアタック、共通点は最も高い位置での打点です。大きな円はグラブ側へ体を大きく倒す動作が見られるので打点が低くなってしまう、小さな円の方が倒れずに高い位置に到達できるのではと思います。
Posted by metoo at 2018年10月23日 09:15
オーバーハンドで動作する選手にとって、肘の故障は付き物ですからね。
おそらく、動物が自然に行う動きとはかなり無理のある動作なんだろうと思います。
なぜって、道具を使う動物って少ないですからね。

ですから、オーバーハンド動作に置いて
パフォーマンスと故障のリスクって
引き換えだと思います。

ちなみに、私が肘の動きや肩関節の動きで参考にするのは、水泳です。
クロール、バタフライ、平泳ぎ、どれをとっても、すごく参考になる動き方しています。
あと、鳥の羽ばたきの動作も、いいよな〜って
感じます。
Posted by アンバサダー at 2018年10月23日 10:06
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

・肘のあげ方
・肘の角度
・肘の伸ばし方(肩よりも前か後ろか)

どこかに肘故障の予防動作があるならばその研究結果を知りたいですが、球速との関係が最も大きいと感じてます。あとは慣れないボールへの対応も少なからずありそうです。

なので、スピードを追及する人と、故障を追及する人は分けないとどちらも伸びないと考えてます。
Posted by metoo at 2018年10月23日 14:17
返信ありがとうございます
自分自身
バドミントンで大きい円にした方が高くなると思ってやっていました
ですが高さは逆に低くくなるんですね
疲れたときは自然と小さい方になっていてそのときのほうがかなり速いスマッシュが打てました


バドミントンとピッチャーをやっており
バドミントの技術お球速に生かせないかなやんでいました
返信ありがとうございます
Posted by 田所 at 2018年10月23日 21:29
◆田所さん、ありがとうございます。

>バドミントの技術お球速に生かせないかなやんでいました

大変興味深いテーマですね。

昔シャドーピッチングとしてバトミントンのラケットをスイングさせたことがあります。ビュゥッ!と音が鳴る気持ちよさ、外旋から内旋への自然な動きが見に着きました。

体育館でバトミントン大会をやった時、初心者が多くサーブが打てないのに驚きました。道具を使ってボール(シャトル)を打つ経験を増やそうと思い、夕方練習を始めました。

バトミントンはピッチング、バッティングに共通する部分はたくさんあると思います。何か発見されたら教えてくださいね。
Posted by metoo at 2018年10月23日 22:53
バドミントンのせいなのか
リリースが頭でっぺんあたりに
なります
バドミントンでは自分体よりも後ろで打つことがおおいいです
リリースは前のほうがいいんですかね?

Posted by 田所 at 2018年11月06日 00:40
◆田所さん、ありがとうございます。

>リリースは前のほうがいいんですかね?

リリースポイントだけに絞らない方がいいと思います。トレーニングを続け、いろいろな投げ方を試し、結果自分に最適なポジションが見つかるのがベターだと思います。(簡単にリリースポイントは直せない部分なので)

https://twitter.com/DrivelineBB

https://www.drivelinebaseball.com/

速い球を投げるに絞り込むとこのサイトが一番勉強になります。強い体を作り、強い体が高い技術を生み出してくれる。このようなレベルアップが望ましいと思います。

Posted by metoo at 2018年11月06日 13:03
ありがとうございます
バドミントンと似ていても
確かに別は別ですよね
野球は野球としてですよね

考えすぎてしまっていて
練習の大切さを忘れてた気がします
参考にさせていただきます
ありがとうございました
Posted by 田所 at 2018年11月06日 18:56
競技としてのバトミントンのスイングと
シャドーとして、バトミントンラケットを使ったスイングは、全く動き違うと思いますので、分けて考える必要はあると思います。

ただ、
「違う競技をすることにより、人と違う動きとなる。」
という事がありえると思いますし、その結果、他人との差別化に繋がり、ゆくゆくは自分の武器となるかもしれません。

また、違いが悪い方向に進み、壁となってしまうことも有るでしょう。

そういう事を心配しているんだと思いますが、自分の感覚でどうなんだ?
って、事を振り返るように、対話するようにしていけば、少なくとも大きく悪い方向には行かないんではないでしょうか?
Posted by アンバサダー at 2018年11月07日 08:35
そんな感じです
球速がのびなくて焦っていまし
左で投げようとも思いました
ありがとうございます
細かく対話しながら武器にできるようにします!
Posted by 田所 at 2018年11月07日 15:01
◆田所さん、一つ教えてください。

バドミントンにも膝を故障する選手はいますか?
もしご存知でしたら、その肘痛は内側ですか?外側ですか?その痛みはどんな動作の時におこりますか?
雑なご質問で申し訳ありません。
Posted by metoo at 2018年11月09日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: