2018年09月08日

さて、どーするか?

台湾が強かった。

以上


さて、どーするか?





甲子園大会は別に大きな問題じゃないんです。

どこの国でもいろんな大会はやってますので

日本一には仲間との思い出作りでしかありませんが

このまま高校野球は続けましょう。




それとは別に、何かを考えることにします。


・選手に格差をつけて選抜チームを各地につくります。

・センバツ大会の10地域で20人選びます。200人ですね。

・相手は大学生選抜チーム、ルールは木製バット。

・ゴールデンウィークを地域大学選抜(1.2年)vs地域高校選抜ウィークとします。

・7日間で数試合を戦い、投球制限を入れた試合運びを経験します。

・大学生と一緒に合宿し、スピード、技術を学び競い合ってください。

・この期間に9月から始まる国際大会の侍ジャパンメンバーを選考します。

・ゴールデンウィークが終わったら、各学校に戻り学んだことを夏の選手権にいかしてください。



国際大会に勝とうとするなら勝つためのプログラムを作る事です。

短期間で成長するには、二年先の選手と一緒にプレーをして、マネ、競争、背伸びをしましょう。


2019年
第29回 U-18 ベースボールワールドカップ


開催地は韓国です。

Gijang-Hyundai-Dream-Ballpark.jpg

「勝ち」はそこまでの二年間に何をしたかの結果です。

「負け」はその世界の中で、組織の位置です。


残された時間は1年間。

侍ジャパンはどんなプログラムを用意しているのか?





ところで侍ジャパンの代表チーム。

クローザーは誰がいるんだろう?

今年のプロ野球はどのチームのクローザーに苦労してますね。

posted by metoo at 02:54| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: