2018年09月06日

日本一より世界一を

まずしっかり認識しなければいけなことは
日本の野球は世界から遅れ続けているということ。






aozoraさんのデータ、いつも楽しみに学ばさせていただいてますm(__)m

このツイート二つを見ると高校野球がすごく進化しています。

しかし私の感想は

「今年も160キロ(100マイル)投げる高校生はゼロか・・・」

160キロ投げたからレベルがどうのこうのではありませんが、成長しているのはやはり日本だけではありませんでした。


日本一を目指していると世界からどんどん遅れていく、春の選抜大会から感じていました。今日の韓国二番手投手はマエケンのファンだそうですね。甲子園でプレーした高校生は好きなメジャーリーガーを見たり真似たりしてるのでしょうか?高校生のプレーを見ていると、この高校の指導者は誰もメジャーリーガーを知らないんだろうな?世界一のピッチング、バッティングなんか興味ないし、吸収しようとも思ってないんだろうな。今の高校野球は何を目指しているのかわかりませんが、高校野球の中にどうやったら世界一のメジャーリーグの情報が入っていくのだろうか?根尾くんが藤原くんがハーパー選手の打ち方を見たらどんな衝撃を受けるのか?デグロム、シャーザーを見たら何を感じるのか?誰も日本から先を見たくないのか?夏の甲子園大会を見て春と同じことを感じました。


世界一を目指してるチームは日本一になれるでしょう。

でも、日本一を目指してるチームは世界とは戦えず、どんどん遅れてしまう。

それが今日の試合結果だと感じました。




9月6日の韓国との試合、

148キロの先発左投手。
150キロを超えた投手二人。

打撃のパワーだけでなく、
投手力も大きく韓国に差をつけられました。

韓国の高校野球のレベルの高さに素直に驚きました。

【第12回 BFA U18アジア選手権】韓国代表選手一覧

ホームランを打ったキム・デハン選手は投げても154キロを出すんですね。



監督・選手のコメント
一次ラウンド最終戦は韓国に敗戦 今大会初黒星も「大きな収穫」

この試合の投打成績


もう一度韓国とは優勝決定戦で戦うことを目指しましょう。


韓国だから、という感情は抜きにして
甲子園大会の疲労があるでしょうが
次の韓国戦も150キロ超えの投手が待ってます。
しっかり準備をして
目の前の敵に全力で向かっていってほしいです。

まずは台湾、そして中国ですね。
アジアチャンピオンはあきらめませんよ!





国際試合はタッチは置かないで振り上げないと危険だよ。
それと木製バットの打ち方。
金属バットはカン!
木製バットはカキン!
イメージはボール一個分多くバットにくっついてる感覚かな。
木製がフライになる理由はいろいろあるけど、
硬球を打っている選手が軟球を打つとフライになるよね?
それと同じで、道具を逆にしたイメージ。
フライパンで打つテニスと、ラケットで打つテニス。
う〜〜ん、ちょっと難しいね^^

こういう話を大学侍ジャパンと一緒に練習して教えてもらうといいのにね。





posted by metoo at 02:13| 千葉 ☁| Comment(11) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませて頂いてます。大学生に教えてもらう。いいですね!
小学生は中学生と、中学生は高校生と、高校生は大学生と合宿し生活面、技術面を肌で感じる環境があればとずっと思ってました。
小学生から萎縮して練習、試合に取り組みその先には何があるのか。教えてもらう方が一番分かり易いですよね。
Posted by 親父 at 2018年09月06日 12:24
追記。
地元の中学校でついに………………2校も野球部が廃部になります。

寂しいですね。
Posted by 親父 at 2018年09月06日 12:27
◆親父さん、ありがとうございます。

https://twitter.com/big6_tv/status/1037291959373578240

8月31日に東京六大学が小学生対象に野球教室を開いたようですね。未来の自分を想像する小学生。野球の楽しさを再認識する大学生。こういった取り組みもお互いにいい経験になるでしょうね。

中学野球部が廃部になっても硬式や軟式クラブチームへ進む道があると助かりますね。
Posted by metoo at 2018年09月06日 13:27
はじめまして。昨日の試合の感想として、日刊スポーツの速報を見ただけなので恐縮なのですが、初回吉田投手が打たれたスリーランよりその後の点の取れなさ加減で負けたような気がします。藤原君のスリーベースも生かせず、取れた一点も悪送球の結果。敗因が完全にランナーがいるときに得点につながる打撃力を持ってるかどうかなんだろうと思いました(韓国も初回以降アレでしたが)。

一つ上のランクとの交流はこの野球にとって危急(だと思う)の時だからこそやってほしいと僕も思います。
Posted by at 2018年09月06日 16:30
試合の勝ち負けについては、勝った相手が強かったと思うので、そこは、敵ながらあっぱれと言いたいです。

大学生代表と高校生代表はそれなりの交流はあったと思いますが、じっくりと時間が取れるような機会があれば、楽しいなと思います。

U-18がゴールではないでしょうから、この大会から気づき、世界を目指して若い世代が切磋琢磨するには、上には上がいることを知ることも大事だと思います。

甲子園も楽しいですが、こういう若い世代の国際大会も楽しいですね!
Posted by アンバサダー at 2018年09月06日 22:22
◆はじめまして。

abema.tvで台湾戦を観戦中ですがほぼ同じレベルの戦いです。台湾が急成長してるのか、日本が停滞してるのか、いずれにしても世界に目を向けていかなければ国内の成長もゆるやかになってしまうでしょう。
Posted by metoo at 2018年09月07日 19:05
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

勝ち負けよりも私はスイングやフォーム、そして数字や内容に注目してます。

韓国投手の球数はとても選手の成長を考えていますが、台湾戦四回からまた吉田君がマウンドに上がりました。何を考えているのか私にはわかりません。

ちょっと否定的なコメントですが、私のイメージですが吉田くんを一目見た時から今年の夏がピークだろうなぁと感じてました。安楽くん、釜田くん、斎藤佑樹くんと同じ道を歩むと、どこか故障で悩み続けるのではと予想してます。予想を覆してくれるといいのですが・・・
Posted by metoo at 2018年09月07日 19:14
一見きれいなフォームに見えますが
腕に間がないので、肩や肘に負担がかかるフォームだな、っていうのは私も感じます。

ボールの伸びや回転が素晴らしいのは、私は認めています。
ですが、良いボールを投げる投げ方が必ずしも、肩肘に負担が少ないとは言い難いんだと、今の私はそのように理解しています。
若い時、元気なときにしかできない投げ方だよな〜なんて感じます。

今からでも遅くはないと思うので、じっくりと体を作る。または、思い切って休む。
大事なんじゃないかな?
と、私は思うんですが、行き急ぐのが若者。
チャレンジするのも若者。

ひょっとしたら、metooさんは、もっと別なところを見ているのかもしれませんが、私がもう一つ感じるのは、ちょっと軽い感じがする。
その部分に不安はありますね。
Posted by アンバサダー at 2018年09月07日 21:50
コメ返しありがとうございます。

今日の吉田君については、甲子園の熱投()云々より監督についての疑問しかわかなかったです。韓国戦で初回スリーランかちこまれて、QS果たすも敗戦投手だった投手にロングリリーフとか何を考えとるんだとしか(;´д`)
twitterでも一部吉田君の直球をオジギングファストとよんだりするほどのアレさだと言われているんで、何であそこまで投手をストックしたのかが分からなくなってる気がします。
もう酷使とかエース連投とかそういうのじゃなくて監督の愛人枠じゃないのかとすら邪推してしまって(小園君しかり)。
選考からして要再検討段階に来てると思うんです。その年の甲子園に行けなかった選手を半ば恣意的に選抜して大学日本代表にみっちり鍛えてもらうなり。
Posted by at 2018年09月07日 23:15
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

吉田くんの特徴はフォーシームの回転軸と回転数ですが、高校、大学、プロで公式球が変わればまた違った数値が出てしまう、田中正義投手のようなタイプでしょう。高校生は高めのフォーシームを振ってくれましたが、ここから上ではそう簡単にはいきません。変化球が特に良いわけではありませんし、ここがピークだと感じました。

創志学園・西投手の方がメチャクチャな粗削りだけどスライダーは100点くらいのピッチャーがプロでは伸びていくと思います。

吉田くんは取り合えず一休みして体調をベストにすることに専念してもらいたいですね。
Posted by metoo at 2018年09月08日 15:39
◆ありがとうございます。

高校野球だけでなく今のプロ野球も2019年プレミア12、2020年東京五輪、同じ結果になると感じてます。新しく変わった楽天の石井GMあたりが指導者をメジャーリーグ式に入れ替えて野球チームの常識を一変してもらいたいです。
Posted by metoo at 2018年09月08日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: