2018年07月03日

勝ち負けよりも美しさ

ワールドカップ日本代表の皆さんお疲れさまでした。



本田圭佑選手のツイッターに出てきた「美徳」という言葉。

びとく
【美徳】
ほめるべき、うるわしい徳。人として望ましいりっぱな心のあり方や行い。



これからも日本スポーツは永遠に美徳を求めるのか?
勝ち負けよりも美徳、美しさなのか?

ここを考えさせられる大会だったと思います




決勝トーナメントへ進出して13億2000万円を手に入れた。
(グループリーグ敗退で8億8000万円)

しかし話題となったのは、
残り10分間のボール回しで時間稼ぎ。


勝ち負けではなく
お金の話でもなく
美しくないことに注目が集まった。



ベルギーに逆転負けしてベスト8に進めなかった。
ベスト8に進めば賞金はさらにあがり17億6000万円。
4億4千万円の勝利に手が届かなかった。
(ちなみにWBCの賞金総額はこんな感じ)

しかし話題となっているのは
選手の悔し涙にグッと来た。感動をありがとう!


勝ち負けではなく
お金の話でもなく
「いい夢を見せてくれてありがとう」「涙が止まらない」感謝と感動の声ばかり。


やはりこの国のスポーツは勝ち負けよりも「美徳」なのかなぁ。


これはサッカーだけでなく、野球やラグビー、バスケットボール全てのスポーツ競技に言えることでしょう。

108851_201505171850236524_1.jpg

この言葉通り

私は世界一を目指す大会だけは絶対に負けられない「勝ち負け」にこだわって欲しいと願ってます。

ただし

美しく勝たないと翌日のワイドショーでブーイングの嵐に襲われますが。

あ〜 複雑だぁ・・・



美徳もありすぎて難しいのよ

勝ち負けとは別のことも考えなければいけない

選手、指導者、サッカーファン、ワイドショーファン

いろいろあり過ぎてわからなくなりますね^^






海外で戦っている選手が国際大会で活躍することは当たり前になった。
次は
海外で学んだ指導者が活躍するのが次の日本だと思うよ。



この方のnoteがとても共感できました。

本気でくやしがるために。
古賀史健 2018/07/03 14:39
posted by metoo at 12:47| 千葉 ☁| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんでよくやったって褒め称える人が多いのでしょう?私は逆転負けして腹わた煮え繰り返ってますよ。本気で勝つと思って応援してたから。

昔はなにやってんだよって選手に水かけたり卵投げつけたりサポーターも本気で応援してるから想いの表現の仕方も熱かった。最近それがなんか感じられないんですよね。良くも悪くも優しすぎるというか…サポーターはこのままでいいのかなぁ…?
Posted by たく at 2018年07月03日 21:15
◆たくさん、ありがとうございます。

同感です。
今もニュース番組で
「いや〜ワールドカップ日本はいい試合でしたよね」って笑ってます。



野球だけはこうあって欲しくありません。
Posted by metoo at 2018年07月03日 23:54
ワールドカップについては、すでに監督さんからいろいろコメントでておりますが
サポーターにも色んな人いますが、擁護というか応援する姿勢で私は良いと思います。
そういう人でも、結果が出た直後は悔しがったでしょうし、イライラしたことでしょう。
それを引きづらずに応援に徹することが、必要だと、思うことのほうが多くあります。

タイトルの、勝ち負けよりも美しさについて。
うまく伝わらないかもしれませんが
ワールドカップやWBCやオリンピックのように、国を代表して戦うには、勝ちにこだわる姿勢こそ正義であり、それが美しいと私は感じます。

世界で戦う以上、その舞台を多く経験している選手が増えることを、野球も、サッカーもあらゆるスポーツで増えていくことを願っています。
Posted by アンバサダー at 2018年07月05日 08:08
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

どうも最近感じるのは「いいね」を狙い過ぎだと思うんですよね。「いいね」と思われないことはテレビで取り上げない、メディアで使わない、もし「いいね」と反対の方向へ進んでしまうとスポンサーが炎上しちゃいますよね。

国民が感じているネガティブな部分も、坂上忍やマツコDXや松本人志に代弁させれば、あっ私もそう思ってた「いいね」がもらえます。

辛口と甘口、どちらにも対応できるような準備しておいて、甘口に流れたらみんな一斉に甘口に「いいね」に動かなければいけないこの国のムード、ここが気になって仕方がありません。

まぁ、どうでもいいんですけどね^^

Posted by metoo at 2018年07月05日 13:52
たしかに、なんとなく
そういう雰囲気感じますね。
Posted by アンバサダー at 2018年07月06日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: