2018年06月15日

タイミングのヒント



大谷選手の打撃フォームを解説する落合さん。




イチロー選手のセカンドゴロとショートゴロの違い。



この二つの動画が
タイミングを考える大きなヒントになりました。

2018年タイミングについてまた書き直そうと思います。




さてさて

ロングティーでボールを飛ばす能力が高まりました。

でも、それはなぜ?

なぜボールを遠くに飛ばせるようになったの?

一日中、ロングティーをしてればボールが遠くに飛ぶようになるの?



何か一つでいいから

ボールが遠くに飛ぶ理由を見つける。

他人に教わるんじゃなくて

自分で自分の理論を見つける。



ボールが遠くに飛ぶ理由が

自分の引き出しにいくつあるか。

そこなんだろうね。



posted by metoo at 12:37| 千葉 ☔| Comment(2) | タイミング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イチロー選手の話、面白いですよね!
待ちすぎると、逆に早くグリップが動き出してしまい、むしろタイミングが早くなる。

その感覚は、私のレベル低いですけどなんとなくわかります。ですが、その感覚を中学生に伝えるのは難しいだろうな〜
逆方向のゴロというと、違う意味で否定する向きもあるとおもいますので、中々表現としては難しいんですけど、私は、選手に
「どういう角度でバットを出せば、逆方向にゴロが出るのか」
という質問はよく投げかけます。
その意図は
逆方向はフライを打ちやすいが引っ張るとゴロになりやすい。
その反対は、引っ張って打球を上げるには、逆方向にゴロが出るバットの角度と同じ。
という、なんとなくですが、私の感覚があるからです。
Posted by アンバサダー at 2018年06月15日 22:01
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

タイミングの答えが手に届きそうでなかなか見つかりません。落合さんがイチロー選手が答えを見せてくれてるんですが、今一つ言葉に出来ないもどかしさ。もうちょっとなんだけど・・・そこに辿り着くまでが楽しいですね^^
Posted by metoo at 2018年06月17日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。