2018年06月13日

シモンズやりたい



走者一塁からライト前ヒット
ショートを守るシモンズ選手の動きだけを追ってみましょう。


ショートからチラッと三塁との距離と位置を確認
この時、一塁走者を三塁でアウトにするのは難しいと判断
ライトから三塁送球のカットマンに入り
送球を捕らないフェイントを入れてカット
すぐに打者走者のオーバランを狙って一塁へ送球
一二塁間の挟殺プレーに二塁手よりも前に入る
視野を広げて三塁走者がホームを狙っているのを感知
一塁手からの送球を背中側から回って本塁へ送球
三本間で挟殺プレーが始まり全力で三塁へ走る


うおぉぉぉすげぇぇぇぇぇえ!!!


鳥肌が立つプレーですね^^




シモンズ選手といえば
肩が強い、守備が素晴らしいイメージですが違うんですね。






どこまでも全力で走って「自分がアウトにする!」そういう気持ちの選手なんですね。

先日、大谷選手の試合を見ていた時ですが、シモンズ選手が一塁ファールフライを捕りにショートから全力で走ってきてあやうく一塁手とぶつかりそうでした。



どこまでも全力で走る・・・

そういえば昔・・・

そんな選手がいたなぁ・・・




バッターがボールを打ったらポジションなんて関係ない。

全てのプレーにベストを尽くす。





「どこ守りたい?」と子供達に聞いたとき

ショートを守りたいじゃなくて

「シモンズやりたい!」

常に全力でグランドを走り回り相手に点をあたえない

そんなお手本になる選手ですね。



posted by metoo at 11:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: