2018年05月24日

「気持ち」や「精神面」を理由にするのはやめよう

「あいつは気持ちが弱い」
「あいつは精神面が弱い」

私もこの言葉を使っていましたが

もう二度と使うことをやめようと決めました。


この大学に「日本」という言葉を使ってほしくありませんが、
日大アメフト部事件で私も反省すべき点があると感じました。

それが選手を「気持ち」「精神面」で追い込むこと。





結果が出ないのは「へたくそ」だから!
ダルビッシュ投手の考えに同意します。

誰でも勝ちたい気持ちや、上手くなりたい情熱はあるでしょう。

負けたから精神面が弱い、勝ったから気持ちが強いわけではありません。


「気持ち」で球は速くならない

「精神面」で打球は遠くへ飛んでいかない



打たれるのは、打てないのは、へたくそだから!

失敗する理由は技術のみ!

この方向にしなければいけませんね。



これは個人的なことですが
「精神面」は心や気持ちの部分。
「メンタル」は考え方、その状況をどう考えるか。
精神面とメンタルを使い分けてます。
なのでメンタルトレーニングは、あらゆる場面でどう自分をコントロールする考え方をもてるか、としてます。
posted by metoo at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: