2018年05月22日

リニューアルとディレクター

20180522-00.jpg

yahooのトップ画面で日本大学アメフト部選手が謝罪するライブ放送を見ました。ここまで大きく広がってしまった問題なんだと、ちょっと驚いています。

4月に起きた伊調馨選手へのパワハラ問題。
至学館大学の谷岡学長には恐ろしい傲慢さを感じましたが、
あれから一か月もたたないうちに今度は日本大学アメフト部。

スポーツ界はどうすればいいのか。



少年野球もそうなのですが
これから新しいチームを築き上げようとしたとき、
二つのルールを作ってみてはと、結構前から考えています。

一つ目が「リニューアル」
3年なのか4年なのか、任期を決めてスタッフメンバーやチームをリニューアルすること。

二つ目が「ディレクター」
そのチームの活動が地域社会に役立って進んでいるかを指揮するディレクター。

ディレクト
ディレクター
ディレクション


監督じゃないんです。監督は指導を指揮する。
部長でもないんです。部長は運営を指揮する。
ディレクターは、社会的な立場から指揮する。

「その言動は社会的にみてパワハラなんですよ監督。すぐにやめてください」

この一言を言える立場の人間がいなければ、監督の城が監督の国が出来上がってしまいます。


相撲界の暴力。
野球界の賭博。
ドーピング、八百長、パワハラ、セクハラ

スポーツに降りかかってくる闇を作らないために、犯罪や法律の立場からも見れる人間を置く。



20年も30年もやっていれば闇が出来てしまったチームがたくさんあります。

監督や部長が固まってしまいリニューアルできないチームは、たとえ成績が良くてもどこかに闇が広がっていることがあります。


任期を作ってリニューアル。
ディレクターを置いて進むべき道を歩む。



「健康でいれば必ずチャンスはやってくる」

20歳の若者が間違いを犯しましたが、誰でも人は過ちを犯します。しっかり反省をして、セカンドチャンスが来る日まで健康に気を付けて前を向いて歩いていきましょう。

DNM6bC8VwAAhJjB.jpg

2017年11月09日 No one is perfect.ですね。

posted by metoo at 16:31| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: