2018年05月12日

世界一の情報

ohtanissu.gif

この素振りが世界一の情報だと思うんです。


大谷選手がメジャー投手をどうやって打とうと考えているのか?

バッターボックスに入る準備の素振りからその考えが見えてきます。

このイメージを頭にいれながら対戦を見てみましょう。





私の勝手な想像ですが

・後ろ足の股関節を準備したい
・後ろの肩甲骨を浮遊させておきたい
・踏み出した足を強く踏み込んでから振りたい
・頭の位置は後ろに置きたくない、遅れたくない、移動したくない



世界で一番の野球選手を目指してる大谷選手

その生の情報を毎日チェックする楽しみ

野球好きにはたまらない一年の過ごし方^^


posted by metoo at 19:21| 千葉 ☁| Comment(2) | 打つ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただき勉強してます。
中学生の選手にも同じように、前の軸でやらせて良いのでしょうか?
Posted by 中谷 at 2018年05月14日 15:11
◆中谷さん、コメントありがとうございます。

例えばですが、卓球の張本選手は14歳中学生ですが世界と戦っています。トレーニング、栄養、技術に年齢や性別はなくてもいいのではないでしょうか。少なくとも日本だけが年齢と性別を分けて考えてしまっていると思います。

http://metoo.seesaa.net/article/458771533.html

ちなみに動画にありますベルトレ君は13歳です。

竹とんぼを空に飛ばすときに押して(後ろ足)引いて(前足)両手で飛ばすか?それとも片手(後ろ足)だけで押すか?どちらが強く軸を回せるかと考えてみました。また最後まで地面をつかまている足が軸と考えた方が自然かなとも思います。


Posted by metoo at 2018年05月14日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: