2018年04月10日

上手な左投手の一塁牽制



こちらはよく見る左投手の牽制です。



ネットで見かけたのですが、日本航空石川の杉本投手の左牽制。とても上手ですね。

何が違うのでしょうか?


firken.jpg
100%と言っていいくらい
日本人左投手の牽制はグラブを一塁へ向けて出します。
その方が一塁へ投げやすいからです。

homeken.jpg
しかし、日本航空石川の杉本投手はホームへ向かってグラブを出してるように見えます。(私の仮説です)

もし私の仮説が正しければ、国際大会で左投手の牽制に悩まされることはなくなるでしょう。



SnapCrab_NoName_2018-4-11_16-35-51_No-00.jpg

背中からの角度で分かりにくいですが、グラブがこの位置から一塁牽制を投げて、一塁走者が何度も逆を突かれています。


ishikawa9.gif

ちょっとした動きの違いですが、わずかなリードしかしていなかった明徳の一塁走者が戻れませんでした。

一塁ランナーは
・ピッチャーのホーム方向への動き
・ユニフォームの胸のマークがガバッと見える
などで牽制が来ないと感じるようです。

どこかのタイミングでグラブだけでもホーム方向への動きを入れてみる。
これが杉本投手の技術に感じました。

小学生が一生懸命に牽制を覚えることはオススメしませんが、
日本人が苦手な部分でもあります。
こういった牽制が増えることによってまた走塁が進化するかもしれません。

頭の片隅にでも入れておくことにします(^^)/


左投手はぜひこの牽制を実践してみてください。

ボークになる理由はどこにもありません。

グラブをホームへ出すだけで

日本野球の強さがワンラックあがります。


posted by metoo at 17:46| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも色々と参考にさせていています。
4月にこの牽制をご紹介いただき、左投手の息子に取り入れさせました。
今ではほぼ毎試合1塁牽制で刺してます。
仮説は正解です。
教えていただきありがとうございました。
Posted by GP at 2018年05月16日 13:25
◆GPさん、ありがとうございます。

仮説の実験ありがとうございましたm(__)m
私も左投手くんに伝えていこうと思います。

Posted by metoo at 2018年05月16日 13:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: