2018年02月26日

本塁周辺のラインアウト

5.09 『アウト』
(b)ランナーアウト
   次の場合、ランナーはアウトとなる。
(1)ランナーが、野手のタッチを避けて、ランナーのベースパスから3フィート以上離れて走った場合。
 ただし、打球を処理している野手を妨げないための行為であれば、この限りではない。
 この場合のランナーのベースパスとは、タッグプレイが生じたときの、ランナーと塁を結ぶ直線をいう。
「注1」通常ランナーの走路とみなされる場所は、塁間を結ぶ直線を中心として左右へ各3フィート、すなわち6フィートの幅の地帯を指すが、ランナーが大きく膨らんで走っているときなど最初からこの走路外にいたときにタッグプレイが生じた場合は、そのランナーと塁を結ぶ直線を中心として左右へ各3フィートが、そのランナーの走路となる。

==========

ラインアウトと呼ばれるルールがあります。
昨日の審判講習会で質問されたのですが帰宅して調べてみました。

※本塁周辺のタッチプレーにラインアウトは適用される。
※本塁周辺のタッチプレーにラインアウトは適用されない。

私も本塁周辺ではラインアウトはないといろいろな方に教わってきましたが、公認野球規則にはどちらも書かれていません。

どっちなんでしょうね?^^


ichiline.gif

本塁周辺のタッチプレーで思い出されるのがイチロー選手のこのプレー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここで、問題になるのは、最初のタッグプレーが、
”ラインアウト”にならないのかということです。
ラインアウトとは、走者が野手のタッグを走路より
3フィート以上避けて行った場合にアウトになるという
ルールです。


これは、ラインアウトにはなりません。なぜならば、
各塁と本塁ベース周辺では、ラインアウトのルールは
適用にならないのです。


思い出してください。本塁でのクロスプレーで、ホーム
ベースより3フィート(1メートル弱)以上、タッグを
避けている場面をたくさん見たことがあると思います。
各塁や本塁ベースは、走者にとっての目的地なので、
この周辺では、3フィート以上避けることが許されて
いるのです。


通常の塁間とは違いがあるということを覚えておいて
下さい。


アスポタ野球規則解説委員
平林 岳
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
平林さんのブログより

平林さんの説明では
塁間にはラインアウトが適用されるが
ベース周辺ではラインアウトは適用されない。
私はこの考えで行こうと思いますが
「それは規則のどこに書いてあるの?」という方もいらっしゃいます。

この件につきましてはこれからも情報を集めていこうと思います。



posted by metoo at 13:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: