2018年02月04日

イレギュラーを待つ捕り方



ボールのラインに回り込んで
右足で間を作って
捕るタイミングを作る

辻監督も井端コーチもこのタイミングでの捕り方にこだわりをもって教え込んでます。

私はこの捕り方にいくつか疑問をもっているタイプでして
まずは、この捕り方は無駄な動作が入り遅いという点
もう一つはイレギュラーに対応しにくいという点
この二つを特に感じています。

では、どんな捕り方がベターなのか?




メジャーの選手から感じるのは
次に投げやすい姿勢で捕るのではなく
捕る+投げる
二つを分けてプレーしているように感じます。
(流れによって次に投げやすい打球もありますが)

捕るに関しては
絶対にこの打球はイレギュラーすると思い込んだような捕り方に見えます。足で打球を捕るような日本と、足を止めてハンドリングで捕るようなイメージのメジャー選手。バッティングと同じようにどこかに「間」の作り方が違うように見えます。

そして
どんな姿勢からでも投げれることも関係してるでしょう。きちんとステップしてからしか投げれない日本人は、体重移動しながら次のステップへつながりやすい捕り方をしなければいけない。


投げ方が一つしかないから
捕り方も一つしかない
イレギュラーに対応できない

投げ方を増やしながら
捕り方も広げていき
イレギュラーにも対応できる捕り方


いろんな投げ方を覚えるてもらうには・・・
ここを作っていきながらまた考えます。




昔の映像ですが、
ジータ―選手はなぜ両足をそろえて捕るのだろう?
まずは捕る、投げるはその次。
そういう教え方もあっていいのではと思います。

posted by metoo at 03:17| 千葉 ☀| Comment(12) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、右足にこだわりを持って教えています
理由は単純です
平均レベルを上げるために必要だからです。

例えば、メジャーのトップレベルを意識するなら、そんなことを考えるよりも自然に対応できる選手は、そんなことを教えなくてもレベルは上がるでしょう。

でも、残念なことに、何をどうすればよいのか分からない選手のほうが多く
しかも、私が何も言わずに放おっておけば
「なんでポロポロするんだ、がっちり捕れ」
しかも
「形を意識して取れ」
なんて言葉が飛び交います。
そうなるぐらいなら
「失敗してもいいから、右足を踏み込め」
「エラーしても良いから、右足で攻めていけ」
という言葉をかけたほうが、子供のために鳴ると思うからです。

取る瞬間の形に拘ってもできるはずないです。
ですが、その前の準備の意識をどうするか
そのヒントを与えてあげないと、出来ない選手が多いんです。

私も、メジャーの選手から感じること学ぶこと多いと感じます。
しかし、私から離れた先のことまで考えると
「自分で工夫する能力まで伝えきれない選手のほうが多い」
というのが、実感です。
Posted by アンバサダー at 2018年02月04日 21:05
◆アンバサダーさん、コメントありがとうございます。

三塁手、遊撃手、二塁手は右利きですから、グラブを持つ左手側の守備範囲の確率を高めればいい、多少右手側でも回り込めばよく言われる正面で捕れますから、一つの捕り方だけ教えていれば選手も指導者も簡単で済むでしょう。
だからメジャーで誰も活躍できない、さぁどうしよう?←今ここです。
まだ何かを見つけたわけではありませんが、今までを切り崩しながら次の一手を模索してみます。
Posted by metoo at 2018年02月04日 22:21
いつも参考にしています。

私自身、野球経験が無いのですが、
野球経験が無いからこそ感じる違和感があります。
右足→左足&グラブ、って操作しようとすると、
どうにも自分の左足が邪魔でしょうがないんです。
両足を揃えるか、左足が後ろの方が
圧倒的に操作しやすいんです。
そういう点が、
(日本の)野球は作られた動きなのかな、
と思う所です。

話は違いますが、
辻さんの守備の動画も、腕が痛そうですよね。
可動域を酷使してるように見えますが、
そこまでしてまで正面に向けて捕球するのは、
選手にはどう見えるんでしょうか。

子供と一緒に野球を始めた者からすると、
野球は違和感ばかりです。
Posted by むらりん at 2018年02月04日 23:42
私だけで単独で教える時は、足は揃えて捕るように指導します。
それは、イレギュラーにはハンドリングで対応すべきであり、そのハンドリングのためには両足揃えたほうが自然だからです。
もちろん逆シングルもOKで数もたくさん受けさせます。

しかし、他のコーチは取れないような左右に振りたがります。
※先のコメントは、そういうコーチの打球の時の私のスタイルです。

私は、守備に関しては、簡単な打球でも良いから、体に染み込むぐらい丁寧に丁寧に数多く受ける事が必要と考えています。
それは、自転車に一度乗れたら体が忘れないことと同じように、反応することが当たり前になって欲しいんです。

だから、私は守備練習のときにトンボは掛けません。同じところで繰り返し打球を受けると、同じような打球でも微妙に変化するので、その変化に反応しようと選手は頑張ります。

長くなりましたが、最後に一つ
足揃えてノック受けると、見た目は左右均等なんですが、
右利きの場合やや右足に意識を残しておいたほうが、ハンドリングがし易いです。
前に出たり、後ろに左足を引いたりもしますが、その場合起点になるのは、やっぱり右足なんです。
私が重視するのは、バッティングもスローイングも守備も、形ではなく意識をどこに持たせるか。
なんです。
それは、人それぞれなんでいろんな言葉を工夫しながら、投げかけるようにしております。
Posted by アンバサダー at 2018年02月05日 08:57
◆むらりんさん、はじめまして!コメントありがとうございます。

http://metoo.seesaa.net/article/290764364.html

私もこの番組で田口さんから教わるまで左足が前で捕るものだと思い込んでいました。

ただ一つ気をつけたいのは、次に投げる方向によって左足は使い分けた方がいいと思います。バックフォームへ投げるときの捕り方、捕って一塁へ送球、捕って二塁へ送球などによって左足の使い方は変わらなければいけないでしょう。

辻監督、背中が動いてませんね^^
Posted by metoo at 2018年02月05日 12:28
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

私の守備のこだわりは、右足でも左足でも捕れて、右足でも左足でも投げれる内野手へとかわってきました。ジャンピングスローはまだ下手くそでもやるべきです。完成するのは22歳頃でいいでしょう。頭の固い高校野球指導者がそれを許してはくれませんが^^
Posted by metoo at 2018年02月05日 12:32
いつも丁寧な返信ありがとうございます。

実は私の結論も、metooさんと一緒です。
矛盾するようかもしれませんが
そこにたどりつきたい
たどりつかせたいんですが
周りの環境がそれを許してくれませんし
説得力の有る答えを用意するには、やってみせるしか無いんですが、
自分の体で実験できないほど、衰えてしまいました・・・

Posted by アンバサダー at 2018年02月05日 15:09
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

他の指導者への説得については、私は他人をコントロールできないので諦めました。

「もしやってみて自分には合わないなぁ〜と思ったら無理してやらなくていいからね!」

この一言さえ付け加えれば、本人にとっても他の指導者にとっても良いのではないかと思います。
Posted by metoo at 2018年02月05日 15:31
実は、直接指導するときの締め言葉は
「あうと思えばやってみて」
なんです、だからみんな知ってることが前提にはなってはおります。
やる子はやるし、やらない子はしょうがないな。で見守るだけです。

それ以外には、保護者ともたくさん話しするようにしてます。

家での様子とか、食事、生活のパターンの観察。
グランドで見えないところに、たくさん成長、指導のヒントが隠されている。
それをくみとれるかどうか。

それと、選手とガチで勝負する。
ランニングではタイムの設定は私のその日の実走タイム
バッティング練習は、私との勝負
47のおっさんに負けて悔しくないのか?

いつも遊んでもらって感謝しています。
Posted by アンバサダー at 2018年02月05日 22:01
meetooさん、アンバサダーさん、
ど素人の自分に色々とアドバイスをくださってありがとうございます。

私の守備のこだわりは、右足でも左足でも捕れて、右足でも左足でも投げれる内野手へとかわってきました。ジャンピングスローはまだ下手くそでもやるべきです。完成するのは22歳頃でいいでしょう。
→私もそう思いますが、
今のチームの指導者も、「合うなら続けるように」と
言ってはくれますが、練習では実践できないのも事実です。
なので、いろんな捕り方・投げ方は自主練でするしかないと思っています。

いつか、meetooさんやアンバサダーさんのような指導者に会えるように探していきたいと思います^_^
なかなかいないかなぁ^ ^



Posted by むらりん at 2018年02月06日 08:19
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

走れて投げれて打てる47歳
アンバサダーさんお元気ですね^^

球審からファールボールの交換でピッチャーへ投げ返す数球でもう次の日は肩があがりません( ;∀;)
Posted by metoo at 2018年02月06日 16:28
◆むらりんさん、ありがとうございます。

私は少年野球で最も大切なのは親子で家族で過ごす時間だと思っています。かけがいのない、もう二度と味わえない至福の時間です。子供の成長こそ人生最大の喜びでしょう。一日一日を大切に息子さんとの自主練を頑張ってください。
Posted by metoo at 2018年02月06日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: