2018年01月23日

イップスの原因と対策



昨年9月にアップされたこちらの動画を見られた方はたくさんいらっしゃると思います。

イップスは野球選手に限らず深刻な問題です。

titlebanner.png
2018年1月23日
イチローも悩まされたイップス なぜ起こるのか


日刊スポーツでイップスに関する連載が始まりました。
=============
 「ピッチャーを続けたいというのはあったんですけど、途中、僕イップスになっちゃったんで」

 時期は「高2の春」で、原因は「僕らの時代は1年生の僕らがゴミで、2年生が人間、3年生が神様っていう位置付けなので。ゴミが神様に投げるわけですから、それは大変なもんですよ。それでイップスに」と語った。
=============

イチロー選手がイップスになった原因は先輩に対するプレッシャーからだったそうです。

・失敗をしてはいけない
・正確に投げなければいけない
・精神的に強くならなければいけない

このような原因でイップスになってしまうと想像していましたが、
イップスには他にも重要な原因があったようです。

松井さんの続きの動画をご覧ください。



肩の故障からイップスになってしまった。

痛みをこらえて投げていたからなのか
再び肩が痛くなるのが怖かったからなのか

故障からのプレッシャーがあったんですね。

こちらの動画を見させていただきとても勉強になりました。
早く以前の状態で投げれる日が来ることを祈ってます。



では、私のアドバイスが役に立つかどうかわかりませんが、
私が少年野球で考えているイップス対策です。

(暴投したくない、ミスをしたくない、怒られたくない)

こういった子供達がイップスになりやすいと考えています。

この子達に逃げ道をつくってあげます。

暴投でも『ローボールはOK!』

相手の頭の上に飛んでいく捕れない暴投はNG!
相手より低い暴投は捕ってくれるからOK!

ショートバウンドになってもOK!
相手より低いボールを投げる。
まずは暴投を半分に減らしてみる。

(半分だったら投げれるよ!)←この自信が大事

パーフェクトだけを狙うのではなく半分でいいんだよ!
子供のプレッシャーを少しでも減らして、
ミスを恐れないプレーを楽しんでもらう。

ピッチャーでコントロールに悩む小さい子は四隅にボールがちらばってしまいますが、まずはストライクゾーンの低め半分を狙い、ワンバウンドになってもローボールだったらOK!と認めてあげる。


参考にしたのは「OKライン」という考え方。

チームの約束事としてOKラインを作ってあげる。
小さな成功の積み重ねから、大きな自信へ。



自分が出来ることを知る「OKライン」

できる/できない

ラインを作ることによって不安は小さくなるでしょう。



チーム内でいろいろOKラインを作ることで
大人の怒鳴り声も少なくなりますよ(^^)/
OKを作るってことはNGを作るってことですから。

posted by metoo at 13:26| 千葉 🌁| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
OKライン。いい言葉ですね。先日、キャッチボールで、無理に届かそうとするから、体がひらく、肘が下がる→届かなくていい(OK)から、短い距離と同じ投げ方で、距離を伸ばしていこう!となりました。
Posted by キング at 2018年01月24日 11:40
◆キングさん、コメントありがとうございます。

グランドの中にOKラインを設けてあげると子供達も迷わず思いっきりプレーがしやすいですね。
OK!いいね!できてるよ!
子供を容認する声かけを増やし、子供の笑顔が増えるといいですね。
Posted by metoo at 2018年01月24日 18:21
中学時代、イップスになった選手が
今日チームに挨拶に来て、久しぶりに一緒に練習しました
キャッチボールを見ると、まだその名残があり、投げ方には口を出すまい・・・
と、見守ることを決めたところ、他のコーチが口を出してしまいました・・・
教えたい気持ちもわかりますが、教えられることのプレッシャーって、人によれば想像以上のストレスなんでしょうね
暴投したって良いじゃないですか
それで誰かを怪我をさせてしまったなら、イップスになるのは、しょうがないですが。
高めに外れて暴投したって良いじゃないですか、そのためのカバーリングでしょ。
だからカバーしない選手は、叱りますけどね!
Posted by アンバサダー at 2018年01月27日 21:38
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

〜しなければいけない must
〜したほうがよい should
〜してもよい may

言葉のかけ方は気を付けてあげたいですね。

また、ひじ痛になってしまった子と同じように、無理しなでしばらく休むことも大切だと思います。
Posted by metoo at 2018年01月29日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: