2018年01月19日

基本とは?



基本とはなにか?
子ども達に質問されたらどう答えますか^^



前田健さんのツイートがとても勉強になります。
指導者の立場から、また科学的からも考えて明確なお答えだと思います。


私も考えてみました。

私が子ども達にまた父兄や指導者の方達から質問されたら

「基本とはあなたの価値観ですよ」

あなたが何を大切にしているか
あなたが何を求めているか
あなたが何をどうしたいのか

そこに基本があるのではないでしょうか。
そして、基本とは一つじゃないですよ。
選手一人一人の価値観をみつけてあげることがその選手の基本と呼ぶことになるでしょう。




私はいろんな指導者に出会った時に必ず質問することがあります。

「バッティングで一番大切なことはなんですか?」
その答えを聞いてから
「では、それを子ども達にどうやって指導、練習されていますか?」

一番大切な事をどうやって指導しているか。
この質問の答えがこの方の「基本」
どこに価値を見つけているのか、どこをどう判断しているのか聞くことにしています。

バッティングで一番大切な事は
「ボールを遠くに飛ばすこと」
「フルスイングです」
「練習方法はフリーバッティングやロングティー」と答える方が多いです。


基本を教えるということは
自分の価値観を教えることになります。

少年野球チームとして
自分と出会ったからには自分の価値観を押し付けていい時もあります。また監督は「こういうチームを作りたい」そう価値観を選手に伝えなければいけません。

野球の試合を進行するのに必要なプレーを教えるのと、
自分の価値観を教えるのは違います。


基本を守らなければいけない
基本を覚えなければ応用がない
基本に忠実、基本は型

どこかに基本は規則のような、上から押さえつけるような意味合いが強く感じますが、自分の価値観こそが基本だと考えれば、もっと自由に発想が広がっていき、誰もが考えなかったプレーが生まれやすくなっていくでしょう。



逃げ道になってしまいますが

私の基本は明日変わります。

野球の考え方はちょっとずつ頭の中に出来上がっていますが

日々勉強しながら価値観を探すことが楽しみなっています。

posted by metoo at 10:14| 千葉 🌁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、始めの頃は基本をさがしもとめていました。
今では答えを求めることはなく、各々の価値観を認めることが出来るようになってきました。
ですが、教える上では、基本という言葉が闊歩しており、使いたくなくても、使わざるを得ないことが多くあります。

私は、動作(メカニック)に私なりの考えを持ってはいますが、それを原理原則とか考えずに、一人ひとり違うものと認識しています。
野球観についても同様。いい例えかどうかわかりませんが、バントの是非や打順の考え方も、いろいろあります。

私の基本はなにか?
「野球が好き、人に負けたくない。」
基本というより、原点ですね。
その思いさえあれば、技術は目で奪い体力は己との戦い
自然と、ゴールに近づくと思ってます。

基本とは、守るものでも覚えるものでもなく、たどり着く所、終着点(通過点)でもあると思ってます。

あれ?metooさんの話に近くなっちゃったかな?

まぁとにかく、私は「かたち」よりも「こころがまえ」に基本があると思うタイプです。
Posted by アンバサダー at 2018年01月19日 13:49
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

原点でもあり終着点でもある。
アンバサダーさんらしい考えですね^^

小さな出発点から大きな方向へ広がっていく、基本ってこの進み方が正しくて、小さな方向へ進むものではない気がします。

私も型という動作に基本を見つけるよりも、どう考えるかが基本のように思います。
Posted by metoo at 2018年01月19日 14:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: