2017年11月17日

広がる草野球

まだ間に合う!フットサル競技人口の減少を食い止めるには・・・。
こちらのサイトの情報によると
2011年370万人
2015年150万人
そういえば、私の周りでもフットサルをする大人が急激に減りました。サッカーを「みる」「ささえる」人は変わりませんが、気軽にサッカーを楽しめるフットサルを「する」大人は減少してるようです。

子供を対象にすればサッカーが増えて野球は減少してますが、
大人はどうなのでしょうか?

実はここがチャンスなのかもしれません。


スポーツの発展には
・「する」
・「みる」
・「ささえる」
この三つが大切だそうです。
「する」人が増えて「みる」人が増えて「ささえる」人が増えてくる。
この構図がそろうとその競技が発展するそうです。

野球はどうかというと
プロ野球を野球場まで行って「みる」人は2012年からずっと増えています。
プロ野球Freakさんより
野球場へ見に行けば当然お金を使いますので「ささえる」人にもなっています。

今減っているのは「する」人です。
減っているんは少年野球であって
大人の草野球はどうなのか?


ご存知の方も多いでしょうが
日本の野球人口の9割は草野球だと言われています。

その草野球を始める若者が私の周りでも増えてることを最近実感しています。
(チームのOBくんですが)

理由の一つが
プレミア感がある大会です。

SnapCrab_NoName_2017-11-17_12-3-29_No-00.jpg
MLB DREAM CUP

元プロ野球選手も出場してる大会などが人気を集めてる理由でしょう。

「今週は県大会で、勝てば神宮球場で試合が出来るんですよ!」

OBくんに会うたびに草野球の話題がどんどん大きく広がっていきます。草野球がよほど楽しいのでしょうね。


もう一つ、草野球を広げる大きな要因はユーチューバーでしょう。
クーニンさん
トクさん

またホームラン競争などを企画して盛り上がってるサイトもいいですね。



たしかに野球人口は若年層で減少してます。
こちらの地域ではあと数年で中学軟式野球部がなくなるでしょう。
しかし中学硬式クラブチームはどんどん増えています。正式な人数はどこを探しても見つかりませんでしたが、少年野球の次は中学硬式クラブチームが当たり前の状況になっています。

で、ここに大きなチャンスがあると思います。

今欲しいのは中学から初心者でも始められる新しい中学軟式クラブチーム。多くの中学硬式クラブチームに入ると坊主頭強制です。ここから坊主頭強制が始まります。坊主頭禁止とか恋愛禁止とか規則のない新しい中学軟式チームを作るチャンスです。


来年度から草野球と中学軟式野球は同じサイズのM球になります。

チャンスですよね(*^-^*)

草野球と中学軟式が合体するチャンス

まぁこれは実現は難しいでしょうが

「する人」が増える方向を考えていくと
コラボレーションできる分野がまだまだあると思います。

土曜日・日曜日
中学校のグランドが使われなくなっています。
硬式球は使えないグランドです。

さぁ、チャンスですよ!(^^)/


もう一度考えます。

フットサルをする大人は減っています。
草野球をする大人は増えています。

近所の親父と草野球を楽しむ中学野球チーム。
初心者やライトユーザーが気軽に楽しめる軟式ボール。
大人も子供も集まりやすい立地にある中学校校庭。

何か出来そうですよね^^

posted by metoo at 12:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: