2017年09月09日

130キロでも出来るピッチング

SnapCrab_NoName_2017-9-9_1-51-15_No-00.jpg

BASEBALL GATEさんに第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップの一試合丸ごと動画があります。

オーストラリアvs日本

この試合でオーストラリアの投手が日本打線をしっかり抑えたナイスピッチングをしてます。

日本が打てないというよりも
日本をどう抑えたか?

この動画は高校野球にとってお手本となる動画です。
その理由は、
オーストラリアの投手が140キロを投げていないからです。


あってるかどうか分かりませんが
私が見えた球種と球速です。

チェンジアップ
70マイル
110キロ前後

スライダー 
75〜79マイル
125キロ前後

ツーシーム
80〜83マイル
130キロ前後

フォーシーム
85マイル
136キロ前後

この球種と球速にルールがあるように見えました。


それがこの図です。

170909.jpg


この図を意識しながらオーストラリア投手を見てみると
あっ、日本打線ってこんな簡単に抑えられるんだ。

ど真ん中から右に左に下に動かす変化球。
このピッチングはヤクルトの館山投手の考え方ですね。

フォーシームはストライクゾーンに投げない。
やっぱりそう考えますよね^^

140キロ150キロを目指す努力はもちろん必要ですが
今ある能力でどうやって対戦相手を抑えるか?
それを考えるのも大事なことです。



さてさて国際試合でいつも感じてしまう
日本のマナーの悪さ。

17090701.jpg
キャッチャーボックスから出てボールゾーンに構える。
ボールとはアンフェアボールですから
アンフェアを要求するのはマナー違反です。
ルール違反ではありませんが、
なぜキャッチャーボックスがあるか考えてみませんか?

17090702.jpg
球審のボールの判定でじっとミットを止めたまま
(ストライクだろ!)の無言のアピール。
球審を侮辱するやってはいけない行為です。



一塁走者がいる場面
ピッチャーが投げる瞬間に
日本ベンチから聞こえる大声
「ゴー!ゴー!ゴー!」
ボークを誘発、ピッチャーを挑発する行為
見ていて恥ずかしいです。


せっかく国際大会に出るんだから
ナイフとフォークの使い方くらいは学びましょうね(*^-^*)


posted by metoo at 02:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: