2017年09月02日

軸足は前足

今日から野球の考え方を180度変えてみます。




この子の自然な動き見ていると

軸足は踏み出す足ですよね。

後ろの足は体を回転させる蹴り足とでもいいましょうか。

今までは後ろ足が軸足で踏み出す足が支える足と考えていました。

しかし
・打ち終わった後でも踏み出した足は安定している。
・打ち終わった後に後ろ足は前に出てくる。
踏み出した前足が軸足だと考えたほうがいいでしょう。



軸足と蹴り足

軸足を使うスポーツをいろいろ探してみましたが

・左に回るなら左足が軸足
・右に回るなら右足が軸足

どのスポーツでも軸足は共通のようです。





武井壮さんのコメントを通じてたまたま見たキックボクサーの日菜太選手
左のミドルキックが得意な選手で右利きサウスポーだそうです。

確かに見ていると右足より左足のキックの方が強いです。

右足で軸を作って左足で蹴った方が強い・・・

やっぱり軸足って踏み出す方の足です。

ボクシングのパンチも踏み出す足が軸足で後ろ足は蹴り足だあります。



あれっ?
もしかして
右投げ左打ちって自然なんじゃないか?
利き足が右足ならば左打席で右足を軸にして打った方が安定していいじゃないかな?^^
いろいろ考えられますね。



踏み出す足(前足)を軸にして
強く回転させるための蹴り足(後ろ足)


jikuasi.jpg

こうやって絵にしてみると分かりやすいです。
なぜ今まで、野球は後ろ足が軸足と呼んでいたのか不思議になってきますね^^

ピッチャーでもバッターでも

踏み出す足が軸足


私は今までの考え方を変えてこの方向で進もうと思います。


ただ野球規則は
(軸足を投手板から外して)とか
投手板を踏む足が軸足、踏み出す足が自由な足とか使うんですよね(^^;)



後ろ足でも体は回すことが出来ますが
踏み出した足でも体重がしっかり乗れば体は強く回せます。

まだまだ考えることがありそうですね^^

バッティング 軸足 でyoutbeで検索するとほとんどが軸足は後ろ足です。
後ろの軸足にしっかり乗せて・・・
まぁこの点はまた今度・・・




軸足は前足

イチロー選手は20年前にも気づいていたんですね。

もう一度、科学する野球 
村上豊さんの本を読みなおそうっと^^


柳田選手も踏み出し足が大切だ感じているようです。


posted by metoo at 15:36| 千葉 ☁| Comment(2) | 打撃の法則 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基本のき、でも「投手側の腰に支点を作る」
と有りますよね。
うちのチームでも、私以外は
軸足が中心といいます。
どっちが正しいかとは、私は言うつもりありませんが、私は、客観的に軸というなら、前足が軸。
でも、体の使い方のイメージで後ろ側を回すという意識を、軸と表現するなら、それもありだと思います。

言葉の表現って一人ひとりの意味合い、または解釈の違いで変わるので難しいです。
私は、後ろの腰をボールにぶつける意識と説明しますが・・・

投げる、打つ共に、後ろ足の軸から、前足の軸へと移動する動きがある。
各個人の癖もある。
教える度に、正しい答え以外の答えが必要だと常々思います。
Posted by アンバサダー at 2017年09月05日 20:50
◆アンバサダーさん、ありがとうございます。

仰る通り何を中心と考えるかで軸は変わってきますね。

私はハンマー投げやフィギュアスケートのスピンをイメージしてました。ただ野球の軸足は回転を止める働きを求められます。止める働きがなければバレリーナの白鳥の湖になってしまいますね。

岩隈投手は前足で投げる時と後ろ足で投げる時があるそうですね。一つの答えではなさそうです。
Posted by metoo at 2017年09月06日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: