2017年07月15日

考えること いろいろ

IMG_0224.jpg

IMG_0225.jpg

IMG_0226.jpg

三枚の写真で

中村ノリさんが最も言いたいことはどれでしょうか?


初球を打つことですか?

フライを打つことですか?

考えることですか?


バッティングで大切なのは考えることですよね^^

まぁ否定はせずに
フライを打て!というのならば
27アウト連続でキャッチャーフライを打ってみましょう!
そこから何か新しい発見があるかもしれません。

多分みんな逆方向へフライを打ち上げるでしょうね。



昔からこんな考え方もありました.
フライを打ちたいのか
ホームランを打ちたいのか
今一度考えてみましょう。

ゆっくり振ってるようで一瞬だけスイングスピードを高めている落合選手。
スイングスピードを高めるとフライは上がりやすくなります。




さてさて

高校野球を見ながら
チャンネルを変えると
メジャーリーグが見れる時期です。

打てる選手と打てない選手

チャンネルを変えれば
この違いを見つけられる時期です。

あっ、学生は見れないかぁ・・・(^^;)


ではでは

昨日のオールスターゲーム
まず私が目が止まったのは
ベイスターズ戸柱捕手のキャッチング。
楽天嶋捕手、ロッテ田村捕手
この3人を比較できましたが
戸柱捕手のキャッチング
ミットの止め方が抜群でした。

次に目が止まったのが
広島田中選手が打ったインコースのファール。
「えっ!」っていうくらい
すごいインコースを上手く打っていたんです。

セリーグの野球はあまり見ないのでそこから気になって見ていたんですが

広島の選手はインコースを打つのが抜群に上手い

今日のオールスター第二戦。
注目したいのは広島選手のインコース打ちです。


名古屋にも設置されたトラックマン。
トラックマンの解説で
「引っ張った方が打球速度は速い」
当たり前のことですが数字を見ると引っ張る打球の速さが数字で分かります。

インコースを引っ張った方が打球が速い
つまり
インコースが打てればホームランになりやすいと言えます。


軟式野球

金属バット

どんづまりでもいいから引っ張った方が勝つ

インコースを打てる選手になる

さらに

インコースを引っ張って

フライを打てる選手になる




軟式球か金属バットを扱ってる野球選手は

とにかくインコースを引っ張れ!

バットは折れないし手はしびれない

小学生、中学生、高校生の間に
引っ張ることが得意な選手になること。

木製バットを使う前に武器を身に付けておきたいですね。




フライを打ちたい方へ

頭をホームベースに倒して打てば

自然とフライが打てます。

これだけで十分です!

スイングがそっちを向きますから^^



彼の頭がいつどこにどのように動いてるか注目してみましょう!


昨日トラックマンの解説で「投球の回転軸はわからない」って言ってましたけどspin axisって分からなかったかな?

a519736e0f08ca5086fead580d863f93.jpg

そろそろ、コイツの出番かな?^^
posted by metoo at 10:56| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: