2017年05月04日

セカンドゴロは駄目

イチロー選手のバッティング技術

SnapCrab_NoName_2017-5-4_4-52-37_No-00.jpg

特徴は「手は最後」



SnapCrab_NoName_2017-5-4_4-51-45_No-00.jpg

セカンドゴロは駄目らしい


その理由が面白い




始動が遅いと
その距離を早めようとして
バットをコントロールしてしまう


(ボールとの)距離が出ていれば
(バットのヘッドが)返らずに
あたるまで待つ


ショートゴロを打ったつもりが
バットのヘッドを手首で返してしまうとセカンドゴロになってしまう。

よくあるミスショットですが

この原因は手首だけではないということです。

手首が返ってしまう原因があると考えてもいいでしょう。


始動という準備が遅れてしまう

遅れた分をバットで補おうとしてしまう

ヘッドが返ってしまう

自分がやりたい動きができない時がある。

コーやって動きたいけど
アーなってしまう。

調子がいい時もあるし
調子がよくない時もある。

よくない時にどう修正できるか。


技術を指導することもあれば
修正を指導することもある





アドバイスをする時は
最低1年はじっくりとその選手の成長を見てから声をかけたいですね。

posted by metoo at 05:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: