2017年04月07日

ブロッキング


この里崎捕手のブロッキング指導は安全とは言えません。
(里崎さん申し訳ありませんm(__)m)
後ろから前にバッターへ近づいてしまうブロッキングを指導することは大変危険です。

捕手の頭にバット直撃事故の多発は誰が悪いのか?
振った後のバットが当たるような大きなフォロースイングをしてくる選手は限られています。そのバッターのときは、当たらない位置まで半歩か一歩下がって捕球すれば解決します。

仰る通り、ただ距離を置けば解決しやすくなるかもしれませんが、それでもぶつかる捕手がいます。外国人バッターに低目のワンバウンド変化球を振らせたい。自分が安全な距離だと思っていても、空振りした!ワンバウンドを前に弾いた!振り逃げだ!ランナーも走った!ボールを拾わなきゃ!前に出た瞬間、頭にバットが振ってきます。距離を置いたから100%解決とは言えないでしょう。50cm後ろに下がってピッチャーが投げやすいか?ワンバウンドはどこまで弾くか? 捕手が下がることでいろんな部分も変わってきます。

後ろに下がれば下がるほど安全ですが、、、そこだけで解決ではないように感じます。
前で捕る、前に出る、前で前で前で、この心境をまず改善する方が先ではないかと考えます。



ではどんなブロッキング指導方法がベターか。
前ではなく、下へのブロッキング


前に出ないで真下に両ひざを着くブロッキング。
足首を後ろに抜いて、真下に両ひざを落とす。
里崎捕手の腰を始めから高くしておくは正解ですが、そこから前ではなく真下に両ひざが安全です。






どのチームも真下に両ひざですね。





メジャーリーガーでもこういった事故が起きてしまいます。


対策は二つ
・真下に両ひざのブロッキング
・ベンチからバッターとの距離を指示
適正な距離を取りながら、前にも出ない。

SnapCrab_NoName_2017-4-7_12-58-9_No-00.jpg
バッターとキャッチャーの安全な距離をいつも注意してあげましょう!



mimi.jpg

バットは上からだけでなく横からもぶつかってきます。
もっとホッケー型マスクを使ってみてもいいのでは?


前に出ない片足ひざブロッキングもアリだなぁ。
posted by metoo at 13:55| 千葉 ☔| Comment(0) | キャッチャー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: