2017年03月29日

WBC 菅野投手のデータ

BLOOKS BASEBALL にWBCアメリカ戦、菅野投手のデータがアップされていました。

Tomoyuki Sugano

SUGANOWBC.jpg
アメリカ戦の投球割合


2016SUGANO.jpg
こちらは報知新聞2016年の投球割合


いろんなデータが見れて楽しいですね。

こういう数字を見てメジャーのスカウトは判断するのでしょうね。

残念ながら千賀投手、平野投手、宮西投手、秋吉投手は見つかりませんでした。

どこかにあれば教えてくださいね(*^▽^*)


あ〜 みんなナイスピッチングだったなぁ〜(^^)/

焼酎を飲みながら
開幕投手のダルビッシュ、さらに田中将大、マエケン、岩隈
メジャー投手と菅野の数字を比較する。
あ〜〜深酔いしそうだ(^^;)



Google日本語訳
ベータ機能:
他のRHPと比較して2017ピッチの基本的な説明:ゾーンを横断した
彼のスライダスイープは、他の投手のスライダと比較して極端なフライボールピッチであり、2プレーンの動きがあります。彼の四つ子の速球(彼は2017年に彼のうちの18人だけを投げたので、これを塩の穀物で取る)は非常に多くのスイング&他の投手の4人のシーズンと比較してミスがあり、他の投手の4人のシーズンと比較して極端なフライボールピッチであり、良好な「立ち上がり」動作を有し、典型的なものよりも腕の動きが少なく、本質的に平均的なベロを有する。彼のシンカーは(2017年に17人を投げただけなので、塩の穀物でこれを取る)、他の投手のシンカーに比べて非常に多くのスイング&ミスを発生させ、驚くほど腕を振って、投手のシンカーと自然な沈没アクションを持っています。彼のスプリッター(これは2017年に11本しか投げられなかったので、これを塩の穀物で取る)は、意外なカットアクションを持ち、他の投手のスプリッターと比較して極端なフライボールピッチであり、極端な量のバックスピンを示唆し、他の投手のスプリッターと比較して騒がしい/スイングが少なく、通常よりもわずかに硬い動きをしています。彼のカーブ(2017年に8つしか投げられなかったので塩分でこれを取る)は、基本的に他の投手のカーブに比べて振り回されず、他の投手のカーブに比べてより多くのフライボールが得られ、わずかな手袋側の動きがあります。
posted by metoo at 02:56| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、数年前に書き込みをさせて頂いた事がある者です。久しぶりに拝見させて頂きました。

覚えておられませんよね(笑)
metooさんの、3.11震災直後のブログ内容に心が揺さぶられチームでも募金活動をしました。

しかし…
相変わらず、metooさん…深い深すぎる。
勉強になり過ぎます。(笑)

息子も高校野球を終え、りっぱなナンパ野郎に成長し他人様の息子の追っかけをしている今日この頃です。

しょうもない、コメントご容赦を。
Posted by ELK at 2017年03月29日 16:32
◆ELKさん、ご無沙汰しております。

相変わらずブログを続けております^^

あの頃コメントいただいていた方達の息子さんはもう高校野球を卒業されたんですね。熱い、暑い夏を、仲間と過ごしたのでしょう。

私は少年野球を卒業できないままです。
このままブログ20周年を目指します(*^▽^*)
Posted by metoo at 2017年03月31日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: