2017年02月25日

野球のルールを二つに絞る

今日の野球教室でサークルベースボールをやってみました。


難しくて複雑な
野球のルールを
二つに絞ってみました。

17022501.jpg
バッターは
打ったら一塁に走ってホームへ戻ってくる

17022502.jpg
守備は
捕ったらピッチャーに投げ返す



サークルベースボールを参考にして
この二つだけのルールで
野球の試合をしてみました(*^_^*)


サークル内のピッチャーにボールが返ってくる前に
ホームベースを踏んだら1点。
ホームベースを踏めなかったらアウト。
アウト三つで守備と攻撃が交代。



今日初めてボールを投げる子、ボールを打つ子には
サークルベースボールは最適でした。


打ったらどこに走るの?
捕ったらどこに投げるの?
ランナーは次はどこに走るの?
フライはなんで走っちゃいけないの?

初心者が難しいルールをなくしてあげれば
ルールを間違える心配がないので子供達はノビノビ楽しめます(*^_^*)

打ったらココだけに走る!
捕ったらココだけに投げる!
ランナーはなし!

シンプルなルールほど
盛り上がりました(*^▽^*)

ピッチャーはサークル内から私がトスをして打たせました。
子供は五人、二人VS三人の2チームに分かれる。
タッチプレーもありませんし、フォースプレーも離れているので子供同士ぶつかる心配もありません。



そうかぁ〜
野球は二塁と三塁がなくなればこんなに簡単なんだ(^^;)
つまり
二塁と三塁の走塁と守備が難しいんですね。


posted by metoo at 12:43| 千葉 ☔| Comment(0) | 野球教室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: